« ああ、M検物語。 | トップページ | 笹岡作品は、日本の「オー嬢の物語」だ! »

2005年8月31日 (水)

『兵隊画集』は、何を語りかけている。

m-ken1

『兵隊画集』より

主婦と生活社の子会社で、番町書房という出版社がある。昭和47年の625日発行で、『兵隊画集=戒衣は破れたり』という画集が出版されている。その序文には、ぼくの出身校、世田谷学園の大先輩である直木賞作家伊藤桂一さんが序文を書いている。「清新でユニークな兵隊画集」と題して。

「この一巻は、富田氏の画集-ではあるけれども、同時に富田氏の文学でもある。画に書き添えられた剴切の文章もだが、画-そのものからにじんでくる人間的渋味が、それを見る人の胸に浸透してて、文学的に結晶する。戦後30年の一年をこめた所業からくる成果-といえるものではないだろうか」

この本が出版された時期と、福岡から送られてきた小説の原稿の時期が一致する。画集の中に描かれている部隊も福岡の部隊だ。それに描かれている兵隊たちは、裸の絵が多すぎる。筋肉質というよりも、ぽちゃぽちゃとした小太りの男たち。これは作者の好みの男たちなのだろう。

もちろん、M検の光景もリアルに描かれている。絵の中に自筆の文章もそえられていて編集部に送られてきた原稿の文字と、個性的な文字なので、明らかに似かよっている。

確かに第二書房の事務所に笹岡さんの原稿も保管してあったが、今回の引っ越し騒ぎで探し出すことができず、今現在は確認できない。

笹岡作治さんは、独身を通していたのか、所帯持ちだったかは分からないが、恐らく昔の人だから結婚されていたに違いない。だからこそ住所、氏名を書かずに投稿されていたのだろう。

ゲイの世界って、本当に狭い。35年『薔薇族』を出し続けてきて、痛感させられたことが何回もあった。北海道・札幌の居酒屋の主人が殺された事件、これも誌上で呼びかけたことで、読者の通報から犯人を探し出してしまった。あと何回か空巣犯などの逮捕に協力したこともある。ゲイである以上、どこかで誰かとつながりがあるからだ。

去年のことだった。編集室に訪ねてきた読者から、笹岡作治さんと付き合っていたという話を聞いて、びっくりしたことがあった。

「兵隊画集」の作者は、男同士の兵隊たちの赤裸々な姿を描きたかったに違いない。いや、描いていたのかも知れないが、発表できなかったのだろう。

素っ裸の兵隊たちの表情を見ていると、男ばかりの世界の中にあって、何か言い知れぬY哀愁のようなものを感じられてならない。

この画集を『薔薇族』で紹介したら、急に売れ出して、本屋さんがびっくりしたそうだ。(「兵隊画集」は恐らく絶版で、古書で求めるしかないと思われます。)

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« ああ、M検物語。 | トップページ | 笹岡作品は、日本の「オー嬢の物語」だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『兵隊画集』は、何を語りかけている。:

« ああ、M検物語。 | トップページ | 笹岡作品は、日本の「オー嬢の物語」だ! »