次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ

7月の「文ちゃんと語る会」は、7月27日(土)に開催いたします。
 
日時・7月27日(土) 11時~13時
場所・下北沢南口から4分、カフエ「織部」
住所・〒155−0031 世田谷区北沢2—2—3
電話・03—5432—9068
会費・コーヒー代のみ
 
初めての方、女性、おひとりさま、どなた様も歓迎です。
 
ぜひお気軽におでかけください。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

ゴミみたいな街、下北沢を愛して!

「下北沢」が若者たちにとって住みたい街の1位になっていたのは、20年も30年も前...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月15日 (月)

「小笹寿司」のカウンターで知り合って!

以前75年も住んでいた我が家のすぐそばに江戸前の寿司店「小笹寿司」があった。親父...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

「文学」という名前は?

ぼくが愛読(本当は購読料が一番安いからだ)している東京新聞2019.7.1の朝刊...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

世田谷学園、柔道部栄光の影に!

去年の6月ごろのことだったろうか。母校世田谷学園の同窓会総会が開かれた。卒業生は...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年7月 6日 (土)

エイズを忘れてはいけない!

2018年6月には、初めてNHKの番組が『薔薇族』を取り上げてくれて、世の中変わ...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019年7月 1日 (月)

買うのも捨てるのも大変な『薔薇族』

『話の特集』という月刊誌(今はない)の編集長、矢崎泰久さんが廃刊後、「編集後記」...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月29日 (土)

令しく平和に生きるために

2019・6・20の東京新聞朝刊1面、書籍広告ランの8割の1つに「令和」の年号発...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

女の人、こんなこと書いてごめんなさい!

「6月に結婚式を挙げ、ハワイに新婚旅行に行くという24歳の男性から相談を受けまし...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年6月22日 (土)

おどす方も悪いけれど、おどされる方も!

「ホモセクシャルの歴史は、まさに忍耐の歴史ではなかったのでしょうか。 以前マンシ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

百合族のための雑誌を出したいと!

今から37年前、ぼくは「百合族のための雑誌を!」と題して、1982年4月号の「伊...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

たった一組だけのうれしいご夫婦!

1999年(20年前)№314・3月号、表紙絵は野原くろさんだ。 なんとペー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

高校生、苦労して『薔薇族』を買ったんだ!

「僕は県立高校の2年生に在学中の17歳です。僕がこの『薔薇族』を初めて買ったのは...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

ひとりひとりが強くなるしかない!

1983年(今から36年前)8月号に、ぼくはこんなことを書いている。「少年のしか...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年6月 3日 (月)

なぜ結婚しなければならないの!

1996年(23年前)12月号に、ぼくはこんなことを書いている。 「東京に住むペ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 1日 (土)

「令和」の名付親、中西進さんのお人柄!

下北沢の駅周辺には、かつては書店が7,8軒もあった。 それが今では駅前のスーパー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月27日 (月)

「令和」の名付親、中西進さんとぼく!

『月刊・Hanada』7月号に、10ページにもなる新元号「令和」の名付親、中西進...

» 続きを読む

| | コメント (0)

差別や偏見はどうして生まれるか

「差別と偏見はどうして生まれるか」講師:児童文学者・丘修三。 2000年10月1...

» 続きを読む

| | コメント (3)

2019年5月25日 (土)

「令和」ってすばらしい年号だ!

『薔薇族』を創刊したのが、1971年のことだから、その翌年ということだろう。 中...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

少年愛者は「人間のクズ」か!

「私は38歳の公務員、小学生ぐらいの男の子が大好きです。一昨年ごろでしたでしょう...

» 続きを読む

| | コメント (5)

«内藤ルネさん、何度か死のうと!