« 新聞記者から市長さんへ | トップページ | ぼくの青春に勇気と快楽を与えてくれた『薔薇族』 »

2007年4月19日 (木)

ぼくの青春と共に歩んできた『薔薇族』

Img277

  新築の第二書房の社屋で、いろんな催しを開いたが、3階の16畳の大広間は、そのために造った部屋だ。

  大学生ばかりを集めたことがあって、そのときK大医学部の学生だった、田中君もそのひとりで、現在は千葉市でクリニックを開いている。その田中君がしばらくぶりにメールでうれしい消息を送ってくれた。

「ひょんなことから『薔薇よ永遠に=薔薇族編集長35年の闘い』と、『薔薇族の人びと=その素顔と舞台裏』の2冊をインターネットで拝見して、昨日、早速amazonを通じて、通販で取り寄せて読みました。

  その中の記事のひとつ、ひとつが懐かしくて、ダンボールの中から、35年も前の『薔薇族』を取り出して、また読み返してみました。

  35年前は丁度、ぼくが20歳になったときです。『週刊朝日』の記事を見て、K大のボート部の戸田の合宿所からの帰りに、わざわざ遠回りして御茶ノ水のそういった類の本ばかりを売っている書店まで足を運んで、黄色い表紙の創刊号を買い求めたことを覚えています。

  ぼくは宝物として、『薔薇族』の創刊号から100号までは、今でも大事に保管しています。ぼくの青春と共に歩んできた『薔薇族』ですから、そう簡単には捨てられません。今、手にしている創刊号を大事にして持っている人は、そんなに多くはないのでは?

  伊藤さんの単行本を読みながら、若き時代の自分に帰ったような不思議な、楽しい空想の時間がよみがえり、こうしてペンをとりました。

  今日のような春らしい気候になると、第二書房のすぐ近くにある(小川が流れていたのでは)満開の桜並木の下で、読者のお花見をしたことを覚えています。

  確か社屋の大広間で、「大学生の集い」のようなものが催されたのではないでしょうか。春休みとあって、全国から若者が集ったことを覚えています。

  そこで知り合った「角刈りの弟分」だったかず君とは、35年間、ずっと友だちでいます。(彼はC大の体育学部を卒業して、今は山奥の小学校の分校の先生をしています。)

  また、そのときに出会った別の友だちは、今、ヘルパーの資格をとって、ぼくのクリニックの助手として働いています。やさしい性格はおばあちゃんに大人気です。

  この集まりで知り合った、もうひとりの兄貴分だった「かず」は、わが家からすぐ近くの知的障害者センターで、障害児の送迎バスの運転手として働いています。

  糖尿病になったと言うので、ひと月に一度はぼくのクリニックに通ってきては、「注射はやめてえ!」と、わざわざオネエ丸出しで騒いで帰って行きます。まさか看護士は、この浅黒い短髪のおっさんが、おおオネエとは知りませんから、ぼくとその知り合いの患者が悪ふざけしているとしか思っていないでしょう。」

  まだ、まだメールは続くのですが、続きはこの次に。「大学生の集い」に集った大学生が、30年も経っておっさんになっても友だち付き合いが続いているなんて。こんな雑誌って他には考えられない。『薔薇族』を勇気を出して創刊して本当によかった。そんな思いにさせられた、うれしいメールでした。

(写真は331日(土)わが家のすぐ近くの桜並木だ。30年前は川だったが、今ではせせらぎ公園になっている。)

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

Yamajun_1

「ウホッ!いい男たち」第1~4部
【著者名】山川純一
【発 行】ブッキング
【税込価格】各1,050円

▼販売サイト
 ・DMM
  http://www.dmm.co.jp/digital/book/-/list/=/article=series/id=10489/
 ・デジパ ネットショップ
  http://dl.digipa.com/shop/digipa/search?kwd=%83E%83z%83b
 ・電子書店パピレス
  (アダルト商品の為、購入にあたり会員登録者の必要があります。
   会員登録後、タイトル名で商品検索を行い、検索結果画面の右下の「アダルトフロア商品も表示」よりアダルトページにログインして下さい。)
    http://www.papy.co.jp/

◆山川純一原画 オークションはこちらから
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/baraqito

※著作権は本人合意の上で(株)第二書房にあります。無断複製、転売、転載等はなさらないことをお約束いただける方のご購入を希望します。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆このブログを読んでくれている人も、3冊の本についての感想をお寄せ下さい。

薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い 薔薇よ永遠に―薔薇族編集長35年の闘い

『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏 『薔薇族』の人びと その素顔と舞台裏

『薔薇族』編集長 『薔薇族』編集長

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 新聞記者から市長さんへ | トップページ | ぼくの青春に勇気と快楽を与えてくれた『薔薇族』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/14754456

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくの青春と共に歩んできた『薔薇族』:

« 新聞記者から市長さんへ | トップページ | ぼくの青春に勇気と快楽を与えてくれた『薔薇族』 »