2019年11月18日 (月)

テレビドラマで初の男の全裸シーンが!

日本で初の同性愛をテーマにしたドラマが日本テレビで連続で放映された。脚本、井沢満...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

16歳の少年と18歳の少年が愛しあって!

今日は令和元年11月2日、今月の20日過ぎまでに原稿を書きためておいて、白内障の...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年11月11日 (月)

「令和」の考案者、中西進さんがぼくのことを!

ぼくはふところ具合の関係で、講読料が一番安い東京新聞をずっと購読している。購読料...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

伊藤文学はあの世に行ってしまったと!

3年ぐらい前のことだったろうか。左目になにか異物感を感じることがあったので、近所...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年11月 4日 (月)

ぼくが誕生したのと同じ87年前の雑誌が!

2019年・令和元年10月18日から20日まで、女房の古里、弥彦村にある別荘に「...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

今や下北沢は古着屋の街に!

ぼくが住んでいる下北沢の街。日本の敗戦の年、昭和20年の8月15日ごろは、世田谷...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

これからの戦争は自然との戦いだ!

中国の軍事パレードの映像をテレビで見てあんな国と戦争になったら、日本はどうなるの...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

同じような人が大勢いる!

『薔薇族』が創刊されたのは、1971年、そのころは隔月刊の頃の8月合、No.19...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年10月21日 (月)

三條新聞だけがポストに!

新潟県三条市にある日刊紙三條新聞、ぼくが平成5年に女房の古里、弥彦村(人口8千人...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年10月19日 (土)

読者の教師から『薔薇族』は有害と!

『薔薇族』は読者からの雑誌への批判の投稿でも載せていた。そんな批判の投稿などボツ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年10月12日 (土)

ぼくはノンケとゲイの人との「こうもり」だった!

三島由紀夫さんを「兄」と呼び、「弟」出会った堂本正樹さんが、9月23日肺炎のため...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年10月 7日 (月)

スポーツ嫌いのぼくと世田谷学園柔道部!

駒大時代一度も体育の授業に出ないのに単位をくれた阿部先生(のちに日体大の教授に)...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年10月 5日 (土)

同性愛は趣味ではない!

出版界の業界紙『新文化』は、『薔薇族』を発行し続けていた頃、よく記事として取り上...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年9月30日 (月)

話は古いけれど、いい時代だった!

「新宿駅には東口、西口、そして南口と会って東京に長く住んでいる人でもまごつくとこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

次回「文ちゃんと語る会」のお知らせ

10月の「文ちゃんと語る会」は、10月26日(土)に開催いたします。   日...

» 続きを読む

| | コメント (0)

好みの若者がいたら連れ出して!

昭和40年(1974年)の『薔薇族』3月号に「間宮浩の新宿コレクション」と題する...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

駒大健児、自信を取り戻せ!

2019年9月15日、来年の東京オリンピックマラソンランナーを決めるレースが開催...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

妻と離婚してからが私の本当の人生だった!

1971年に『薔薇族』を創刊して2年後の5月号(今から46年前)は、隔月刊で針金...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

54年も前の新宿の街は!

『薔薇族』3月号(No.16・昭和49年刊)は、間宮浩の」特集号になっている。グ...

» 続きを読む

| | コメント (2)

2019年9月14日 (土)

LGBTが持つ旺盛な消費力に目を向けたのは!

毎月、「文ちゃんと語る会」の会場に使わせてもらっている「織部下北沢店」には、日経...

» 続きを読む

| | コメント (1)

«昨日の敵は今日の友!