« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

古いゲイ雑誌『同好』を読んで思うこと

Img312

『薔薇族』が創刊されたのは、1971年(昭和46年)のことだ。その10年以上も前に、会員制でゲイ雑誌を出していた人がいた。

  東京では『アドニス』。大阪では『同好』という誌名で。『同好』は毛利晴一さんというカリスマ的存在の方で、会員に面倒見のいい親分的感じの人だったようだ。

  ご自分でも書いておられるが、「私は過去に政治結社を作ったこともあります。そして右翼運動をやりました。特に挺身行動隊の副隊長までやったことがあります。

  戦時中にみんなが恐れていた、憲兵とわたり合ったこともあり、私の身辺に警察の特高が付きまとったこともありました。私は何時も平気でした。しかも、この私のやっていた運動は、一片の私利私欲もなかった。それにもかかわらず、あれだけの熱意を持って良くやったものだと、思い出してわれながら感心しています。」

  こういう太っ腹の人だから、一時は千人を越す会員がいて、毛利さんの事務所を訪れ、信頼されていたようだ。

『アドニス』も最後は警察の手入れを受けて、廃刊に追い込まれてしまったようだが、その原因はよく分からない。恐らくは誰かが密告したに違いない。

『同好』の3031の合併号、巻頭に毛利さんは「受難の16日間」と題して、留置場暮らしのいきさつを書いている。この雑誌には奥付がないので、発行年月日は分からない。

213日、早朝7時頃、寝室のドアをコンコンとノックする音がしたので、「どなたですか?」と、ベッドからとび起きた。とたんにひとりの男が、すっと入ってきて警察手帳を突き出した。

  カギを取って事務所に入ろうとしたら、廊下の外には、10人ほどの私服の警察官がきていた。

  私室も部屋も隅々のものまで、すべて押収して、ジープ一台分の書類とともに、私にも同行を求められました。

  それから16日間、冷えこんだ板張りの留置場の中で、薄い5枚の毛布をもらって、殺人犯や、暴力犯や、放火犯や、窃盗犯人と一緒に過ごした。

  その翌日から取り調べを受けたが、どうも警察のにらんでいた点と、私の方針と大分開きがあることが分かってきたようだ。

  少年をどういう方法で探してくるのかとか、モデルはどこで探してきて、どのくらいの金を払ったのかということを聞かれた。

  警察はあやしげな会だと思って手入れをしたものの案外そうでもない。割合まじめな会で警察は拍子抜けしたようだ。

  結論は今まで発行した会誌の内容にワイセツな部分があったということと、写真を会員に売ったという二点にしぼられた。」

  なぜ、警察が手入れをしたのかの原因を毛利さんはこう記している。

「会員の家族の不和が、奥さんからの投書となって、警察本部へどんどん送られたことと、会員が写真を持っていて、他の関係で警官に見られ、それを当会で購入したと言ったりしたことが導火線であり、それに警察も他にあるような、美少年と紳士の会のように、少年をアルバイトで雇って売物にしているような会と同じように判断されて、今回の一斉手入れになったものと思う。」と。

  この事件、恐らく起訴されなかったのでは。されたとしても略式裁判で罰金ですんだだろう。

  会も軌道に乗って収支がやっと、とんとんになってきた矢先だったようで、会員の多くが参考人に呼ばれたりしたものだから、恐れをなして会員が減ってしまったようだ。

  毛利さんが一番心配したことは、会員が留置中に呼び出されて、迷惑がかかったのではということだ。会員の方々の秘密は絶対に守ってくれるようにと、警察には強く要望していたようだ。

「留置場の中には殺人犯人も、窃盗犯人も、暴力犯の人間も、放火男もいました。それらの人たちとも親しく話し合いました。

  それらの人々も、やはり心のどこかに人間としての暖か味で、私は長かった16日間を健康も害せずに過ごしてこられたのだろうと、今は感謝している。

  私は釈放された翌日に、差入品を持って、その人たちと会ってきました。」

  文章の中からも、毛利さんの暖かい人間味が感じられるからこそ、あの時代に千人を越す会員を集められたのだろう。

「今回の事件について」と題して、多くの会員の投書が寄せられている。

「同好者よ立て! そしてスクラムを組んで胸を張って歩こう。ヘッドに載く毛利先生の今回の堂々たる態度を見よ。信念を聞け、今にして思えば先生を失うなら、われわれの前に幸福は訪れないであろう。」

「ぼくは言うてやった。警察がどんな目で見ようと、ぼくは毛利先生は立派な人だと尊敬している。現在までに私は自殺しようかとさえ思ったことがある。しかし、本会に入会してから気分も落着き、仕事にも励みがでてきました。」

  みんなが自分のことを異常だ、変態だと思いこんでいた時代、毛利さんという教祖的な存在が、多くのゲイの人たちの心をつかんでいたのだろう。

『同好』がどのくらい続いて、最後はどうなってしまったか不明だが、このような先達がいて、その後の『薔薇族』につながっていった。

  アメリカでも同じような時代に、ゲイバアが何度も警察の手入れを受けたことに反発して、石を投げ、団結して警察に対抗したが日本ではお上にはさからえないと、我慢を強いられてしまった。これは国民性の違いなのだろうか。

  今の世の中、ひどいことになっているけれど、みんな辛抱強く耐えている。これはいつまで続くのだろうか。我慢していて、いいものなのか。

★ご注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。

155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月27日 (火)

「偉大なる構想」は夢と消えた!

Img311_2

『同好』の事務局長、毛利晴一さん、「偉大なる構想」と題して、長々と夢を語っている。『同好』の会員には、いろんな職業の人がいるのだから、お互い助け合おうという。

「職業上の協力はなるべく生活必需物資をひとつ買うにしても、会員の店で買う。もちろん割引もしてもらって、買う人も売る人も、双方の利益が得られるようにする。

  現に大阪では、すでにこの方法に進んでいますが、会員の経営するゲイバアを繁盛させ、会員の旅館を大いに利用し、また会員の経営する洋品店で、物を買うといった具合に、会員の商売を中心に繁盛させるようにする。

  また失業している会員には、できるだけ就職の世話をしてあげる。グレかかっている少年がいたら、周囲から注意をして守ってあげる。

  さらに進んで出来れば職業教育をやることも考えられる。テレビタレントの養成所とか、バーテン養成所とか、いろいろと同好者の生態に合う仕事を教えこむことも。

  あれやこれやと思いをめぐらせば、いくらでもわれわれの伸びる道はあり、しかも明るい道だと思う。しかし、先ず何をやるにしても資金が第一だ。試みに千人の会員が、ひとり千円出してくれれば、百万円のお金が集り、これで小さい何かの店が一軒持てる。そしてその店の利益や、また次の出資によって、さらにまた一軒の店を造っていく。その従業員が全部同好者で、団結して経営すれば必ずや成績はあがると思う。

  こんな方法で数年後には大阪に立派なゲイの会館建設もと、これも夢物語ではないだろう。お医者さんに余暇の奉仕を願って、診療所の開設。技術屋さんの余暇の頭脳を動員して設計事務所の開設や、語学の達者な人たちに奉仕してもらって、翻訳業や、いろんな事業もできる。そしてその金で日本の六大都市にゲイ倶楽部を造って、一泊百円ぐらいで宿泊できるとしたら、全く無銭旅行も可能となり、ゲイの特権といった、ゲイ天国の実現もあえて不可能ではない。

  本会の目的は遠大にして、大きい理想目標を持っている。決して夢物語ではありません。一歩、一歩、手っ取り早いところから実現したいと思っている。」

  半世紀も前に、毛利さんという人、こんなすごいことを考えていたのかと思うと、驚かされてしまう。

  法人会という税務署の協力団体があって、地域の会社が入って活動している。ぼくも参加していて広報委員長をやっていたことがあった。お互いに協力し合っていこうというものだが、うまくはいかなかった。

  下北沢の南口で営業している居酒屋のご主人も役員をやっていたが、誰ひとり会員でお店にきてくれる人はいないと言う。しかし、創価学会の人たちは、お互い協力し合っているようだ。ぼくの女房が利用している美容院は学会の会員で、お客さんのほとんどは学会の人のようだ。

  さて、ゲイの世界はどうなのだろう。毛利さんの夢みたことは、まったくの夢物語だった。第一にこの『同好』が、数年後、警察の手入れを受け、会員が恐れをなし会員が激減してしまっている。また、こんなすばらしい雑誌の『同好』がなぜ消滅してしまったのだろうか。

  毛利さん、ゲイの雑誌を出しているのに、ゲイの人たちの本質を理解できなかったことが、消滅の原因ではなかろうか。ゲイの人って自己中心的な人が多く、他人のことなど考ない人が多い。自分のことしか考えない人が、団結をするわけがない。

  毛利さんの考えた夢物語が、半世紀経って実現したことって、ひとつでもあっただろうか。

『薔薇族』が3年前に廃刊になったとき、カンパを送ってくれた人は、たった一人だけだった。

  ぼくの著書、『薔薇を散らせはしまい』のあとがきに、パートナーの藤田竜君はこんなことを書いている。

「人を救った出版物は数知れずあろう。しかし、世に知られることなく、救われた当人も口にはしないものとして『薔薇族』はあり、これからもそうであろう」と。

  読者に何かを求めてはいけないのだ。『薔薇族』を読んでくれた人が、少しでも心が晴れてくれれば、それだけでいいのだから。

★ご注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。 

155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学 

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

『薔薇族』自力復刊、秋の号が出たぞ!

Img309

  今年の3月、自力で『薔薇族』を復刊することができました。「自力」というものの、ぼくには印刷代を捻出する資金がなく、最後の手段として、友人、知人にお願いしてカンパを求めました。

  世の中、変ってしまったとはいえ、まだまだひっそりと己の性癖をひた隠しにして、暮らしている人たちが多いのです。

  ネットをいじれる人はまだしも、ネットなど触ることができない高齢者には『薔薇族』が必要なのです。ところがネットを見れる人には復刊を知らせることができましたが、本当に『薔薇族』を必要とする人に知らせる方法がありません。

  書店に出ない雑誌で、直接、注文しなければならない雑誌ですから、これには頭を悩ましています。

  心ある友人、知人がカンパを寄せてくれてなんとか3号まで出し続けることができました。なかにはそんなに『薔薇族』を必要としているのなら、必要としている人たちにカンパをしてもらったら。なんの関係もないのにカンパを頼むなんて筋違いだと、手痛いことを言ってくる友人もいました。

  それでも春、夏と出してきて、本当に必要としている読者が少しずつ増えてきています。若いときに『薔薇族』を手にして、悩んでいて気持ちが楽になった記憶がある読者にとっては、『薔薇族』が存在しているだけで、心の支えになっているのです。

『薔薇族』2007年・秋の号。自力復刊してからの3号目が、少し増頁して出ました。

  世の中、変ったとはいえ、読者にとっては「結婚」の問題は、さけて通れない関所のようなものです。

  早く孫の顔を見たいと思う両親の思いは変らないでしょう。ぼくは創刊の頃から、読者の「結婚」の問題を誌上でとりあげてきました。いろいろと考えた末に、昭和56年頃「薔薇族と百合族のお見合い会」を開いたこともありました。これは男性ばかりが多数集って、女性はひとりもきてくれませんでした。

  本当なら愛する男同士が、法律的にも守られて結婚できるように、先進国のようになれば理想的ですが、今の日本ではまだまだ無理なのです。

  結婚する相手の女性に、自分の性癖を隠して結婚する。昔の人は隠し通せたでしょうが、今どきの読者には、それができず相手の女性を不幸にしてしまうケースが多い。それならばお互いに分かり合って結婚したらと、ぼくは提案したのですが。

  もう一度、結婚の問題を考え直してみようと、特集してみました。それとゲイビデオの創世記の話も興味深いものがあります。

  ぜひ、引き続き復刊、秋の号をご購読ください。

★ご注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。

155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 1日 (木)

世田谷区長・熊本哲之さんに直訴!

Photo

わが家のすぐそばに桜並木がある。淡島から環七までの約1キロに桜が植えられている。かつては川で、目黒川に合流していたが、川がどぶ川と化してしまったので、暗渠にして下水を流し、その上を緑道にしたのが、昭和47年頃だった。10年ほど前に世田谷区は、下水の水を再生して流し、せせらぎとして、少しずつ工事を進め、平成20年3月にすべての工事が完了する。

歌聖、斎藤茂吉は終戦後、代田八幡宮のそばに住んでいて、この桜並木を通って、わが家にもよく訪ねてきていた。不思議なことに円乗院の前に桜の木にはさまれて、なぜか柳の木が一本植えられていた。おそらく茂吉は、この柳の木を歌にしたに違いないと思っている。柳の木は何者かに丸坊主にされて枯れてしまった。

今、環七まで最後の工事が始った。ぼくは世田谷区長の熊本哲之さんに手紙を書いた。柳の木をまた植えてもらいたいことと、そのそばに茂吉の柳の木を歌った歌碑を造りたいということをお願いした。まさか手紙を区長が読んでくれるとは思わなかったが、すぐに手紙を読んでくれたようで、教育委員会の部長から連絡があった。そして柳の木を植えてくれることになり、歌碑の建設にも協力してくれるとのことだ。歌碑建設の想いを綴った文章を「代田川・せせらぎ物語」の小冊子の中に書いているので、ご紹介する。

「歌聖とも呼ばれた斎藤茂吉に会ったことがあるということをぼくは自慢にしている。山形の疎開先から、長男の茂太さんが神経科の診療所を開いていた、代田の家に茂吉夫婦が帰京してきたのは、昭和二十二年の十一月のことだ。その頃、ぼくの父、祷一は第一書房時代の仲間だった、斉藤春雄さんが戦後いち早く斉藤書店を興こしたのを手伝っていた。父は斎藤茂吉に近づきたいために、茂吉が主宰する「アララギ」の会員になって、短歌を作歌していた。

斉藤書店で茂吉の『童馬漫語』『童牛漫語』を出版することになり、父が手がけていた。丁度、代田川を下ってくる途中の高台に斉藤書店の自宅兼事務所があったので、そこにも寄り、ちょっと足をのばして、代沢小学校の前の伊藤の家をしばしば茂吉は訪れている。その頃、ぼくは世田谷学園の二年生だった。風呂敷に包んだ校正刷りを持ち帰るのが重そうだったので、父が風呂敷を持って、家まで送りなさいとぼくに言いつけた。茂吉は六十代だったと思うが、腰は曲がり、今の六十代とは違って、いかにも老人という感じだった。地下足袋をはいて、歩くのもよたよたしている。ただ、眼光だけはするどかった。茂吉の家まで送っていったが、何をしゃべったのか、まったく覚えていない。

父が留守のときに茂吉が訪ねてきたことがあった。丁度、そのときぼくの姉は腹痛で寝込んでいたので、母は茂吉が医者だということを知っていたので、茂吉に診てくださいとお願いした。茂吉は気軽に上がりこんで、お腹をさすったりして診てくれたが、よくわからなかったようだ。姉は盲腸炎で腹痛をおこして、下北沢の伊達外科に入院してしまった。神経科のお医者さんで現役から遠ざかっていた茂吉が、気軽に診てくれたなんて、今考えると診てくれと頼んだ母も母だが、診てくれた茂吉って面白い人だ。この茂吉が代田川を歌った、

代田川の ほとりにわれを いこはしむ 柳の花も ほほけそめつつ (歌集『つきかげ』より)

この茂吉の残した歌の歌碑を造りたいというのが、ぼくの長い間の念願でもある」

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

●自力復刊『薔薇族』 1号(春号)・2号(夏号)、そして10月下旬刊行の最新3号(秋号)発売中! 

・・・通販には、以下の3つの方法がございます。お好きなものをお選びください。

①切手同封
・・・80円切手を13枚を、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛

②定額小為替
・・・郵便局で、1000円分の定額小為替(ていがくこがわせ)を購入し、送付先の郵便番号・住所・氏名を書いた紙と共に下記までご郵送ください。
★送り先=〒155-0032 

東京都世田谷区代沢2-28-4-206

 第二書房 伊藤文学 宛
※なお、為替には何も書かないでください。お名前などを書かれてしまいますと換金が不可能となり、発送ができなくなってしまいます。
谷区代沢2-28-4

③郵便局から現金振込み
・・・郵便口座(記号/10100 番号/43045401 加入者名/イトウブンガク)へ1000円を振り込んだうえ、bungaku@barazoku.co.jp まで送付先の郵便番号・住所・氏名をお知らせください。

, :・.☆.・:* ∴.. *, :・. *, :・。.・:.+ :。.・:.+ :..・:* ∴...・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :..・:* ∴.. *, :・。.・:.+ :. *, :・. *, :・..・:* ∴...・:* ∴.。.・:.+ :。.・:.+ :。

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »