« 新しい年は信用金庫との戦い? | トップページ | 「ゲイとして日本で生きる!」はいい特集だ! »

2006年1月20日 (金)

ヌードショーの終るのを待って

img238

丸尾長顕さんの名前を知っている人って、かなりの年配の方だろう。その昔、有楽町にあった日劇の最上階にある「日劇ミュージックホール」の運営委員だった方だ。

  戦前は宝塚少女歌劇団の文芸部員として活躍。後に「婦人画報」の編集長などを経て、「日劇ミュージックホール」で演出をされ、また作家としても活躍された。

  わが家の裏手に祖父の妹の家があり、測量機械を作る工場を持つお金持ちだ。その離れに昭和三十年代の前半に越して来られたのが丸尾さんだ。

  小柄で太っていて、メガネをかけた、変わった風貌だったので、近所の人は、あの人、何者なのと不思議がっていた。奥さんらしい女の人は丸尾さんよりずっと背が高い、若い奥さんだ。

  丸尾さんはこの奥さんとは五回目の結婚で、別れるときには財産のすべてを別れた奥さんにあげてしまって、裸一貫で越してこられたそうだ。

  そのうちに「日劇ミュージックホール」の招待券を頂けるようになり、奥さんは踊り子さんだったということも分かってきた。それからぼくは足繁く、ミュージックホールに通い始めた。 

  昭和四十三年の九月、十月公演「はれんちカンカン」のプログラムが手許にあるが、便所のオルフェ・脚本演出は寺山修司とある。アングラの女王、新高恵子も演出しているが、これは寺山君の劇団「天井桟敷」の女優さんだろう。寺山君って本当に多才な人だったと驚きである。

  このプログラムに「内外タイムズ」の石崎勝久さんという文化部の記者の記事が載っている。

「日劇ミュージックホール」の誕生は、昭和二十七年頃らしい。ストリップの最初は、新宿帝都座(現在の丸井のあるところ)で昭和二十二年の正月「ヴィーナス誕生」というショーだ。いわゆる額ぶちショーと言われたもので、裸の女性は動かなかった。

img237

ヌードショーとストリップショーの違いはというと、ヌードショーはヌードを材料にして、ひとつのショーをつくり、ストリップショーは、一枚一枚着衣を脱ぎ捨てて、お客の好奇心をじらせる効果だけを狙うものということだそうだ。要するにミュージックホールのショーは上品にショーとして仕上げているということだ。

  人に話すのは初めてのことだが、ミュージックホールに出演していた、豊ゆかこさんと何回かデートをしたことがある。別に変なことをしたわけではなく、喫茶店で話をしたくらいだが。確か「東京スポーツ」の文化部の記者の人が紹介してくれたのだと思う。

  ショーが終るのを待っていて、有楽町駅の近くの喫茶店で待ち合わせてのことだ。何をしゃべったのか忘れているが、彼女は創価学会の信者だった。踊り子さんの中でも信者が多いということだ。いわゆるふしだらな人はいなくて、みんな真面目に生きている人ばかりのようだ。

  豊さんはかわいい人で、会っているだけで楽しかった。青春の一頁ということだろうか。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 新しい年は信用金庫との戦い? | トップページ | 「ゲイとして日本で生きる!」はいい特集だ! »

コメント

こんにちわ。
僕は早稲田を目指している現役生です。本当は慶応も好き。でも、父が慶応だから、早稲田に決めました。同じじゃ嫌なんです。
僕は以下の3つのブログを読んで、
早大受験のやる気を保っています!

1位 現役女子大生芸能プロ社長の日記
(22歳・早大政経学部4年の天才女社長が熱く語る)
   http://blog.livedoor.jp/riddler/

2位 闘う早大生:夏川潤香の「高校・大学受験講座」
(小泉総理が愛読しているという噂の注目ブログ)
   http://yaplog.jp/uruka_natukawa/

3位 輝女KIRAJYO 輝女ブログ
(社会貢献を目指す女子大生サークル。
早大生も参加しています。
メンバー登録受け付け中)
http://kirajo.jugem.jp/

この人たちとキャンパスで出会えるように頑張ります。

投稿: 源太郎 | 2006年1月20日 (金) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/8215632

この記事へのトラックバック一覧です: ヌードショーの終るのを待って:

« 新しい年は信用金庫との戦い? | トップページ | 「ゲイとして日本で生きる!」はいい特集だ! »