« 押収されたブルーフィルムの行方は! | トップページ | 男しか愛せない男たちを描いた本! »

2005年10月 6日 (木)

わが家の守り神は蛇(へび)君だ!

DSC06629

ぼくは世田谷区の代沢に昭和7ねんから73年も住んでいて、目と鼻の先にある代沢小学校に親子3代お世話になっている。

小学校の運動場の脇を川が流れていて、ぼくの子供の頃は、水もきれいで鯉やふなや、どじょうなども住んでいて、魚とりに夢中になっていたこともある。

それが戦後、川の周辺に民家が建ち始めて、たちまちのうちにどぶ川になってしまって、区でも川をつぶして下水にして、その上を遊歩道にしてしまった。

川がきれいだった頃は、蛇なんて珍しくなかったし、その辺をにょろ、にょろはっていても誰もびっくりしなかった。それがいつの間にか、蛇も、蛙も、とんぼすらも、その存在を忘れ去られてしまった。

完全に都会には蛇なんていないと誰もが信じきっているから、蛇をみつけたりすると大騒ぎになってしまう。

あの暑かった夏も、いつの間にか過ぎ去って10月に入ると、幼稚園に通っている孫のカズ君が衣替えして冬服になった。

そんなある日のこと、わが家の猫のひたいほどの庭の片隅で、なんと蛇のぬけがらをみつけたのだ。蛇君も衣替えの季節だったのだろうか。大きさからして、4、50センチぐらいのかわいい蛇君だろう。

庭の周りはコンクリートの塀だから、外に這い出してはいかないから、狭い庭のどこかにいることは間違いあるまい。

蛇は住んでいる家の守り神だというから、ピンチ続きのわが家にとってありがたい存在だ。庭に面したガラス戸には夜になるとヤモリ君の夫婦?が飛んでくる虫をねらってはりついている。

銀行の担保になっていて、とられてしまうかも知れない我が家だけど、きっと蛇君やヤモリ君のご夫婦が守ってくれると信じている。

DSC06633

★余計なことだけど、亡くなった僕の親は蛇年で、わが第二書房のマークは蛇のマークでした。蛇が自分の尻尾をどんどんのんでいくと「無」になってしまうという哲学的な意味をもっています。

戦前の第一書房のマークで、おそらく東京オリンピックのポスターやNTTのロゴをデザインした亀倉雄策さんのデザインと思われます。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 押収されたブルーフィルムの行方は! | トップページ | 男しか愛せない男たちを描いた本! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/6273311

この記事へのトラックバック一覧です: わが家の守り神は蛇(へび)君だ!:

« 押収されたブルーフィルムの行方は! | トップページ | 男しか愛せない男たちを描いた本! »