« いい男を求めての撮影苦労話 | トップページ | レズビアン、国会に一撃だ! »

2007年7月12日 (木)

きたえた身体は芸術作品

Photo_20

モデル探しと、撮影の苦労話には、まだ続きがあるのだ。

「モデルはいろんなツテを求めてみつけてきても、写真を撮る場所を探すのも大変だった。最初のころは『薔薇族』という名前が、まだ世間に知られていないころだったので、それほどモデルに敬遠されるというようなことは少なかった。当時はスカウトマン(モデルをみつけるための)をやとっていて、新宿あたりでいい男をみつけると、声をかけてくどいて連れてくるのだった。

そのスカウトマンがみつけてきたモデルの中には、某体育大学の水泳部の選手もいて、今思うに貴重な写真でもある。それから某大学のラグビー部の現役の選手もいて、ある日、新聞のスポーツ欄を何気なく読んでいたら、彼の名前が出ていたので、びっくりしてしまったこともあった。あの胸板の厚さ、胸のろっ骨というのだろうか、深く息を吸い込むと、なんとも言えない美しさなのだ。ぼくもカメラマンのそばで、写真をパチパチ撮らせてもらったが、男のからだ、きたえたからだというものは、芸術作品だとほれぼれしたものだった。

そのスカウトマンが、ある日、某大学の柔道部の選手を連れてきたことがあった。急なことだったので、カメラマンはすぐに来てくれたものの、撮影場所がない。困り果てて急きょ子供がお世話になっていた、幼稚園がある、お寺の境内で撮ろうということになった。夏の暑い日のことだった。本堂の後ろにお墓があって、そのまん中へんに小高い築山がある。ぼくが子供のころは、その山の上に駆け登って、探偵ごっこをやったものだ。ご住職にわけを話して、その場所をお借りすることにした。笹がいっぱい生い茂っている小さな山の上で、写真を撮ることになった。すばらしい肉体があらわれた。カメラマンが純白のサラシでふんどしをきりきりと結ぶ。ところがだ。一度もうまい血を吸ったことがない、やぶ蚊の大群がぶんぶん集まってきて、裸になったモデルの若いピチピチした肌をさすのだ。これにはまいってしまって、早々に住職さんに、わずかばかりのおふせを置いてひきあげたが、思い出深い写真になってしまった。

創刊のころ、ヌード写真のポスターを作ったことがあった。ぼくはいいモデルだと思っていたが、モデルはいわゆるオネエさんの写真だった。読者から手紙が届いた。「こんな写真を貼る人は読者の中にはいません」これにはまいりました。ほとんど売れ残ってしまって、見るのもいやで捨ててしまった。いい男を求めて、今日も果てしない努力を続けている。『薔薇族』の愛読者のために……。」

こんなモデルに関するエピソードなら、それこそ果てしなく思い出される。にがい思い出も数々ある。見たくもない男のアソコを何千人、何百人と見てきたが、人間の顔のようなもので、それぞれ違うから面白い。天は二物を与えずという言葉があるが、からだはほれぼれするような肉体の持ち主であっても、アソコはかわいそうなくらい貧弱な人もいる。人間って、見た目では判断できないということだ。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

●薔薇族自力復刊号・発売中! 


☆書店々頭での取扱いもスタートしました☆


◎中野プロードウェイ3F「タコシェ」
(http://www.tacoche.com/)


◎神田神保町すずらん通り「書肆アクセス」
(http://www.bekkoame.ne.jp/~much/access/shop/)


◎メンズショップ「BIGGYM(ビッグジム)」池袋店
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-47-11和企画ビル2F
TEL/FAX03-3988-7853 営業時間11:00〜23:00


◎メンズショップ「BIGGYM(ビッグジム)」上野店
〒110-0015 東京都台東区東上野3-39-7マルヤビル202号
TEL/FAX03-3834-3008 営業時間11:00〜23:00


☆遠方の方は通信販売をご利用ください。通販には、以下の3つの方法がございます。お好きなものをお選びください。

①切手同封
・・・80円切手を13枚を、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛

②定額小為替
・・・郵便局で、1000円分の定額小為替(ていがくこがわせ)を購入し、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛
※なお、為替には何も書かないでください。お名前などを書かれてしまいますと換金が不可能となり、発送ができなくなってしまいます。
2-28-4

③郵便局から現金振込み
・・・郵便口座(記号/10100 番号/43045401 加入者名/イトウブンガク)へ1000円を振り込んだうえ、bungaku@barazoku.co.jp まで送付先の郵便番号・住所・氏名をお知らせください。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« いい男を求めての撮影苦労話 | トップページ | レズビアン、国会に一撃だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きたえた身体は芸術作品:

« いい男を求めての撮影苦労話 | トップページ | レズビアン、国会に一撃だ! »