« 損をするのは弱い立場の人だけか! | トップページ | 若いご主人の古本屋が増えてきた! »

2008年3月 6日 (木)

貧しいということは悲しい話です!

「夜、1時半になると消灯のベルが鳴ります。すると表面は雨戸等を閉めて、店を閉めたという形にはしますが、本当は朝になるまで、それこそ百鬼夜行のありさまなのです。

  冬の寒中などは、腰から下はすっかり冷えきって、ほとんど感覚もない位になってしまうのです。ですから朝9時に起きることが寝坊ということにはなりません。

  女郎衆だと4時頃までは寝ているのですが、私どもは9時に起きたら掃除やら、ご飯炊きやら、おさんどんと同じことをしなければなりません。それも自分の洗濯物でもしようものなら、水道がいるからといって大目玉です。それこそ肌着一枚でも、みんな洗濯屋に出すのですから、なんだかんだと借金は増す一方という仕組みになっているのです。

  外に出たくてたまらないものですが、それがちょっと隅田公園まで行くにしても、1時間10円ぐらいのお出銭をとられるのですから、それにはお土産の一つも持って帰らねば不桟嫌だししますから、全く可哀想なものなんです。

  おさんどんがすむと町の銭湯へ行きます。私どもにとっては湯ぶねに浸かって、互いに太平楽とでもいっているときほど、のんびりするときはありませんが、考えてみれば銭湯は素人さんも入りにくるのですから、私どもがさんざん汚した後に入るということは危ないことです。

  消毒なんていうことを気にかけているのは、なれないはじめのうちだけで、病気(性病)を持たないお客なんて滅多にくるものではありません。どんなに用心したって花柳病にかかるということを知ってはいますが、ブリキ製の容器に入れた冷たい薬液で、一晩に10回も15回も、そのたびに無益だと知りつつ消毒する気にはなれません。

  それよりもどうせ明日は風呂に入るんだからということになってしまうので、風呂は素人さんたちにとって本当に危険な所だと思うのです。

  性病にかかったら入院ということもありますが、入院すれば借金が増えるから、女の方も、主人も嫌がります。それに小さい病院だからあまり入院すると、組合も困るから、そこは手加減するようです。

  私どもには委しいことは判りません。たいていの女は町の医者に月極10円ぐらいで通っていて、毎日、洗滌しています。ですから検査という前に、この医者の所に行くのです。するとたいてい合格なんです。

  とにかく病気を持たない女なんかはいないので、梅毒性の痔漏でジクジク汁が出ていて穴があいていたって、ただ絆そうこうを貼ったぐらいで平気で性をしているのですから、恐ろしい話です。

  風呂から歸って食事をするのが、1時でこれが朝飯ということです。それから6時ごろに昼飯の分を食べて、食事は2回きりです。

  1時頃、食事がすんだら、もう明け方の4時まで、浅間しいといいますか、毎日、毎日、死んだ方がましだと思いつめながら、稼ぐ苦労はとてもお話になりません。」

  これらの女性が初めて、男と寝ることを強要された年齢は、最低年齢が12歳。最高が30歳。平均が17歳。

  なんにも悪いことをしたわけでないのに、親が貧しくて売られた女たち。貧しいということは悲しい話ではある。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。 

155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学 

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 損をするのは弱い立場の人だけか! | トップページ | 若いご主人の古本屋が増えてきた! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/40371993

この記事へのトラックバック一覧です: 貧しいということは悲しい話です!:

« 損をするのは弱い立場の人だけか! | トップページ | 若いご主人の古本屋が増えてきた! »