« あんなに女房の悪口を言っていたのに。 | トップページ | 戦後のゲイバアをのぞく②~銀座・ブランスウィック~ »

2006年11月11日 (土)

戦後のゲイバアをのぞく①~銀座・ブランスウィック~

Img008a

  1955年(昭和30年)7月号、㈱あまとりあ社刊の『あまとりあ』に「ゲイバアの生態-神田・銀座・新橋界隈-」という記事が載っている。記事を書いているのは、かびや・かずひこさんという方だ。鹿火屋一彦という名前で書いていることもある。

  もうお一人は扇屋亜夫さんだ。お二人ともゲイであることは間違いないが、昭和20年代、30年代の雑誌に同性愛の記事を書いている。

  その時代は、ホモだとか、ゲイなんて言葉はなくて、「ソドミア」とか、「男色」と言われていた。

  この時代のことを知っている方は、もうこの世にいないので、このような古い雑誌から知るしかない。

  ゲイバアなるものが、戦後のいつ頃からあったものか分からないが、この記事を読むと「神田のゲイバアでは「シルバー・ドラゴン」がまず挙げられる。昭和24年に開店し、約2年ほどは少数の外国人客相手に、ひっそりと商売していたが、26年頃からようやく衆道愛好者の間に、その名を知られてきて、忙しくなったという」

  日比谷公園は、進駐軍が占領していたGHQ(総司令部)に近いから、ゲイのアメリカ兵が日本人の男を求めてのハッテン場だったのだろう。

  戦後、数年にしてゲイバアが存在していたようだから、これはすごいことだ。

  三島由紀夫の小説『禁色』の中に、「有楽町の一廓にあるルドンというこの凡庸な喫茶店は、戦後に開店して、いつかしらその道の人たちの倶楽部となったが、何も知らない客も連れ立って入ってきて、珈琲を飲んで何も知らないまま出て行く」と、書かれている。『禁色』の中では、ルドンという店の名だが、銀座尾張町にあった「ブランスウィック」であることは知る人ぞ知るであろう。

「銀座4丁目交差点を三原橋の方に向かって行くこと約半丁、小野ピアノの手前、呉服屋の角を右へ曲れば、すぐ左側にその店が目に入る。

  店の前に立てば、それが女であろうと、男であろうと、透明ガラスの向う側のドアボーイが、すぐに「いらっしゃいまし、どうぞ」とドアを開いてくれるから、いやでも中に入らざるを得なくなる。

  店内は昼でも夜でも何かキラキラと明るい感じ、そしてまた映画のセットでもあるかのような、おもちゃ的な感じである。

  奥の方にカウンター、客席は割合広く、綺麗なテーブルが67脚、天井にはやたらに多彩、多角なシャンデリア、一つの柱には派手なリボンで鍔広のキューバン・ハット、また一つの柱にはヒコーキの模型がかけられてある。何やら女学生か、中学生相手の喫茶店といった風だ」

  もう、これらの店は存在していないが、戦後の時代にあったお店を知っておくことも大事なことだと思う。

  お店の扉を開けるのに、うろうろと行ったり来たりして、やっとの思いで扉を開けた人たちの姿が見えるようだ。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆このブログを読んでくれている人も、3冊の本についての感想をお寄せ下さい。待っています。

薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い 薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏

『薔薇族』編集長 『薔薇族』編集長

Img400『薔薇族』好評発売中!

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« あんなに女房の悪口を言っていたのに。 | トップページ | 戦後のゲイバアをのぞく②~銀座・ブランスウィック~ »

コメント

年賀状有難う御座いました。年末草々にお住まいが変わられたとの事心配致して居りましたところ、お元気との知らせに接しほっと致して居ります。下北沢のイネルギュシュの力をお借りすれば再度大輪の花が咲きますよ。そのみなもとなるのは健康である事ですので下北沢の若者のオゾンを沢山吸収して
人生の後半を大いに文章に託して再度ご活躍下さい。 2007年の年頭

投稿: 富井 章 | 2007年1月 5日 (金) 20時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/12641934

この記事へのトラックバック一覧です: 戦後のゲイバアをのぞく①~銀座・ブランスウィック~:

« あんなに女房の悪口を言っていたのに。 | トップページ | 戦後のゲイバアをのぞく②~銀座・ブランスウィック~ »