« 「ブックスローズ」の灯を消すな! | トップページ | 350万円もするガレーの花びんを買っていたときよりも、700円均一の古着を買っている楽しさ! »

2008年2月29日 (金)

毎日の記者が、朝日の記者をほめる!

Img344

「毎日新聞」の編集委員の鈴木琢磨さんが、ライバル紙の「朝日新聞」の社会部の記者、小泉信一さんのことをほめたエッセイが、「毎日新聞」の夕刊に載った。

  小泉信一さん、何年か前に新宿2丁目を連載で記事にしたとき、『薔薇族』とぼくのことをとり上げてくれたときに知り合った。

  朝日の記者というと、上品でスーツを着こなした人のように思うが、小泉さんはからだがでっかくて、鈴木さんが北朝鮮の金正男(キムジョンナム)に似た男と書いているが、無頼派というべき人だった。

  それ以来、お付き合いが続いていたが、自ら志願して日本最北の地、北海道の稚内支局長として赴任することになってしまった。

  浅草の「神谷バア」で盛大なお別れ会が開かれた。ぼくら夫婦も参加したが、キャバレー太郎さんや、浅草の芸人さん、浅草を愛して路地裏の居酒屋を呑み歩いていた、小泉さんと親交のある、多士済済の人たちが集って盛り上がった。

  そのときくじ引きがあって、頂いた壁掛けのかわいい時計。キティちゃんが左右に首をふって時を刻んでいて、一時間ごとに変わったメロディが流れる。

  いつもこの時計を眺めているから、小泉さんのことは、ぼくの頭から離れない。

  志願して稚内に行ってしまうぐらいだから、小泉さんは独身だとばかり思っていたら、奥さんや子供を東京に残しての単身赴任だった。

  それが子供さんに不幸があって、東京に戻ってくることになってしまい、その上、小泉さん自身もペンを持てなくなってしまったようだ。豪放磊落の人のように見えたが、神経が繊細な人だったのだろうか。

  励ましの手紙を出したが、返事もなかったので心配していたが、212日(火)の「毎日新聞」の夕刊の「今夜も赤ちょうちん」と題するエッセイに、小泉さんの近況が書いてあるので、びっくりもしたし、安心もした。

「(小泉信一)。朝日を読んでいて、面白いと思ったら、この署名がある。川崎大師そばで育った朝日らしからぬ記者。著書に「東京下町」(創森社)にルポライターの鎌田慧さんが〈路地裏を通り抜ける春風のよう〉と賛辞を寄せた。そんなライバル紙記者から「いつも読んでいます。飲みませんか」と誘いのメール。」

  小泉さんと鈴木さんは千束の居酒屋で飲んだようだ。今は小泉さん、読者の投稿欄「声」を担当している。

「つい先日の朝日に署名を見つけた。浅草のコメディアン夫婦の泣かせるドラマ。いつもの小泉節だった。」と毎日の記者、鈴木さんはしめくくっている。

  ぼくはその記事を見逃してしまったが、小泉さん、元気になってまた、あまり陽の目を見ない路地裏で、たくましく生きている庶民の生きざまを、小泉節で記事を書き続けてくれるに違いない。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。

155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

|

« 「ブックスローズ」の灯を消すな! | トップページ | 350万円もするガレーの花びんを買っていたときよりも、700円均一の古着を買っている楽しさ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/40313065

この記事へのトラックバック一覧です: 毎日の記者が、朝日の記者をほめる!:

« 「ブックスローズ」の灯を消すな! | トップページ | 350万円もするガレーの花びんを買っていたときよりも、700円均一の古着を買っている楽しさ! »