« 戦後、アメリカに渡った少年たちは幸せになっただろうか? | トップページ | 銀座の喫茶店「薔薇屋」も更地になっていた! »

2007年12月27日 (木)

バスケットボール選手の高校生の悩みは?

Img332

『薔薇族』を創刊して36年。いつの時代にもいろんな読者から、何度も何度も電話をかけてくる人がいて悩まされたものだ。

  75歳のぼくだが、ぼくの声にほれこんで電話をかけてくる、鹿児島の男性もいた。

  これにはかなり悩まされたが、やっと諦めたようで、最近はかかってこなくなってやれやれというところ。ぼくは読者からのどんな電話でも、ガチャッと切ったりはしない。

  最近は関西に住む、高校二年生のバスケットボール選手から、夜11時過ぎる頃になると電話がかかってくる。

  この少年、マスターベーションのことで相談にのってほしいとの電話だった。地方に住んでいれば、なかなか相手がみつからず悩んでいる人が多いが、この少年、同じバスケットクラブの仲間と、部室でふざけあっていて、お互いにオチンチンをしごき合う仲になったそうだ。

  二人とも自分の子供部屋を持っているから、友だちの部屋で楽しんでいる。しかし、親にみつかる心配もあるから、そう派手にできない。

  中学三年のときに、母親が近所の大学生を家庭教師にと連れてきた。ところがその大学生がゲイだったので、すぐに犯されてしまった。今度は大学生の住む家に通うようになる。

  男同士のセックスは、どうしたってエスカレートしていく。肛門性交までさせられてしまう。友だち同士のセックス。大学生とのセックス。それを続けているのに、ひとりになると、手が自然にあそこに。

  バスケットボールの選手で、身体を鍛えているから、毎日、マスターベーションをしても、どうということはないそうだ。

  最近、大学生から電話でのお呼びがないので、心配してぼくに高校生から電話がかかってきた。大学生の心境に変化があったのか、直接訪ねてみて確かめてみたらと、アドバイスした。ほっておいたら、二人の仲がそれっきりになってしまうからと。

  少年は大学生を訪ねたようだ。大学生は夜、近所のコンビニにアルバイトに通っているので、会えないのだということが分かって安心したようだ。

  少年が自宅のトイレで、マスターベーションをしているところを父親に見られてしまったそうだ。ぼくも長男が高校生の頃ベッドでマスターベーションをしているところを見てしまったことがあったが、それをとがめたりはしなかった。「君のお父さんも何にも言わないと思うよ」と、ぼくは答えたが、少年の父親も何も言わなかったようだ。

  少年はクラブの友人と励んでいるのに、ひとりでも毎日。すごい精力だが、いつまで続くことやら。深夜の少年からの電話もまだまだ続くことだろう。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。 

155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学 

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031

東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 戦後、アメリカに渡った少年たちは幸せになっただろうか? | トップページ | 銀座の喫茶店「薔薇屋」も更地になっていた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/17452877

この記事へのトラックバック一覧です: バスケットボール選手の高校生の悩みは?:

» 今日のアナニー071212(「精飲」もね) [ゲイではないがアナルは感じる人の日記]
今日も風呂場でズコズコしちゃいました。 気分が高まったこともあって、「精飲」に挑戦! 口に含んで、口元からタラリと垂れる精液を鏡で見てみました。 自分の精液は、ちょっと甘め(?)で、ぷるんぷるんしてました。 でも、そこで醒めてしまって「ゴックン」... [続きを読む]

受信: 2007年12月28日 (金) 22時00分

« 戦後、アメリカに渡った少年たちは幸せになっただろうか? | トップページ | 銀座の喫茶店「薔薇屋」も更地になっていた! »