« 人は外見だけでは分かりません! | トップページ | 「ロマンの泉美術館」のチラシのデザインは宇野亜喜良さんだ! »

2005年10月20日 (木)

『アドニス』誕生秘話

img131

『薔薇族』が創刊したのは昭和46年(1971年)の7月に刊行された9月号だ。商業誌としては日本初ということになる。「裸の大将」で有名な山下清画伯がこの年の7月12日に49歳で亡くなっている。

会員制のゲイ雑誌としては、昭和27年9月(1952年)に『アドニス』が誕生。集英社の月刊『明星』が10月に創刊されている。『薔薇族』よりも19年も前に、日本で初のゲイ雑誌が生まれていたということだ。

その前に『人間探求』という雑誌が出ていて、この雑誌は性を扱う雑誌であっても、医者や、学者が執筆者で、学術的な体裁をとっていた雑誌と思われる。その編集者の上月竜之介さんという方が、「会誌を出そうと思うようになった直接の動機は、ひんぴんと舞いこむ同性愛者の孤独を訴える投書であった。」と。

そして『人間探求』の誌上に『アドニス会』の誕生を発表したところ、反響は意外に大きく、問い合わせや、申し込みの手紙が毎日のように全国から届いた。

沖縄の17歳の少年からの入会申し込みもあり、電話の問い合わせ、中には直接社へ訪ねてくる人もあった。

こうして申し込みは次第に増えていった。しかし、会社は『人間探求』に広告を出してはくれるけど、金は一銭も出してくれない。だから会員の申し込みが一定数に達するまで、会誌を作るわけにはいかない。これが創刊号の発行が遅れてた理由だ。

こんなことは今だからこそいえるが、もし会員が一定数に達しないときは、会費を返して謝るつもりでいたと、上月さんは『アドニス』創刊50号の記念号に思い出を書いている。

残念ながら創刊号は、どこかにまぎれこんで見つけだせないのでお見せできないが、大変なご苦労の末、創刊にこぎつけたようだ。

上月さんのあとの2代目は、田中良夫さんで、推理小説作家の中井英夫さんと同棲していた方で、作品社という出版社を経営していた。この田中さんが『アドニス』を編集するようになってからは、中井英夫さんはもちろん、歌人の塚本邦雄さん、作家の三島由紀夫さんも名前を変えて原稿を書いていて、ハイレベルな雑誌だった。

もう『アドニス』に関係した人たちは、ほとんどこの世にいない。この雑誌を読んでいた人たちも、生きていたらかなりの高齢になっているだろう。

復刊『薔薇族』は若者をターゲットにした雑誌に変身してしまったけれど、1月号に『アドニス』を知る人たちからの話を聞いて書こうと思っている。古い話を若い人にも伝えておきたいから・・・。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 人は外見だけでは分かりません! | トップページ | 「ロマンの泉美術館」のチラシのデザインは宇野亜喜良さんだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/6471345

この記事へのトラックバック一覧です: 『アドニス』誕生秘話:

« 人は外見だけでは分かりません! | トップページ | 「ロマンの泉美術館」のチラシのデザインは宇野亜喜良さんだ! »