« 日本の経済はゲイ・マネーが支える? | トップページ | 「クミコ」を応援し続けたい! »

2008年5月20日 (火)

「平成万葉集」に作品を応募しよう!

Img372

  2008420日(日)の「読売新聞」に「平成万葉集」6月作品募集開始という記事が、2頁に渡って載った。

  選考委員対談、中西進さんと檀ふみさんが語っている。中西進さんは東大国文科卒で1929年生まれ。万葉集研究の権威で、現在は奈良県立万葉文化館の館長を勤めている方だ。

  中西さんのカラー写真が載っているが、ぼくよりも年上だというのに、髪の毛もフサフサしているし、体形も学生時代とまったく変らずで、お若いのには驚かされる。

  昭和25年頃、東大の三四郎池のほとりに建つ山上会議所で、各大学の短歌愛好者が集まったことがあった。

  それから「大学歌人会」と称して、歌会を開くことになった。その歌会の席上で、東大生だった中西進さんとも出会うことができた。

  駒澤大学からは、ぼくひとりが参加していたが、その頃の駒大は三流大学で、学帽をかぶって渋谷の街を歩くにもひけめがあった。

  中西さんは、その頃から大人の風格があり、そばにも寄れない存在だった。その中西さんが、ぼくの作品をべたほめしてくれたときは、本当にうれしくて自信が湧いてきた。

  豆歌集を教育大の相沢一好君と出版して、ぼくは「渦」と名付け、相沢君は「夜のうた」だった。そのぼくの歌集「渦」に中西さんが序文を書いてくれたではないか。

  手許に「渦」がないので、中西さんが書いてくれた序文を紹介できないのは残念だが、やたらと難しい文章で、なんのことだか分からなかった。

  この歌集をなんと中西さんも東大で教わったであろう、万葉集研究の権威、久松潜一さんにも歌集を送っていて、丁重な返事を頂いている。

  中西さんは東大を卒業されて、都立の富士高校の先生になられたが、教え子と結婚され、子供さんも3人ぐらいいて、万葉集からとった名前をつけていた。

  ぼくが久美子と結婚したとき、仲人を中西夫妻が引き受けてくれた。

  中西さんがぼくの歌をほめてくれたひとことが、ぼくの人生を変えたかも知れない。そのほめてくれたひとことが、後々のぼくに勇気と希望をあたえてくれた。

Img370 Img371

  昭和の時代にも講談社から「新万葉集」が刊行されたが、確かにぼくの作品も2首載っている。偶然だったが講談社の「新万葉集」にたずさわっていた編集者が、駒大の後輩だったので、おなさけで選んでくれたのかも。

  平成の「新万葉集」は中西さんも選考委員の一人になっているので、ぜひ、ぼくも応募して、平成の息吹きを歌った歌を作って、後世に名を残したいものだ。

  中西さんは対談のなかでこんなことを語っている。

「やっぱり、発見する、感動するのが歌の中心です。万葉集の歌は万葉の人たちが心に思ったことをそのまま歌にした。複雑な気持ちを込めていない。心に感動がそのまま飛び込んでくるはずです。」

  中西さん、いいことを言ってくれている。短歌もそうだし、文章も同じことだと思う。

  みなさんもぜひ、応募されたらいかが。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 日本の経済はゲイ・マネーが支える? | トップページ | 「クミコ」を応援し続けたい! »

コメント

万葉集に付いて書いています。
良かったらリンクをお願いします。
当方からはリンクを作成しました。
よろしくお願いします。

投稿: いつもの人 | 2008年6月22日 (日) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/41247112

この記事へのトラックバック一覧です: 「平成万葉集」に作品を応募しよう!:

« 日本の経済はゲイ・マネーが支える? | トップページ | 「クミコ」を応援し続けたい! »