« いのちの尊さを世の人に! | トップページ | 母校、駒澤大学を訪ねる »

2008年4月27日 (日)

先人の苦労を忘れてはいけない!

A3

『アドニス』(会員制で昭和279月創刊・『人間探求』の編集にたずさわっていた、上月竜之介の手によって創刊された。)の50号に上月竜之介さんが、「アドニス創刊の思い出」を寄稿している。

「『アドニス』がもう50号になるという。田中さん(二代目)から、記念号に創刊当時の思い出を書くようにというお手紙をいただいて、正直なところよく続いてきたものだと思う。創刊号の奥付を見ると、発行は昭和279月となっているから、足かけ8年続いたわけだ。

  当時『人間探求』の編集にたずさわっていた私が、この会誌を出そうと思い立ったとき、別に成算もなかったし、ましてこれがこれほど長続きしようとは考えもしなかった。しかし類を見ないこの会誌の刊行には人一倍情熱は感じていた。

  社内でも賛否こもごもであったが、私のわがままとして、とにかく出してみることにふみきれたのは、よき協力者の助言と援助があったからである。それらの方々も、最近では誌上で名前を見ることがなくなったのは、いささかさびしい。

  そういう私自身、田中さんに編集をゆだねて以来、次第に遠ざかる結果になったのは、いろいろの個人的理由によるとはいえ、会員の方々にも申訳けないと思う。しかし、私としてはただこの会誌を出すことによって、同性愛の悩みをもつ人たちに、いくらかでも生きる勇気を与え得ればよいのだと思っていた。そして、その望みは田中さんによって、もはや立派に果されたのだ。

  会誌を出そうと思うようになった直接の動機は、ひんぱんに舞いこむ同性愛者の孤独を訴える投書であった。

  私はまずこの計画を伏見さんと原比露志さんに相談した。おふたりともかねてから同性愛者には同情的であったからだ。計画をすすめるには主として伏見さんと私が当った。『アドニス』という名も、会員募集広告の文案も、伏見さんと私が相談してきめた。(中略)

  とにかく『人間探求』誌上に「アドニス会」の誕生を発表したのである。

  だが反響は意外と大きかった。問合せや、申込みの手紙が毎日のように全国から届いた。沖縄の17歳の少年から入会申込みが来たりした。電話の問合せは無論、中には直接社へ訪ねてくる人もあった。

  こうして申込みは次第にふえていった。しかし、もともと社からは金はだしてくれない。広告を出してくれるだけである。だから会員の申込みが一定数に達するまで、会員の申込みが一定数に達しないときは、会費を返して謝るつもりでいた。

  それでも、どうにか会誌がつくれるだけの会費が集まった。あとは会誌の編集である。(後略)」

『人間探求』という雑誌にときどき同性愛に関する記事が載っていた。その頃の同性愛者たちは自らも異常で、変態だと思っていたのだから、『人間探求』に同性愛に関する記事が載ったりすれば、とびつくように買い求めたに違いない。

  ましてや同性愛の雑誌が出るということを知れば、わらにもすがる思いで入会を申しこんだのだろう。

  上月竜之介さんは『人間探求』を発行している探求社の社員であって、社長ではないので、『人間探求』と同じように、『アドニス』を一般誌として発行するだけの力はなかったのか。

  しかし、この時代に会員制で小部数の雑誌とはいえ、『アドニス』を発行した意義は大きい。それが『薔薇族』への創刊につながっていったのだろう。

  先人の苦労を忘れてはいけないのだ。

★『薔薇族』ご注文方法・〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206・伊藤文学宛に千円札を紙にくるんでお送り下さい。先着10名さまに刈谷市美術館での招待券を進呈します。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« いのちの尊さを世の人に! | トップページ | 母校、駒澤大学を訪ねる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/40979676

この記事へのトラックバック一覧です: 先人の苦労を忘れてはいけない!:

« いのちの尊さを世の人に! | トップページ | 母校、駒澤大学を訪ねる »