« 同性愛者の先達の思いは? | トップページ | 昨日の敵は今日の友 »

2007年12月 3日 (月)

「ラブオイル」発売してから25年も!

「ラブオイル」発売してから25年も!

「ぬるぬるしよう、今夜から」と、愛の潤滑液「ラブオイル」をわが社で発売してから、なんと25年の歳月が流れていた。

  ついこの間のことだと思ったけれど。「こんなもの売れませんか?」とサンプルを持って訪ねてきた人がいました。

  その頃はぼくも若かった。その晩、風呂に入ったとき、早速、指にたっぷりとつけてしごいてみました。なんと、なんと、その快感、あっという間に昇天してしまった。

  学生時代にマスターベーションを覚えてしまって、日夜、励んでしまいました。石鹸をつけたり、つばをつけたりしても、後がヒリヒリして痛い。そんな想い出が残っている。

  これは読者によろこばれるぞと、そのとき確信しました。そして愛の潤滑液「ラブオイル」というネーミングを考えました。そしてケースのデザインを嵐万作さんに依頼したのだ。

  嵐万作さんは小説も書くし、絵も書くし、デザインもするという器用な人でした。赤い箱のデザインは目立つし、ハートマークは店頭に置いてあっても、手にとってみたくなるような素晴らしいデザインだ。

  ぼくも赤い箱を見ると、へんにムラムラしてマスターベーションをしたくなってきたものだ。13年ぐらい前だったでしょうか。井澤満さんの脚本で、初めてお茶の間に同性愛をテーマにした日本テレビのドラマ「同窓会」。

  このドラマが大評判で、この放映時間、新宿2丁目の通りから、人がいなくなってしまったくらい。

  主役が高嶋政宏さん。ドラマの中でポルノショップで買ってきた「ラブオイル」を水戸黄門の印籠のように、手にかざしてアップにしてくれたのだ。

  これがきっかけで、2丁目のポルノショップで、月に千本も売れたのだ。今でも全国の有名ゲイホテルや、ポルノショップでコンスタントに売れている。

  25年間、一度も使用者からのクレームがつくことはなかったくらい、多くの人から愛されてきた「ラブオイル」は、これからも愛され続けていくだろう。

  こんな馬鹿、馬鹿しいようなものだけど、こんなに必要で、ありがたい商品はないだろう。まだまだHIVの患者は増え続けている。セックスの時にはコンドームをつけなければ。そのためにはどうしても「ラブオイル」が必要なのだ。

  すでに何万人もの人に愛された「ラブオイル」。ぜひ、一度使ってみてください。

★お申込みは 〒155-0032東京都世田谷区代沢5-31-8-501 (有)フェスターエンタープライズへ。千円の小為替を郵便局で作ってもらってお送りください。(送料は含まれています)

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。 

155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学 

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 同性愛者の先達の思いは? | トップページ | 昨日の敵は今日の友 »

コメント

I opine that to receive the personal loans from creditors you should have a great motivation. But, one time I have received a commercial loan, just because I was willing to buy a car.

投稿: RosarioRosie | 2012年3月16日 (金) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/17205373

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラブオイル」発売してから25年も!:

» コンドーム所持なら売春婦として逮捕!? [くろみゆの楽Tube]
お隣の国の中国では、コンドームを所持する女性は 売春婦 と見なされ、 これまで逮捕されていたのですが、エイズ予防の取組みの一環として、 今後この逮捕をやめる意向が明らかにされました。 中国では以前からコンドームを携帯することは 売春婦 の証拠とされており、 これにより売春容疑で強制労働収容所に送られるケースもあるそうです。 コンドームを所持するだけで犯罪者扱いということは、 日本でいうところの覚せい剤や大麻と同じということかしら!? 今後は逮捕されないということは、 コン... [続きを読む]

受信: 2007年12月 4日 (火) 01時49分

« 同性愛者の先達の思いは? | トップページ | 昨日の敵は今日の友 »