« 北沢川は子供たちの遊び場 | トップページ | 『薔薇族』のデジタル版ができたぞ! »

2007年8月26日 (日)

伊藤文學、「開運なんでも鑑定団」に登場!

12チャンネル、テレビ東京の人気番組「開運なんでも鑑定団」毎週火曜日の夜、855分から放映されていますが、見たことがありますか?

  島田紳助さんの軽妙な司会で、石坂浩二さんがサブを勤めている。視聴率もいいせいか、スポンサーもずらっと揃っている長寿番組だ。

  地方の各都市で開催する出張鑑定の会も、最初の頃は集まる人も少なかったが、今では大きな会場で、多くの人を集めて催している。

  本物だと信じこんで持ちこんできた、絵画や陶器などが、本人が何百万と値ぶみしたもののニセ物で数千円だったり、安物と思ったのにびっくりするような値段がついたりするところが面白い。

  骨董の趣味がなくても、画家がどんな人なのか、陶器だとどこで作られたものか、作家の経歴なども映像で解説してくれる、ある意味での教養番組とも言えよう。

  日曜日の午後1時から再放送もされているので、この時間に見ている人も多いようだ。

  この番組の中で「お宝売ります」というコーナーがある。じつはぼくが持っているお宝の写真と、お宝が売れたら何に、そのお金を使いたいのかを書いて番組に出したのだ。

  お宝は25年ほど前に、渋谷の西洋骨董店で買ったガレの大きな花びんだ。ガレの花びんに描かれる絵柄は、すべてといっていいほど植物や風景だ。しかし、ぼくが買い求めたガレの花びんはまったく違う。

  ガレは1904年に亡くなっていて、残された弟子たちが工房で製作を続けていた。それが1914年、第一次世界大戦が勃発して、ヨーロッパが戦場と化してしまった。

  戦争はすべての芸術や、文化を破滅に追いやってしまう。戦争になれば、ガレの作品など売れなくなるのは当然だ。ガレの工房は閉鎖されることになってしまった。この作品はフランスに侵略してきた、ドイツに対する怒りの作品だ。ドイツを象徴する王冠をかぶった鷲(わし)が、あざみの葉のトゲで首をさされ、断末魔の叫びをあげているという絵柄だ。

花びんの裏側には、戦火で焼かれた教会が描かれている。

  花びんの下の方には、大きく1914と第一次世界大戦の年号がきざみこまれている。

  日本人は平和ボケしてしまい、怒りを忘れてしまった。原爆を落とされたことが「しょうがない」なんていう大臣までいる始末だ。

  この花びんに描かれている激しいドイツに対する「怒り」の表現に、ぼくは強く心を打たれたのだ。こんな作品はザラにあるものではない。

  そんな作品を売らなければならないなんて、これまた情けない話だ。

  日本は景気がいいというけれど、それはほんの一部の人で、農家の人も、小売業の人もサラリーマンも、みんな困っている。みんなが困っているから、「お宝売ります」という手紙は山のようにきているそうだ。ぼくも手紙を出してから、1か月ほど経っても連絡が無いので、半分はボツになったのかと諦めていたところ、ディレクターの女性から電話がかかってきた。

  ディレクターがとりあげてくれたのは、『薔薇族』の知名度の高さだろう。廃刊に追い込まれ、三度目の正直で、やっと自力で復刊したものの56頁という貧弱さだ。これをもう少し充実した内容にしたいというぼくの願いを買ってくれたのだ。

  911日、ニューヨークのビルがテロにやられた日だ、その日に花びんが売りに出される。火曜日の夜、855分、12チャンネル、テレビ東京の「なんでも鑑定団」をぜひ、見てください。

, :..:* .. *, :. *, :・。.:.+ :.:.+ :..:* ...:* .. *, :・。.:.+ :..:* .. *, :・。.:.+ :. *, :. *, :..:* ...:* ..:.+ :.:.+ :

●薔薇族自力復刊号・発売中! 

書店々頭での取扱いもスタートしました

◎メンズショップ「BIGGYM(ビッグジム)」上野店〒110-0015 

東京都台東区東上野3-39-7

マルヤビル202TEL/FAX03-3834-3008 営業時間11:0023:00

◎メンズショップ「BIGGYM(ビッグジム)」池袋店〒171-0014 

東京都豊島区池袋2-47-11

和企画ビル2F TEL/FAX03-3988-7853 営業時間11:0023:00

◎新宿2丁目「ブックスローズ」 (http://www.books-rose.com/)〒160-0022 

東京都新宿区新宿2-14-11

TEL03-3352-7023 FAX03-3341-1240

◎神田神保町すずらん通り「書肆アクセス」(http://www.bekkoame.ne.jp/~much/access/shop/

◎中野プロードウェイ3F「タコシェ」(http://www.tacoche.com/

☆遠方の方は通信販売をご利用ください。通販には、以下の3つの方法がございます。お好きなものをお選びください。

①切手同封
・・・80円切手を13枚を、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛

②定額小為替
・・・郵便局で、1000円分の定額小為替(ていがくこがわせ)を購入し、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛
※なお、為替には何も書かないでください。お名前などを書かれてしまいますと換金が不可能となり、発送ができなくなってしまいます。
③郵便局から現金振込み
・・・郵便口座(記号/10100 番号/43045401 加入者名/イトウブンガク)へ1000円を振り込んだうえ、bungaku@barazoku.co.jp まで送付先の郵便番号・住所・氏名をお知らせください。

, :..:* .. *, :. *, :・。.:.+ :.:.+ :..:* ...:* .. *, :・。.:.+ :..:* .. *, :・。.:.+ :. *, :. *, :..:* ...:* ..:.+ :.:.+ :

|

« 北沢川は子供たちの遊び場 | トップページ | 『薔薇族』のデジタル版ができたぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/16201003

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤文學、「開運なんでも鑑定団」に登場!:

» 9月11日「開運! なんでも鑑定団」で伊藤文學氏in邪宗門 [森茉莉街道をゆく(+長谷川時雨)]
28日付記事の『森茉莉かぶれ』については 森茉莉雑記帖 ─ 森茉莉とその周辺雑記─:手紙で伝える森茉莉─『森茉莉かぶれ』 - livedoor Blog(ブログ) ↑で新著について紹介。早川さん版「森娘」的な本と私は解釈したのですが。 写真掲載点数が多く、初出の写真もある...... [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 21時37分

» 薔薇族は生きている040●緊急NEWS!「開運!なんでも鑑定団」に伊藤文学さん出演。放送は9月11日 [フツーに生きてるGAYの日常]
 9月11日(火)20:54から放送のテレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」に、なんと文学さんが出演してお宝を売ります!。しかも薔薇族の製作資金を稼ぐために、とっても大事なお宝を〜っ!(涙)。  ふつう、文学さん... [続きを読む]

受信: 2007年9月11日 (火) 21時30分

« 北沢川は子供たちの遊び場 | トップページ | 『薔薇族』のデジタル版ができたぞ! »