« やすしさんは、本当は男好き? | トップページ | 人は外見だけでは分かりません! »

2005年10月15日 (土)

人生をまじめに生きているのに。

img117

男が好きなのだから、女性とセックスするわけがない。だからと言って男とのセックスにもふみこめない。悶々としながらも時間はどんどん過ぎていく。

現在でもそういう人は、かなりの数でいると推測されます。昭和49年の8月号、やっと月刊にふみきった頃の『薔薇族』です。

「私は47歳、一介の平凡な会社員です。私は親も兄弟も死亡し、今はひとりぼっちで結婚もしていません。

女性の肉体に興味が持てなかったからですが、男性との肉体的接触もありません。それは世間体を考えたり、相手から嫌われやしないかと恐れたからです。いい年をして笑われるかも知れませんが、ひとり暮らしというのは本当に寂しく、また不安で、不便でもあります。何のために生きているのかとしみじみ考えます。私を取り巻く人間関係はみんな他人の関係です。私は自分と生涯を共に暮らしてくれる人を望んでいます。でも、そういう人が同性でいるでしょうか。

私は今まで多くの男性を好きになりました。でも恥ずかしかったし、軽蔑されたくもなかったので、肉体的なものは一度も望みませんでした。私は女性的なので、女のように、やさしく相手につくしました。私の親切、献身に感謝してくれた人もいます。でも、そういう人たちも、みんな結婚してしまいました。そうして交際はいつの間にかとだえてしまいました。

私は同性と他人でない関係を持ちたい、でも、それは無理なのでしょうか。世間体を恐れなければ、また相手から嫌われやしないかと、恐れなければできることなのでしょうか。まじめに仕事をして、まじめに生きているだけに悩みます。」

ぼくに手紙をくれるのに、用心しているのか、住所も名前もありません。交通事故を恐れて、家から一歩も外に出なければ、車にはねられることはありません。外に一歩でも出れば危険は付きものです。それを恐れていたら何もできないでしょう。

この人は何にもしないで47歳。このまま一生を終わるしかないとぼくは思います。しかし、勇気をだして、冒険しなければ、この人の人生は変えられない。その勇気をこの人は持つことができるでしょうか。それができなかったから、47年という時間が過ぎ去ってしまったのです。

男を愛し、男と寝ることだけが人生ではないのだから、他のことに生きがいを見出して人生を全うすることを考えるしか方法がないのでは。この人に勇気を、冒険をと言っても無理でしょうから。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« やすしさんは、本当は男好き? | トップページ | 人は外見だけでは分かりません! »

コメント

私は38歳まで実に23年間、ひたすら隠れていました。と云うか、普通にして
いたら、どうすれば良いのか解りません。告白もできずに苦しみましたが
10年前、やっと雑誌を見つけて情報を仕入れることができました。
現在47歳。あらゆる処を飛び回っています。気持ちも解放されました。

投稿: 関西男 | 2005年10月18日 (火) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人生をまじめに生きているのに。:

« やすしさんは、本当は男好き? | トップページ | 人は外見だけでは分かりません! »