« 「児童ポルノ持てば処罰」どうする少年愛者たち! | トップページ | ルネさんがこの世にいないなんて! »

2008年3月27日 (木)

山川純一君の劇画から想を得て人形を!

Dsc01017 Dsc01024

  224日に東京・有明で開催された「ワンダーフェスティバル2008Winter

  その日は全国的に豪雪、強風という悪天候にもかかわらず、入場者数は過去最高の45158人をかぞえ、大盛況のうちに幕を閉じたそうだ。

  ぼくにも招待状が届けられていたが、行けなかった。どんな人が会場を訪れ、どんなものが並べられ売られるのか、まったく想像がつかないが、入場者の数を聞いただけでもその熱気が伝わってくるようだ。

  横浜に住むKさんという方が、山川純一君の劇画(昭和621月発行・バラコミ・創刊2号)に掲載された「くそみそテクニック」から想を得て、立体化して人形にし、その作品を展示販売したのだ。題して「やらないか」で白いベンチに座り、水色のつなぎを着た若者は筋肉隆々の胸をはだけ、足を広げ挑発的なポーズをとっている。

  なかなか魅力的に作られているから、山川純一ファンにとっては、自分の手許に置きたい願望にとらわれるのは当然のことだろう。かなりの数が売れたようだ。

  手作りなのだから、一体を作るのにどれだけの時間を要するのかは分からないが、山川純一君の作品を愛するからこそ作れたのだろう。

  一体を3千円で販売したようだが、労力から言ったらとっても採算がとれるわけがない。

「くそみそテクニック」の内容を紹介すると、

「う・・・・トイレ、トイレ。今、トイレを求めて全力疾走している僕は、予備校に通う、ごく一般的な男の子。強いて違うところをあげるとすれば、男に興味があるってとこかな。

  名前は道下正樹。

  ふと見ると、ベンチに一人の若い男が座っていた。

  ウホッ!いい男!

  そう思っていると、突然、その男は僕の見ている前で、ツナギのホックをはずしはじめたのだ!

  やらないか。

  そういえば、この公園はハッテン場のトイレがあることで有名なところだった。

  イイ男に弱い僕は誘われるままに、ホイホイとトイレについて行っちゃったのだ。」

  なるほど横浜のK君は、このくだりからイメージをふくらませて、人形を作ったに違いない。

  白いベンチに座っている青年。こんないい男に「やらないか!」って声をかけられたらクラクラしてしまうぐらい。立体的になるとまたイメージがふくらんでくる。

  この劇画のタイトルは「くそみそテクニック」。トイレの中でどんなことに二人がなったのかは、想像におまかせしよう。

  きっと誰もがこの人形を欲しくなるに違いない。まだ在庫があるのか、販売することができるのか、これから聞いてみようと思っている。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 「児童ポルノ持てば処罰」どうする少年愛者たち! | トップページ | ルネさんがこの世にいないなんて! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/40557137

この記事へのトラックバック一覧です: 山川純一君の劇画から想を得て人形を!:

« 「児童ポルノ持てば処罰」どうする少年愛者たち! | トップページ | ルネさんがこの世にいないなんて! »