次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ

9月の「文ちゃんと語る会」は、9月21日(土)に開催いたします。
 
日時・9月21日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
初めての方、女性、おひとりさま、どなた様も歓迎です。
 
ぜひお気軽におでかけください。
 

| | コメント (1)

2019年9月16日 (月)

54年も前の新宿の街は!

『薔薇族』3月号(No.16・昭和49年刊)は、間宮浩の」特集号になっている。グ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月14日 (土)

LGBTが持つ旺盛な消費力に目を向けたのは!

毎月、「文ちゃんと語る会」の会場に使わせてもらっている「織部下北沢店」には、日経...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年9月 9日 (月)

昨日の敵は今日の友!

昭和38年(1958年・今から61年前)の4月1日、売春防止法施行され、廓の娼妓...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年9月 7日 (土)

吉原の金瓶梅を訪ねるなんて!

ぼくの祖父、伊藤冨士雄は、大正12年の関東大震災も直前に53歳で病死している。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

戦後のエロ雑誌の歴史を追いかけて!

ぼくの仕事部屋、3階建ての建物に住んでいた時は、長男が京都大学に入学して、いなく...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年8月31日 (土)

エロ本、一つの文化の幕が下りて!

「学校やTVが教えてくれない大切なことは、大体エロ本から教わった。」(石野卓球)...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

子供の頃のトンボとりの話

東京新聞の夕刊の下段に、「この道」という欄があって、次々と色々な方が登場する楽し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

昔の子供は親に告げ口しなかった!

今から31年も前の高校の部活では、こんなことが行われていたのかと思うと、世の中変...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

頭が悪く、勉強ができなくても!

一週間ごとに執筆者が変わる東京新聞夕刊の「紙つぶて」と言うコラム欄、「三田文学」...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年8月12日 (月)

ルネさん表紙絵の『薔薇族』は高価に!

ルネさんが詐欺師たちに、7億円ものお金を騙し取られてしまい、失意のどん底にあった...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月10日 (土)

かわいい女性を描き続けてきたルネさんが!

「人生の黄金の6年間」というくらいルネさんの生涯で忘れられない6年間だったのだろ...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年8月 5日 (月)

ぼくのことを心配してくれたルネさんが先に!

2006年(今から13年前)ぼくが河出書房新社から「『薔薇族』の人びと=その素顔...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 3日 (土)

ルネさんの黄金の6年間とは!

人間、外観から見ただけでは、その人の心の奥底まではわからない。今は亡き『薔薇族』...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年7月29日 (月)

ふるさとを捨てた人びとにやっと!

ぼくの父、祷一は「合同歌集・ふるさとを捨てて・伊藤柳涯子編・高原川柳会刊」のあと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

死刑。5人の刑務官が同時にボタンを!

死刑の話を書いていたら、全身に刺青を入れ、小指を切り落とした元ヤクザだった男から...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月27日 (土)

昔からの女性は、男よりも強かった!

2019年6月にしばらくぶりに女房の古里の弥彦村(新潟県)の別荘に行ってきた。「...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

少年愛の人が「性的虐待」するわけがない!

『週刊文春』はジャニー喜多川さんのことを書くなと、2019年7月9日、亡くなられ...

» 続きを読む

| | コメント (3)

2019年7月20日 (土)

ゴミみたいな街、下北沢を愛して!

「下北沢」が若者たちにとって住みたい街の1位になっていたのは、20年も30年も前...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

「小笹寿司」のカウンターで知り合って!

以前75年も住んでいた我が家のすぐそばに江戸前の寿司店「小笹寿司」があった。親父...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«「文学」という名前は?