« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »

2006年12月

2006年12月20日 (水)

『薔薇族』だけが…。

Img240 Img241

  海野弘(うんのひろし)さんが、100冊の本を出された。

「いつの間にか100冊の本を書いていた。これまでふりかえってみたこともなかった。しかしこのごろ、私の古い本について聞かれることがある。そろそろ、忘れないうちに、私が書いてきた本の軌跡を記録しておくことにした。」の序文にはじまる『歩いて、見て、書いて=私の100冊の本の旅』(右文書院刊・定価・本体\2600+税)という本を出された。

  一昨年の年賀状に『ホモセクシャルの世界史』という本を出しますと書いてあった。丁度そのころ「メディア・ソフト」から廃刊になっていた『薔薇族』を復刊したいという話がもち上がっていたときだった。早速、ぼくは海野さんに手紙を出して、ホモセクシャルの話を書いてほしいとお願いしたことがあった。

Img239a

ホモセクシャルの世界史』(文藝春秋刊・定価・本体\3200+税)は、543頁もの本で、巻末の参考文献のところを見ると、洋書と和書とで9頁もずらりと並んでいる。これだけの本を読み、参考にして書かれた労作といえよう。大変な時間をかけて書かれたに違いない。

  フランシス・ベーコン、妻には遺産を与えなかった少年愛者。オスカー・ワイルド、時代のスケープゴートとなった世界一有名なホモセクシャルなど、有名人のゲイが、ことごとくとりあげられている。

  同性愛は封印されたタブーだったが、やっと時代が変わってきたので、このような本を出すことができた。

  これだけの本を出せば、いろんな雑誌から執筆依頼が殺到するに違いないと思ったが、原稿を依頼したのは、ぼくだけ『薔薇族』だけだったそうだ。

  海野さんは、こんなことをこの本に書いている。

「この本を書いたら、ついにカミングアウトしましたか、といわれたりした。みんなに敬遠されたようだ。これまでのところ、この本の唯一の反応といえるのは『薔薇族』から原稿依頼があったことだ。

  編集者の伊藤文学さんは古い友人である。私の調べているビアズリーなど、世紀末のイラストレーターを伊藤さんも好きで、ルイ・イカールのコレクターであることから文通するようになった。

  年賀状に、ついにホモセクシャルの歴史を書きました、と書いたら、伊藤さんは喜んでくれた。『薔薇族』は残念なことに休刊になった。しかし新しいスポンサーがあらわれたので復刊することになり、そこに書いてほしい、といわれた。私はこの本の宣伝もかねて喜んで書かせてもらった。

  しかし、新しい『薔薇族』は、若者向けに写真中心に編集され、かつての文学臭を失っていた。これは伊藤さんのつくりたい雑誌ではないのではないか、と心配になったが、やはりすぐにつぶれてしまった。

Yamajun_1

「ウホッ!いい男たち」第1~4部
【著者名】山川純一
【発 行】ブッキング
【税込価格】各1,050円

▼販売サイト
 ・DMM
  http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/list/=/article=series/id=10489/
 ・デジパ ネットショップ
  http://dl.digipa.com/shop/digipa/search?kwd=%83E%83z%83b
 ・電子書店パピレス
  (アダルト商品の為、購入にあたり会員登録者の必要があります。
   会員登録後、タイトル名で商品検索を行い、検索結果画面の右下の「アダルトフロア商品も表示」よりアダルトページにログインして下さい。)
    http://www.papy.co.jp/

◆山川純一原画 オークションはこちらから
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/baraqito

※著作権は本人合意の上で(株)第二書房にあります。無断複製、転売、転載等はなさらないことをお約束いただける方のご購入を希望します。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆このブログを読んでくれている人も、3冊の本についての感想をお寄せ下さい。待っています。

薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い 薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏

『薔薇族』編集長 『薔薇族』編集長

Img400『薔薇族』好評発売中!

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

『薔薇族』には父親のまなざしがあった!

  仕事が楽しければ人生も楽しい『GOETHE(ゲーテ)1月号』(幻冬舎刊・\700)が、幻冬舎のアウトロー文庫に入った、ぼくの著書『薔薇族編集長』(定価・\600)を著者の写真入りで1頁を使って紹介してくれた。

  唐沢俊一さんとカメラマンがわが家を訪れ、唐沢さんがぼくの話を聞いて文章を書いてくれた。取材場所は近所のぼくが毎日のように訪れている、喫茶店の「邪宗門」をお借りした。

  幻冬舎からは月に何十冊と新刊本が作られているだろうが、その中から選ばれての一冊で、ありがたいことだ。

  この1頁を作るだけで、どれだけのお金がかかっていることか。唐沢さんを何時間も拘束して、文章を書いてもらう。カメラマンもたった一枚の写真のために、何十枚撮ったか分からない。250頁もあって、その上、112頁もの「人生を愉しくするビジネス時計」という付録までついている、ぜい沢な雑誌だ。それにびっくりなのは、雑誌代が\700という安さだ。

  安くて、豪華で、印刷が美しい。それができるということは、一流企業の広告がずらりと入っているからだ。これは女性誌の「家庭画報」のようなものだろう。

  この雑誌を読む人というのは、40代、50代のハイレベルで、リッチな人たちに違いない雑誌だ。

「同性愛者がこぞって読みこんだ伝説の雑誌には父親のまなざしがあった」と唐沢さんは見出しに書いてくれている。

『薔薇族』が果した大きな役目は、雑誌を発行することによって、秀れたゲイの人たちに発表の場を与えたことだという。

「悩めるゲイたちに時には優しく、時には厳しく言葉をかける伊藤さんの姿はきわめて日本的な、父親像に重なる。日本のゲイカルチャーが欧米とは一味違う、独自のものとなっているのは、伊藤文学という人間が、そこに存在し、しっかりと「場」作りの仕事をしていた、という理由によるのだろう」

  唐沢俊一さんとは長い時間をかけて対談をしたこともあるので、ぼくのことをよく理解して書いてくれた。

『薔薇族編集長』の2センチほどの小さな表紙の写真を撮るのにも、茂呂幸正さんというカメラマンの名前が入っている。とにかくぜい沢な雑誌なのだ。リッチな人、読んでみて!

Yamajun_1

「ウホッ!いい男たち」第1~4部
【著者名】山川純一
【発 行】ブッキング
【税込価格】各1,050円

▼販売サイト
 ・DMM
  http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/list/=/article=series/id=10489/
 ・デジパ ネットショップ
  http://dl.digipa.com/shop/digipa/search?kwd=%83E%83z%83b
 ・電子書店パピレス
  (アダルト商品の為、購入にあたり会員登録者の必要があります。
   会員登録後、タイトル名で商品検索を行い、検索結果画面の右下の「アダルトフロア商品も表示」よりアダルトページにログインして下さい。)
    http://www.papy.co.jp/

◆山川純一原画 オークションはこちらから
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/baraqito

※著作権は本人合意の上で(株)第二書房にあります。無断複製、転売、転載等はなさらないことをお約束いただける方のご購入を希望します。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆このブログを読んでくれている人も、3冊の本についての感想をお寄せ下さい。待っています。

薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い 薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏

『薔薇族』編集長 『薔薇族』編集長

Img400『薔薇族』好評発売中!

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

Img242 Img243

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

一人暮らしのゲイの高齢者の生活は。

Img239

  1122日(水)の「東京新聞」にこんな記事が載っていた。「高齢者の独居男性・近所付き合い「なし」24%」と。なんだか『薔薇族』の読者のことを言っているような気がしてならない。

「内閣府が21日発表した65歳以上の高齢者の生活実態に関する意識調査によると、一人暮らしの男性のうち「近所付き合いがない」とした人は、24.3%で、一人暮らしの女性(7.1%)や、夫婦のみの世帯(4.4%)を大きく上回っていることが分かった。

  また「心配事の相談相手がいない」と答えた一人暮らしの男性が16.9%と最も多かった。

  一人暮らしの女性と夫婦のみの世帯は、それぞれ4.1%と2.4%で、高齢者の「孤独死」が問題となる中、独居男性が特に孤立している実態が浮かび上がった。

  調査は今年1月、全国の65歳以上の高齢者がいる世帯を「一人暮らし世帯」と『夫婦のみ世帯』、家庭構成を問わない「一般世帯」に分け、それぞれ1500人を対象に実施した。有効回答は61.2%。

  日常生活での心配事については、いずれの世帯でも「心配がある」と「多少心配がある」の合計が過半数に達したが、一人暮らしの世帯が63.0%で割合が最も高く、2002年の前回調査(41.2%)に比べ大幅に増えている。」

  女好きの男の人よりも、男好きの男の人のほうが、一人暮らしの人は多いだろう。女性と結婚しても離婚してしまって、一人暮らしをしている人も多いに違いない。

  どちらかというと、自由気ままで偏屈な人が多いから、近所付き合いや、親類付き合いをしていずに、孤独な生活をしているゲイの高齢者もいる。

  上野、浅草、新橋などの高齢者が集まる、ゲイ・バアに出入している人たちは発散するはけ口をもっている幸せな人たちだ。

  アパートの一室に一人暮らしで、近所の人との付き合いもなくて、ひっそりと暮らしている人のことを思うと胸が痛い。都会ならまだしも地方で一人暮らしのゲイの人って、どんな暮らしをしているのだろうか。

『薔薇族』の再復刊号も、インターネットの会社が1号だけ出してくれたが、2号目は1ヵ月以上も前に原稿を入れたのに、一向にゲラ刷りが出てこない。恐らく資金繰りがつかず、お手上げしてしまったのだろう。まったく連絡もない。

  孤独で雑誌を心の支えにしてくれている読者もいる。季刊でもいいから、なんとしても自力で出さなければ駄目だ。しかし現在のぼくにはお金がない。

  ネットでメールを交換できるような人はいい。ネットなんていじれず、一人暮らしをしている読者も沢山いる。このような人たちをどう掘りおこしていくか、これは来年の課題といっていいだろう。

Yamajun_1

「ウホッ!いい男たち」第1~4部
【著者名】山川純一
【発 行】ブッキング
【税込価格】各1,050円

▼販売サイト
 ・DMM
  http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/list/=/article=series/id=10489/
 ・デジパ ネットショップ
  http://dl.digipa.com/shop/digipa/search?kwd=%83E%83z%83b
 ・電子書店パピレス
  (アダルト商品の為、購入にあたり会員登録者の必要があります。
   会員登録後、タイトル名で商品検索を行い、検索結果画面の右下の「アダルトフロア商品も表示」よりアダルトページにログインして下さい。)
    http://www.papy.co.jp/

◆山川純一原画 オークションはこちらから
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/baraqito

※著作権は本人合意の上で(株)第二書房にあります。無断複製、転売、転載等はなさらないことをお約束いただける方のご購入を希望します。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆このブログを読んでくれている人も、3冊の本についての感想をお寄せ下さい。待っています。

薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い 薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏

『薔薇族』編集長 『薔薇族』編集長

Img400『薔薇族』好評発売中!

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

山川純一「くそみそテクニック」

Dsc00026

この漫画を抜きにしては山川純一くんを語れない、伝説の「くそみそテクニック」がみつかりました。

オークションに出品しますので是非マニアの諸君、お買い求めを!

「くそみそテクニック」http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u8331720

◆山川純一原画 オークションはこちらから
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/baraqito

Yamajun_1

「ウホッ!いい男たち」第1~4部
【著者名】山川純一
【発 行】ブッキング
【税込価格】各1,050円

▼販売サイト
 ・DMM
  http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/list/=/article=series/id=10489/
 ・デジパ ネットショップ
  http://dl.digipa.com/shop/digipa/search?kwd=%83E%83z%83b
 ・電子書店パピレス
  (アダルト商品の為、購入にあたり会員登録者の必要があります。
   会員登録後、タイトル名で商品検索を行い、検索結果画面の右下の「アダルトフロア商品も表示」よりアダルトページにログインして下さい。)
    http://www.papy.co.jp/

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆このブログを読んでくれている人も、3冊の本についての感想をお寄せ下さい。待っています。

薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い 薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏

『薔薇族』編集長 『薔薇族』編集長

Img400『薔薇族』好評発売中!

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

※著作権は本人合意の上で(株)第二書房にあります。無断複製、転売、転載等はなさらないことをお約束いただける方のご購入を希望します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

森茉莉さんが食べていた饅頭(まんじゅう)

Dsc00112

「北沢川文学の小路物語饅頭」20061115日・発売元・森茉莉ゆかりの和菓子店・一の瀬・48年の歴史を閉じる・最終特別記念・森茉莉が生前和菓子を買いに来ていた店。その縁で「装苑」に紹介された。

  このような文字が印刷され、箱に貼られた饅頭が、飛ぶように売れた。売れたといっても「一の瀬」さんが店を閉める最後の日のことだ。

  梅ヶ丘通りに面して、小田急バスの「代沢小学校前」の停留所のそばの「一の瀬」さんが、この日を最後に店を閉じてしまった。

  何年か前に奥さんに先立たれ、ご兄妹が手伝っていたようだが、その方もやめたということでご主人は閉店を決意されたようだ。

  このアイデアを考えたのは、北沢川文化遺産の会のメンバーで、『北沢川文学の小路物語』を製作した、児童文学者のきむらけんさんだ。ご自分でワープロで文字を打って、印刷して、饅頭が入った箱に貼ったのだ。

  ぼくは太ると思うから「一の瀬」さんで、甘い和菓子を買うことは滅多になかった。八幡さまのお祭りのときに赤飯を買うぐらいだった。

  店の前を通るときに、ちらっと店の中を見ると、ショー・ケースの中に並べられた和菓子がだんだん少なくなっているので、あまり売れないのではと思っていた。

  きむらけんさん、このアイデアをもっと早く出してくれたら、森茉莉さんが買い求めていた饅頭ということが話題になって、お店が繁盛したかも知れない。お店を閉める最後の日ではどうにもならなかった。

「北沢川文学の小路物語」の小冊子が話題になって、朝日新聞、毎日新聞が大きくとりあげてくれたので、森茉莉さんが毎日のように通っていた、喫茶店「邪宗門」さんは、大変な宣伝になってしまった。

  人もあまり通らない裏通りにある「邪宗門」には、全国から森茉莉さんファンが訪ねてきている。一日中、森茉莉さんにねばられて、「邪宗門」のマスターも本当のところ迷惑していたのだろうが、生前、面倒を見てあげていたお蔭で、「邪宗門」は、森茉莉ファンで、お客さん絶えることはない。何が幸いするか分からないということだ。

●喫茶店「邪宗門」〒155-0033

東京都世田谷区代田1-31-1

(木曜日定休)

Yamajun_1

「ウホッ!いい男たち」第1~4部
【著者名】山川純一
【発 行】ブッキング
【税込価格】各1,050円

▼販売サイト
 ・DMM
  http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/list/=/article=series/id=10489/
 ・デジパ ネットショップ
  http://dl.digipa.com/shop/digipa/search?kwd=%83E%83z%83b
 ・電子書店パピレス
  (アダルト商品の為、購入にあたり会員登録者の必要があります。
   会員登録後、タイトル名で商品検索を行い、検索結果画面の右下の「アダルトフロア商品も表示」よりアダルトページにログインして下さい。)
    http://www.papy.co.jp/

◆山川純一原画 オークションはこちらから
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/baraqito

※著作権は本人合意の上で(株)第二書房にあります。無断複製、転売、転載等はなさらないことをお約束いただける方のご購入を希望します。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆このブログを読んでくれている人も、3冊の本についての感想をお寄せ下さい。待っています。

薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い 薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏

『薔薇族』編集長 『薔薇族』編集長

Img400『薔薇族』好評発売中!

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年2月 »