« 『愛の処刑』はやはり三島由紀夫の作品だった! | トップページ | 2006年はゼロからの出発の年 »

2005年11月26日 (土)

女房が亡くなって、後を追うようにぺぺは死んでいた。

img168

  1970年の『週刊女性』は1月31日号にこんな記事を載せている。
「前衛舞踏家・伊藤ミカさんが風呂で中毒死!夫 伊藤文学氏、葬式の後で口笛でも吹きたいような気持ちだった。変わった夫婦だが・・・」

  ぼくの女房、伊藤ミカは世田谷区立のM中学の保健、体育の教師を11年間勤めていた。現職の教師でありながら、フランスの地下文学の傑作といわれている「オー嬢の物語」を舞踏化、新宿の厚生年金会館で公演したが、舞台上で全裸になるということを聞きつけて週刊誌の記者が学校を訪れた。

  その頃は舞台で女性が全裸になるということは珍しかった時代だったので、インタビューを受けた校長はびっくり仰天。都の教育委員会にまで問題が持ち込まれてしまった。

  しかし、「皮膚という衣装を着けて踊っているのだ」と、ミカはまったく動じなかった。運動会の生徒たちの舞踏は、たいがいは既成の作品を子供たちに教えて踊らせているが、ミカはすべて自分で創作した舞踏を踊らせていた。それは見事なほれぼれするような出来で、父兄たちを驚かせた。

  徒手体操の競技会でも、いつも生徒たちは優勝していた。生徒たちには信頼されている教師だった。

  わが家の犬は雑種だったけれど、生徒のひとりからゆずり受けた犬だ、ぺぺという名前を付けて、玄関先で飼っていた。今どきのお犬さまは、ぜいたくなドッグフードをえさとして与えているが、ぺぺは家族が残した食べ物を味噌汁の中に入れて食べさせていた。

  動物病院なんていうものは近所になかったが、まず病気なんかにならなかった。腹の具合が悪いときは、散歩の途中で道端に生えている笹の葉なんかを食べて治してしまう。

  わが家の裏手は薬品会社の問屋さんだが、営業の若者が仕事から帰って車から降りると、まずぺぺのところに駆け寄ってきて、ひととき遊んで帰るのが日課になっていた。

  ぼくらが車で帰ってくると、かなり離れたところでも察知して、尾をふって待っていてくれた。

  ぺぺは雄犬だったが、発情期になると、めす犬がどこからともなくやってくる。

  その日は雨がざんざん振っていた。なんとぺぺ君は犬小屋の外で雨に濡れているのに、めす犬を自分の小屋の中に入れてやっているではないか。そんな気持ちのやさしいぺぺだった。今どきの若者に見せてやりたい心温まる光景ではないか。

  女房のミカは教師をやめて、舞踏ひとすじの生活を送っていたが、33歳という若さで亡くなってしまった。葬儀のあと、ミカのリサイタルのひとつが終わったようで、本当に口笛でも吹きたい心境だった。

  女房が風呂場で酸欠死して、その後を追うようにぺぺは死んでいた。女房が亡くなっても涙を流さなかったぼくが、ぺぺの死には涙がとまらなかった。ぺぺが女房の死のときも流すことができなかった涙をその死をもってかわりに流させてくれたのかも知れない。そう思うとまた涙が流れそうになってくる。

●このエッセイは、ぼくの古い友人の川木君が監修して平和出版株式会社から出版された、愛犬を亡くした飼い主が心をこめた哀悼エッセイ集に寄せたものだ。だが残念ながら誤植が多くて、肝心のところが意味不明になっているので、書き直しました。
「あのコは心の中に。愛をありがとう」(定価1365円)

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 『愛の処刑』はやはり三島由紀夫の作品だった! | トップページ | 2006年はゼロからの出発の年 »

コメント

伊藤さん、こんにちわ。

闘う早大生:夏川潤香の『日本を洗濯します!』(靖国神社編)
 
http://yaplog.jp/uruka_natukawa/

この夏川さんて人、過激すぎます。

投稿: ガンダム | 2005年12月18日 (日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女房が亡くなって、後を追うようにぺぺは死んでいた。:

» 謹賀新年 [日刊ゲイ新聞編集長のブログ &薔薇族伊藤編集長を応援しています]
今年は、ゲイにとって革命的な年にします ご期待ください。                     日刊ゲイ新聞編集長 [続きを読む]

受信: 2006年1月 2日 (月) 01時25分

« 『愛の処刑』はやはり三島由紀夫の作品だった! | トップページ | 2006年はゼロからの出発の年 »