« 結婚について考える | トップページ | いい男を求めての撮影苦労話 »

2007年7月 8日 (日)

「スタジオ・アルス・ノーヴァ」の最初で最後の客

Photo_18

「スタジオ・アルス・ノーヴァ・さよならの会のお知らせ」が、作曲家の今井重幸さんから送られてきた。

「1955年(昭和30年)に戦後の雑然とした杉並に、新しい芸術文化の発信基地として発足し、活動して参りました。多くの意欲的な舞台芸術家が、このスタジオを基軸にして輩出されました。1957年のパントマイムの(ヨネヤマ・ママコ)、前衛舞踏の(土方巽)、モダンダンスの(三条万里子)、スペイン舞踊の(小松原庸子)、フラメンコの(小島章司)、バレエの(井上博文バレエ団)、演劇の(野沢那智)(有本欽隆)(劇団アルス・ノーヴァ)の他、若い多くの舞踏家たちが巣立ちました。」とある。「長い年月で建物が老朽化し、昨今は新築ビルによるスタジオが多くなってきて、採算がとれなくなり、半世紀の歴史に幕を引くことになりました。」

今井さんとぼくとの関係は、ぼくが駒沢大学の文芸部の部長時代、駒大に演劇活動が活発になり、学生が千人もいないのに、劇団が4つも5つも誕生して、文芸部でも実験演劇集団を結成した。そして合同で新劇祭を催すことになり、文芸部も参加することになった。

「生きてすみません」という創作劇をとりあげたのだが、そのとき文芸部員だった親友の江田和雄君(後に人間座を主宰して、演出家として活躍した)の脚本家のお兄さんと、今井さんが指導にきてくれ、そのときからのお付き合いだから50年を越える。ぼくもその芝居に出演して、新宿の富久町にある成女学園の女子高生とラブシーンを生まれて初めて演じたことがあったが、その女の子はませていて、リードされっぱなしだった。

今井重幸さん、大変、律儀な人で、パーティ好きのぼくが催すホテルでの会には必ず顔を出してくれた。昨年の8月23日に催した、京王プラザホテルでの「伊藤文学を励ます会」にも顔を出してくれた。左ひざの手術をする前で、手押車でぼくは出席した。そんな今井さんの会に出ないわけにいかないと、5月26日(土)・夕方6時からの「さよならの会」にかけつけた。

阿佐ヶ谷駅の南口の交番で、スタジオの場所を尋ねたら、「この突き当たりです」と、教えてくれた。早めに家を出たので、ぼくが一番乗りだった。料理やお酒を並べていた人が、どこかで見たことがある人だった。なんと弥彦村の「ロマンの泉美術館」で、「浅草の粋を見る会」を催したときに招いた、太鼓持ち(幇間ともいうが、宴会の席で芸などをして、客の遊びに興をそえる人のこと)の人だった。浅草に3人しか残っていない、貴重な七好さんという芸人だ。今井さんのスタジオを借りて、稽古をしていたのだという。二、三日前に弥彦温泉の「だいろく」という旅館に招かれて、帰ってきたばかりだそうだ。

50人ほどのお客さんだろうか。乾杯の音頭をぼくがとることになってしまったが、ぼくは最初で最後のお客ということだ。

亡くなった前妻の伊藤ミカが最初の新人公演の折、作曲を今井さんが担当してくれた。赤坂の日本短波放送のスタジオを借りて録音したのだが、今井さんが大きな太鼓などを使って、自ら演奏をして録音した。何度も何度もやり直しての録音で、徹夜になってしまった。明けがたに録音が終ったが、一時間いくらというスタジオ代がオーバーになると心配したが、気の毒だと思ったのか、係の人は超過分をまけてくれた。そんないい時代だったのだ。

今井さん、ぼくより年上だとずっと思っていたが、一つ年下だそうでびっくりしてしまった。髪の毛もふさふさしているし、ひげも立派だし、年をとらない不思議な人だ。スタジオがなくなってしまったら、若い人もこなくなるし、急に寂しくなるのではないだろうか。

はじめがあれば、終わりがあるというものの50年の歳月は、今井さんにとってスタジオの存在は、若さを保つ場所だったのでは……。

※写真上/古びた掲示板。もうポスターが貼られることはない。 写真下/パントマイムで一世を風靡したヨネヤマ・ママコさんと。彼女もこのスタジオから育っていった。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

●薔薇族自力復刊号・発売中! 


☆書店々頭での取扱いもスタートしました☆


◎中野プロードウェイ3F「タコシェ」
(http://www.tacoche.com/)


◎神田神保町すずらん通り「書肆アクセス」
(http://www.bekkoame.ne.jp/~much/access/shop/)


◎メンズショップ「BIGGYM(ビッグジム)」池袋店
〒171-0014 東京都豊島区池袋2-47-11和企画ビル2F
TEL/FAX03-3988-7853 営業時間11:00〜23:00


◎メンズショップ「BIGGYM(ビッグジム)」上野店
〒110-0015 東京都台東区東上野3-39-7マルヤビル202号
TEL/FAX03-3834-3008 営業時間11:00〜23:00


☆遠方の方は通信販売をご利用ください。通販には、以下の3つの方法がございます。お好きなものをお選びください。

①切手同封
・・・80円切手を13枚を、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛

②定額小為替
・・・郵便局で、1000円分の定額小為替(ていがくこがわせ)を購入し、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛
※なお、為替には何も書かないでください。お名前などを書かれてしまいますと換金が不可能となり、発送ができなくなってしまいます。
2-28-4

③郵便局から現金振込み
・・・郵便口座(記号/10100 番号/43045401 加入者名/イトウブンガク)へ1000円を振り込んだうえ、bungaku@barazoku.co.jp まで送付先の郵便番号・住所・氏名をお知らせください。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 結婚について考える | トップページ | いい男を求めての撮影苦労話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「スタジオ・アルス・ノーヴァ」の最初で最後の客:

« 結婚について考える | トップページ | いい男を求めての撮影苦労話 »