« 「アウトロー列伝」に伊藤文学が入ったなんて | トップページ | こんなもの読みたいと思う人、いるの? »

2006年6月28日 (水)

「北沢川文学の小路」物語、完成!

Img398_1

「自転車でたどる下北沢文士物語」と題して児童文学作家・きむらけんさんが、6月24日(土)・朝日新聞の東京版に紹介された。

「自転車で世田谷区下北沢周辺で暮らした文学者の足跡を回り、ブログで紹介している人がいる。元国語教師で児童文学作家、きむらけんさん(60歳)。「日々発見がある。もう、どきどきしちゃうわけです」。ブログの内容を凝縮した冊子「『北沢川文学の小路』物語」を出した。」

  この記事を書いてくれたのは、朝日新聞社東京総局の内山美木さんという記者の方だ。この冊子は、きむらけんさんが文章を書き、デザイナーの東盛太郎さんがデザインをという、二人のメールを通して知り合ったコンビが最高の冊子を作りあげた。この出会いがなかったら、こんな素晴らしい冊子は完成しなかったろう。

Img396_1Img397 

文学的な記事は朝日でなければという思いがぼくには強かった。読売や、毎日では駄目なのだ。ぼくは朝日のお蔭でいい仕事をさせてもらったことがある。昭和39年頃、心臓手術のために、ぼくの末の妹が東京女子医大病院に入院していた。手術の日が病院の都合で、何度ものびたので妹はやけくそになっていた。

  そんなときに朝日新聞の「読者のひろば」という欄に「妹に激励の手紙を!」という一文を投稿した。当時の新聞の効果は、ものすごかった。何百通もの手紙が寄せられ、花束は贈られてくるし、見舞いにきてくれる人、それは大変な騒ぎになってしまった。

  その後、手術に成功。それも都内版の記事になるや、週刊誌の取材が殺到し、ついに日活で映画化までされてしまい、心臓病の啓蒙に多大な貢献をすることができた。

『薔薇族』が廃刊になったとき、朝日に報道されるや、これまた各メディアが押しかけて、その後の1週間は取材でしゃべりどおしだった。

  きむらけんさんも、これからの執筆活動にこの記事が大きな影響をあたえるだろう。この冊子が出来上がったときに、まず朝日の特ダネでと、いままでのいきさつを書いて、東京総局に取材以来の手紙を出したところ、内山さんが取材してくれて、記事にしてくれたのだ。

  ぼくが通いつめている喫茶店の「邪宗門」が「北沢川文学遺産の会」の事務所になっている。

  記事が載った日に「邪宗門」に行ってみたら、電話がなりっぱなし。続々とこの小冊子を取りにお客さんが訪れていた。

  ぼくは校正を見て、2、3字の間違いを見付けただけのお手伝いしかしていないが、記事の中に「同性愛向け雑誌『薔薇族』の編集長、伊藤文学さん(74)たちと意気投合し、地域の文化を守ろうと会を結成。区の補助金を受けて冊子も出した。

「邪宗門」は、森鴎外の娘で、作家の森茉莉さんが常連だった。きむらさんは、そうとは知らず入った。

「縁ですね。昔の文学者とだけでなく、今を生きる人々とも」

  校正を担当した伊藤さんは「先生(きむらさん)とは肌が合わないの、勉強ができて、理屈っぽいからと笑いつつ」とある。

  内山美木記者のすごいところは、若い方なのに、この冊子に登場する文学者のことはすべてご存知だし、ぼくのコメントは、たったの4行なのに、『薔薇族』の編集長らしく、短いコメントにゲイっぽいニュアンスをちゃんと表現してくれた、名記者なのだ。

  ●「邪宗門」〒155-0033・世田谷区代田1-31-1・TEL03-3410-7858

●「北沢川文学の小路物語」ご希望の方、ぼくの手許に少しはありますので、おわけします。〒155-0032・世田谷区代沢5-2-11・伊藤文学宛に80円切手2枚(送料)を入れてお送りくだされば郵送します。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

 

|

« 「アウトロー列伝」に伊藤文学が入ったなんて | トップページ | こんなもの読みたいと思う人、いるの? »

コメント

先日お会いさせていただいたT大学の学生のものです。この前は貴重な経験をさせていただいてありがとうございました。
先生のブログを拝見させていただきましたが、なかなか読みごたえのある文章がおおく、非常に楽しませていただいております。
なので今は忙しいので無理なのですが、夏休みは時間が取れるので、先生の出版なさった本を読んでみようかなあと思っています。
それではお体に気をつけて頑張ってくださいね

投稿: タカスカ | 2006年7月15日 (土) 20時25分

【中田英寿】引退の裏に大物女優の影!!
現役引退を表明した【中田英寿】が
大物女優と路上で抱き合う姿をスクープされ
大激怒…!!
ゲイバーに入り浸ってるという
目撃情報まで飛び出して、
ヒデは一体どこに向かうのか…。

投稿: 【中田英寿】引退の裏に大物女優の影!! | 2006年7月 4日 (火) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「北沢川文学の小路」物語、完成!:

« 「アウトロー列伝」に伊藤文学が入ったなんて | トップページ | こんなもの読みたいと思う人、いるの? »