« 50年も前の若き日の手紙 | トップページ | 部隊長の制服 »

2006年5月 5日 (金)

ノンケ紳士、乳首を吸われて昇天!

Img388a 

  渋谷の道玄坂を登りきって、右に曲がった路地の行き止まりの所に、旅館「千雅」があった。もう31年も前のことだ。男女の連れ込み旅館だったところを借り受けて、男同士の旅館に改装したのだ。

  オーナーのKさんと、若いマネージャーが『薔薇族』の編集部に連れだってやってきた。お客が入らないので、なんとか誌上で宣伝してほしいということだった。

  わが第二書房からエロ本作家で有名なSさんの本を何十冊も出していた。ところがSさんは直木賞をとるべく、エロ小説を書くのをいっさいやめてしまった。

  文藝春秋の「オール読物」などに原稿を持ちこんでも、なかなか載せてもらえない。となると生活は困窮してしまっていたので、『薔薇族』の誌上に「小説月評」の欄をもうけてSさんに担当してもらっていた。そのSさんは女好きで有名な人だったが、「ノンケ紳士のゲイホテル潜入記」を書いてもらいたいとお願いしてしまった。Sさんは快く?ひき受けてくれた。

「わが50年の生涯、肥満体のでっぷり突き出した下腹を抱えて、それこそ平凡ならざる、かなり波乱に満ちた生涯を送ってきたつもりだったが、それでもあれほど異様にして、鮮烈なる経験をしたことはなかった。」

  Sさん、ゲイホテルに潜入して、かなりショックを受けたようだった。Sさんは乳首を吸われることが快感で、それだけで昇天してしまうという。

「それじゃ、もし君がいやでなかったら、ぼくのおっぱいを吸ってくれないかい。できれば歯を強く立てて、ギリギリ噛むようにね」

「ああ、いいよ」

  と、青年の口は仰向けになった。ぼくの胸に来た。そして唇に乳首を含んだ。

「こんな変なことをいう人、初めてだろう」

  ぼくはテレてそう聞いた。

「ううん、そうでもないよ、肥満体の小父さんには、おっぱいが敏感な人が多いよ」

  と言って歯でキリキリと噛み出した。痛みがツーンと脳天に抜けるが、同時にひどく気持ちよい。

「ああっ!」

  と思わず声を上げてのけぞった。自分ではその気持ちでなくても、つい声が出てしまう。これまで、女を愛して與える方の愛にはなれていても、先方から愛されるという、受身の愛をまるで知らなかったぼくにはこの愛は鮮烈だった。

Img388

  10頁にも及ぶ潜入記は、大当たりで、「千雅」は大盛況になった。作歌のSさん、それからもひんぱんに「千雅」を訪れているようだった。気前のいいオーナーに食事をご馳走になりに行くのか、男と遊ぶよろこびを開眼してしまったのかは、知るよしもない。

  その後、Sさん、念願の直木賞作家になったが、数年後、あっけなく亡くなってしまった。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 50年も前の若き日の手紙 | トップページ | 部隊長の制服 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノンケ紳士、乳首を吸われて昇天!:

« 50年も前の若き日の手紙 | トップページ | 部隊長の制服 »