« 稲垣征次展「少年艶姿」を見よう! | トップページ | 下町育ちのナゾのオジサン、間宮浩さん »

2006年7月30日 (日)

才人、藤田竜君のこと

Img409

  人間の出会いって不思議なもので、運みたいなものがある。いい人との出会いがあると人生まるっきり変わってしまう。

  藤田竜君と、ぼくとの出会い。これは運命的なものだった。ぼくが『薔薇ひらく』という単行本のあと書きに、雑誌を出したいということを書いておいたら、藤田竜君と、間宮浩さんがそれを見て手紙をくれた。

  ふたりともSM雑誌の『風俗奇譚』に原稿を書いていたが、ホモ関係の読物は大事にされなかったので、不満を持っていたのだろう。

  ホモ雑誌を出したいという、ぼくの呼びかけに、よしとばかりにとびついてきた。

  河出書房新社発行の『薔薇族の人びと=その素顔と舞台裏』(定価\2000・税別)は、初期の頃の『薔薇族』のために、力を貸してくれた人たち、13人のことを書き記した。

『薔薇族』創刊以前に会員制で出していた、『アドニス』や『薔薇』などは、せいぜい500人ぐらいの会員しかいなかっただろうから、有能な読者にめぐり会えなかったのでは。『薔薇族』は、トーハンや日販のルートに乗せることが出来たから、創刊号から一万部を全国の書店に送り込むことができた。

  それが出来たからこそ、地方に住んでいる有能な読者が、その永年のモヤモヤを払いのけんがために、小説や、エッセイ、体験談を続々と送ってくれた。

  ただグラビアのモデルだけは困ったものだ。誌上に「モデル募集」の広告を出したら、電話がかかってきたので、渋谷のハチ公の銅像のところで待ち合わせることした。

  どんなにいい男がと期待にワクワクして、藤田君とふたりで、渋谷におもむいた。雑誌を手に持っているように伝えておいたので、確かに雑誌を手に持った若者が立っていた。その若者に目をやったが、ふたりで顔を見合わせてしまった。

  そのまま声をかけずに帰ってきてしまったが、今、考えてみると、声をかけてからお断わりすべきだったと後悔している。本当にゴメンね。

  モデル集めの苦労を書き出したらきりがない。今でも東スポの三行広告欄を見ると、「男性モデル募集」の広告がいくつも載っている。どのゲイ雑誌も、あの手この手でモデルを見つけるのに躍起になっている。

  今度の本にも一番最初に藤田竜君のことを書いた。「ゲイ雑誌にゲイの文化をとり入れた藤田竜」と。藤田竜君のことを書いただけでも一冊の本になるぐらい、いろんな出来事があった。まったく性格が反対のふたりが、よくぞ35年も一緒にやってこれたものだ。

  藤田君、本当にお疲れさまでした。

Img401_5 Img406b_3 Img400_3

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 稲垣征次展「少年艶姿」を見よう! | トップページ | 下町育ちのナゾのオジサン、間宮浩さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 才人、藤田竜君のこと:

« 稲垣征次展「少年艶姿」を見よう! | トップページ | 下町育ちのナゾのオジサン、間宮浩さん »