« 『兵隊画集』より-外面は恐い顔をして、内心はニタニタと。 | トップページ | また、また、ゼロからの出発だ! »

2005年11月22日 (火)

『薔薇族』またまた廃刊に!

DSC03198

  すべて「初めがあれば終わりがある」それは早いか遅いかの違いだが、復刊した『薔薇族』は、11月21日発売の1月号390号でまたまた廃刊に追い込まれてしまった。復刊して8冊目になる。

  2004年の9月、11月号で印刷所の未払いがたまり、これ以上は印刷できないと言われて、読者に廃刊を告げられずに、やめることになってしまった。

  朝日新聞の夕刊に「雑誌『薔薇族』が廃刊」(2004年9月22日)の第1報が載るや、その夜、各メディアが押しかけて大変な騒ぎになってしまった。

  あまりにも反響が大きかったので、『薔薇族』をつぶすわけにはいかない、後を引き継いで出したいと名乗り上げてくれた会社があった。株式会社「メディアソフト」という上野に事務所を置く出版社だった。

  新しい編集陣が揃って、2005年の4月、半年振りに復刊第1号が誕生した。古いお付き合いの美輪明宏さんが、ぼくを助けてやろうとぼくとの対談を快諾してくれた。掻く取次ぎ店も応援して復刊第1号が刊行されたが、号を重ねても残念ながら売り上げは下降するばかりだった。

  5号目、6号目と号を重ねると、調子も出てきて、新しい編集陣の努力がむくわれてはきたが、若者にターゲットをしぼったものの若者にそっぽをむかれてしまった。

  じりじりと悪化するばかりの不況で、広告のスポンサーもつかず、いい雑誌を作りたいという編集陣の意欲は、編集の経費をかけすぎになり、赤字はかさむばかりだった。

  編集長の肩書きをいただいたが、名ばかりで、本が出来上がるまで、その内容は分からなかった。自分に与えられた仕事だけは毎号、全力で書いてはいたが。

  風紀係に呼ばれるのはぼくだから、いつでも代表して行くから、もっとポルノもハードにと言い続けていたのに、あまりにも大人しすぎてヌケる雑誌としても中途半端だった。

  なんだかんだ言っても、ネットの時代、またもや負けてしまったが、8ヶ月、夢を続けて見させてくれた、メディアソフトのみなさんには感謝の言葉もありません。

  廃刊によって、またまた職を失ってしまう執筆者の生活や、ご迷惑をおかする取次ぎ店、ポルノショップ等のことを思うとつらいものがある。それよりも復刊を心からよろこんでくれた何千人かの読者のみなさんのことを考えると、何といってお詫びしていいことやら分からない。

  廃刊によって帰るべき自分の家がなくなってしまったとか、心の支えがなくなってしまったと言ってくれた読者諸君、みんなのことは永遠に忘れない。本当にありがとう。感謝しています。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 『兵隊画集』より-外面は恐い顔をして、内心はニタニタと。 | トップページ | また、また、ゼロからの出発だ! »

コメント

こんにちわ。J-BOYSのヒロです。
噂には聞いていたのですが、本当だったんですね。
せっかく、J-BOYSの特集記事まで組んで頂いたのに、
とても残念です。・・・

投稿: ヒロ | 2005年11月28日 (月) 12時29分

こんにちわ。J-BOYSのヒロです。
噂には聞いていたのですが、本当だったんですね。
せっかく、J-BOYSの特集記事まで組んで頂いたのに、
とても残念です。・・・

投稿: ヒロ | 2005年11月28日 (月) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/7263141

この記事へのトラックバック一覧です: 『薔薇族』またまた廃刊に!:

» 「薔薇族」2度目の廃刊 涙 [日刊ゲイ新聞編集長のブログ]
あの薔薇族が2度目の廃刊となった・・・ 伊藤編集長のブログ 月刊『薔薇族』編集長伊藤文學の談話室「祭」 も、今日更新されている。 廃刊の話題だ・・・ 伊藤編集長のブログ、ぜひ読まれたことがない方は読んでほしい。 あたたかいのだ・・・文章があたたか....... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 (火) 21時12分

» 「薔薇族」休刊 [GAY's GATEWAY]
時事通信から。  雑誌「薔薇(ばら)族」(第二書房)が発売中の382号を最後に... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 19時17分

« 『兵隊画集』より-外面は恐い顔をして、内心はニタニタと。 | トップページ | また、また、ゼロからの出発だ! »