« 元警察署長のつらい告白① | トップページ | お花見と森下洋子写真集と »

2006年2月23日 (木)

ブログが書けない言い訳を!

img259a

  弱り目に祟(たた)り目というけれど、今年こそはいい年にしようと張り切っていたのだが、寄る年波には勝てません。

  今年の3月19日がくると、74歳。74年間も歩いていたのだから、ひざの骨と骨の間の軟骨がすりへっても仕方がないのかも。それに最近、食が進むものだから、ついつい食べ過ぎて気がついたときには体重が78kgにもなっていた。78kgの体重を両足で支えているのだから、ひざに負担がかかるのは当然だ。

  昨年の暮れあたりからは、よくなるどころか、だんだん悪化するばかり。医者も何軒か変えてみたものの、治療の方法はどこも同じ。注射器の太いので、ずぶっとひざにさして、水を抜くのだが、ビールの濃いような色をした液体がたまっている。そして痛み止めの薬と、しっぷ薬をもらう。

  近所のラーメン屋の親父にすすめられて、下北沢の北口のマンションの一階に入っている診療所を訪ねた。そこの医者にはっきり言われてしまった。「どこに行っても治療法は同じです。治すには手術をするか、体重を20kgぐらい落とすしかありません」と。

  手術をするには、2、3ヵ月の入院が必要と言うし、それよりも体重を落とすなんて考えられない。今が一番大事な時だというのに、えらいことになってしまった。ひざが痛くて歩けないなんて、考えてもみなかったことだけに大ショック。

  そんなときにわが家は、同居している次男の嫁がインフルエンザに。ブログもやっと調子が出てきたときだけにこれもショック。

  最近はインフルエンザの方が特効薬があって、嫁はすぐに元気になったものの、今度はぼくの普通の風邪がしつこくて、せきは出るし、濃いたんは出るし、鼻はつまるし、寝たり起きたりで二週間も。

  2月中には、どうしても書き下ろさなければならない「河出書房新社」の「河出文庫」で5月には出版する『薔薇族の人々』の執筆がストップしてしまう始末。本当は昨年の末には刊行予定だったのだが、遅れに遅れているので、なんとしても2月中に書き上げねばと思うものの、鼻がつまって、頭が重いとなんにもやる気が起きてこない。

  ひとつだけラッキーだったのは、風邪をひいて食欲がなくて食べなかったから、なんと2週間で5kgも体重が減ったではないか。

  いつか1週間くらい下痢が続いて、あまり食べなかったら、3kgも体重が減ったけれど、治ったらあっという間に元に戻ったこともあったので、今度はなんとしても体重を減らす努力をしていかねばと。

  神さまはいろんな試練を与えてくれるけれど、ここでへこたれるわけにはいきません。ブログで絶対に他では見れないものを書き続けますから、ご期待を!

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 元警察署長のつらい告白① | トップページ | お花見と森下洋子写真集と »

コメント

更新が止まっていらしたので、少々心配しておりました。
風邪、大変でらっしゃいましたね。仰るとおりインフルエンザの方が、特効薬とも言えるものがございます。まだまだ、寒い日が続きますでしょうから、どうぞ、お体にはご自愛くださいませ。

投稿: pecado | 2006年2月24日 (金) 07時45分

若輩者ながら文學先生のことを尊敬しています。
「祭」もRSSに登録してチェックしています。
お身体の調子はいかがでしょうか。
50歳以上も年が離れてる先生の末永いご活躍をお祈りいたします。

投稿: なでしこねこ | 2006年2月23日 (木) 02時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/8777594

この記事へのトラックバック一覧です: ブログが書けない言い訳を!:

« 元警察署長のつらい告白① | トップページ | お花見と森下洋子写真集と »