« パートのオバサンが社長になったという美談 | トップページ | 大作家と地方出の青年が出逢って »

2006年5月30日 (火)

薔薇の香りを放ち続けて

Img385

31年も前の『週刊読売』が出てきました。表紙には「この表紙の薔薇は匂います」と、大きく印刷されている。鼻を表紙にくっつけて匂いをかいでみたが、もう匂いはとんでしまって匂わない。

「表紙の薔薇の匂いについて」と編集部が解説している。

「大日本印刷では、その香料が逃げないような特殊なインクをまぜて表紙を刷りあげました。印刷工場の部屋には、甘く妖麗な香りが馥郁(ふくいく)と満ちたそうです。」

  わが第二書房でも、1960年(昭和35年)に、アラビアン・ナイトの完訳で有名な大場正史さんの「男の匂い・女の匂い=性における匂いの研究」という本を出したことがある。

Img382

  親父が日本橋の香水屋?から原液を買ってきて、箱入りの本だったので、製本屋で香水の原液を薄めて出来上がった本に吹きつけたのだ。ふくいくとした香りが工場内にただよってならいいけど、あまりに強い匂いで工員たちが気持ち悪くなってしまった。

「エロスは匂う」と題して、大場さんはこんなことを書いている。

「色は匂えど散りぬるを わが世誰そ 常ならむ…

  弘法大師(空海)の作といわれる『いろは讃』は、このように諸行無常、是生滅法、生滅滅己、寂滅爲楽の現在(うつしよ)を花の色香になぞらえて、人間のいとなみのはかなさをうたっている。

  花の色香も、男女のエロスの色香も、みな同じで、いずれも、つかの間ではかなく消える生命しかもたないのである」

『薔薇族』は、つかの間でなく、35年間の長きに渡り、よくぞふくいくとした香りを放ち続けてこれたものだ。

Img384Img383

『週刊読売』は、「薔薇・にっぽん博物誌」として、いくつかの項目をかかげていて、その中にちゃんと『薔薇族』がとりあげられている。

「なぜ、『薔薇族』というと、ホモ諸氏の代名詞になったのでありましょう。一説にはその人体部分が、薔薇の蕾に相似たりという人もいますが、日本では古来「菊座」という言い方もあって、菊の花のほうが似ているのになあとつぶやいている紳士もいます。

『薔薇族』という雑誌を発行しているオジサンに聞いてみましたら、「一口で言いますとホモ愛好家には薔薇好きが多いからですよ。ともすると隠花植物的な存在で、世間とは孤立していました。これらの孤独な魂に、連帯感を持たせ、彼らに市民権を獲得させたい。そんな願いをこめて「族」の一字をつけてみました」ということでしたが、こういうことは市民権なんて与えないで、隠花植物のままにしておいたほうが、ステキではないでしょうか」

  オジサンなんて言われたくないが、この時代から「薔薇」というと、『薔薇族』になっていたということだろうか。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« パートのオバサンが社長になったという美談 | トップページ | 大作家と地方出の青年が出逢って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇の香りを放ち続けて:

« パートのオバサンが社長になったという美談 | トップページ | 大作家と地方出の青年が出逢って »