« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月25日 (水)

お奉行さまに訴えて自由の身に

―『娼妓解放哀話』から祖父の足跡をたどる―

Dsc00117

  ここに一冊の古い本がある。ぼくにとって宝物であり、人さまに誇っていい本だ。著者は沖野岩三郎さん。書名は『娼妓解放哀話』。昭和5年6月10日発行、中央公論社刊・定価は壹圓弐拾銭。

  1998年1月27日、上田・ほその書店という古書店から、8925円で購入したものだ。

  ぼくの生まれが昭和7年で、76歳だから78年前の本だ。序文にこんなことが記されている。

「日本民権史の一部として、娼妓自廃の歴史を書いてみたいと思い出したのは、もう10年も以前のことで、亡くなられた伊藤冨士雄君(ぼくの祖父で、大正12年6月2日、享年53歳)が、私を三田四国町、惟一館に訪ねてこられたときからである。

  伊藤冨士雄君は、救世軍士官として娼妓の自由廃業に一身を捧げた闘士であった。同君は凡そ一千二百名の娼妓から、自由廃業の相談を受け、その中の九百八十七名を完全に廃業せしめたのである。

  昭和5年1月から4月までの中央公論に、私は『娼妓自廃九百八十七人』と題して、伊藤君から聞いた自廃娼妓の境遇や、エピソードを読物風に書いた。ところがこの読物は意外に反響があったので、これをまとめて単行本にしようという話が、中央公論社の出版部と私との間にまとまった。

  私の計画は伊藤冨士雄君のなした仕事を中心にして、日本に於ける娼妓の自由廃業はいかにして起り、いかなる影響を社会に与えたかを研究するにあった。(後略)」

  沖野岩三郎という方が、どんな方だったのかは不明だが、参考文献を読み調べて書いたものでなく、祖父の伊藤冨士雄から直接話を聞いて書いたものであるというところに、この本の価値がある。

  法律的なところも多く書いてあって、難しいが、今の人が読んでも面白いところを何回かに分けて紹介してみたいと思う。

  娼妓の自由廃業ということは、救世軍が最初ということでなく、今から363年前、徳川時代、江戸吉原ができてから28年目の正保2年11月に、元吉原遊郭、並木屋の遊女、佐賀穂というのが、自分の愛人と結婚したさに遊郭を脱け出して、町奉行朝倉石見守に訴え出て、無事に廃業を遂げたのが、日本文献に於ける自由廃業の最初だそうだ。

  恋は強し。封建時代の世の中で、勇気を出して遊女の身でありながら、愛する人とそえとげたいと、町奉行のもとに駆け込んだ、佐賀穂という遊女はすごい。

  その遊女の願いを聞いて、聞き届けてくれた奉行もほめられていい。ぼくはテレビ『水戸黄門』ファンで、必ず見ているが、奉行はたいがい悪役で、遊郭のオーナーの味方になってしまうだろうに、遊女に味方する立派な奉行がいたなんて、うれしい話ではないか。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月17日 (火)

新宿歌舞伎町クラブ「リー」の思い出

Img007_2

  ぼくは自分が学ばせてもらった学校を愛する気持ちは、誰よりも強いと思っている。

  代沢小学校は昭和144月に入学。終戦の年の前の年、昭和19年に卒業。昭和20年の4月に世田谷学園に入学。昭和233月に4年修了で、234月に駒澤大学の旧制の予科1年に入学。28年の3月に卒業している。

  小学校は太平洋戦争のもっとも激しかった時代で、ほとんどの子供が地方に疎開したりしているので、住所も不明で同窓会らしいものを開けなかった。

  世田谷学園を4年修了で大学に入れたし、5年で大学に行く人、新制高校3年を終えて大学に入った人と、3通りあって同期会といってもややこしいことになっている。

  世田谷学園の同期会は、ぼくがお節介役を引き受けて、20年以上続いている。卒業生は150名ぐらいいたが現在、住所が判明している人は60名ぐらい。34割の仲間は、もうこの世にいないと思われる。1年にひとり、ふたりと他界されている。

  424日の夜、下北沢駅前の居酒屋「和民」で同期会を開いたが、17名の仲間が集まってくれた。

  世田谷学園の全体の同窓会も毎年開かれているが、衰退するばかりだ。ぼくは役員になっているので、役員会にも必ず出席しているが、若い卒業生はほとんど姿をみせない。

  610日は作曲家、吉田正さんの没後10年の命日だそうで、NHKホールで夜8時から「歌謡コンサート・歌に希望を吉田正特集」が催された。

  駒大の先輩で作詞家の吉川静夫さんの作品もいくつか目についた。ぼくは「駒大マスコミ人の会」を結成して、吉川静夫さんを会長に招いて、会合を二度ばかり開いたことがあったが、長くは続かなかった。

  その頃の駒大の卒業生で、マスコミで活躍している人は少なかったから。

  30年近くも前のことだったろうか、世田谷学園の役員会が終わったあとに、大手ゼネコンのお偉い方が来ていて、当時の杉校長と、文春の村田耕二君と、なぜかぼくを歌舞伎町のクラブ「リー」に招待してくれた。

  当時のクラブ「リー」は一流のナイトクラブで、ぼくなど入れるようなところではなかった。

  歌手は朝丘雪路さんが歌っていた。バンドは踊りながら指揮するのが有名な、スマイリー小原さんだ。

「歌謡コンサート」で、昭和30年、40年代のナイトクラブやキャバレーが全盛時代の、ムード歌謡を聞きながら、華やかなクラブ「リー」でのひとときを思い出していた。

  場内で撮った写真が、どこかに残っていると思うが、謹言実直な杉校長の固い表情と、クラブ「リー」は、似つかわしくなかった。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

本の取次店「トーハン」の元社長、角屋正隆さんは、やさしい思いやりのある方だった。

Img008_2

 

日本で最大手の本の問屋(取次店)「トーハン」の社長、会長であった角屋正隆さんが、429日に93歳で亡くなられたことを新聞で知った。

  昭和33年の11月に、同棲してから1年目、やっと女房が中学の教師となって、その給料をためての結婚式。

  学生時代から父の仕事を手伝い、ぼくは昭和28年に卒業してからも、そのまま仕事を続けていた。

  父は食べさせて、小遣いをやっていればいいと思っているのか、給料をくれなかった。

  飯田橋の「東京大神宮」での、ワインとケーキだけのささやかな結婚式だったが、お世話になっている本の取次店の仕入課の人を招いたが、父とぼくだけの小さな出版社なのにみなさん出席してくれた。

  当時「トーハン」の仕入課長だった、角屋さんの出席は本当にありがたいことで、それからの仕事に役に立ったことは間違いない。

  その角屋さんに忘れられない思い出がある。

  僕の前妻は33歳で事故死してしまったが、その息子は女房に似て頭がよく、桐蔭学園高校を卒業して、京大理学部に進学、今はソニーに勤めている。桐蔭学園は規則のやかましい学校で、夏休み明けに登校したら、髪の毛が長過ぎるというので学校に入れてもらえず帰されてしまった。

  ちょうど、その日は月曜日で理髪店は休業日。そこで僕は思いついたことがあった。いつも通っているトーハンの地下に理髪店がある。そこで刈ってもらおうと、息子を車に乗せてトーハンにおもむいた。

  ところが理髪店のご主人、ここは社員のためのものなので、外部の人の髪の毛を切ることはできませんと、ていよく断られてしまった。そこをなんとか事情を話して、ご主人に懇願したところ、しばらく考えていて、「それではあなたが最初にハサミを入れて下さい。失敗してしまったので、私が直すということにしますから」と言ってくれて、髪を刈ってくれたのだ。

  翌日、無事に息子は登校することができたので、その頃社長さんになっていた角屋さんに、こんな親切な社員の方がいますと、お礼の手紙を出した。

  後で理髪店のご主人は、角屋さんにおほめの言葉を頂いたそうだ。角屋さん、その話を「新文化」(出版界唯一の業界紙)の記者にしたようで、後に記事になって「新文化」に掲載された。

  現在、トーハン地下の理髪店は閉められたままになっている。ここを訪れる社員と親父さんが将棋をさしている姿をよく見かけたものだ。僕も親しくなって、仕入れや店売所を訪れるときに寄って、お茶をごちそうになり、世間話に花を咲かせたものだ。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月13日 (金)

『薔薇族』的に見た『相棒』考

Img006

劇場版『相棒』は大ヒットで、ロングランが決まったようだ。ぼくも平日の午後に渋谷東映に、女房と一緒に見に行ったが、客席はシニア層が多く満席の状態だった。

  俳優、水谷豊と寺脇康文がゲイだと決めつけようと思っているわけではない。ドラマで描かれた水谷豊、演じる杉下右京と、寺脇康文演じる、亀山薫の二人の関係にゲイ要素があるかも知れないと、考えをめぐらしてみたい。

  水谷豊が演じる杉下右京は、ハンサムで抜群の頭脳の持ち主で、自らの信念を貫く頑固でユニークな性格だ。それに勉強家で知らないものはない。

  チェスなんてものに詳しい人は少ないが、右京は堪能だ。ワインのことも、紅茶のことも知っている。それにおしゃれで、いつもスーツできちっとキメている。おそらく大学は東大出だろう。血液型はA型ではないだろうか。

  寺脇康文が演じる亀山薫は、杉下右京とは正反対の性格の持ち主だ。大学も拓殖大学か国士舘大学出身という、野生的な熱血漢で行動力のある人間だ。

  顔だってイモみたいな感じで、いつもGパンにジャンパーで、野暮ったい。血液型はB型ではないだろうか。

  いつもテレビに出ている有名人で美しい方がいるが、この人の好みの男は体育会系で、ごっつい人が好きなようだ。

  もう亡くなってしまったが、ピアノが上手で作曲家だった方も、肉体労働者のような男が好みだったと聞いたことがある。

  夫婦だって同じような男女が一緒にいたらうまくはいかない。性格的に反対の方が長続きするのでは。お互いに自分にないものを相手に求めるのだから、そうなるのは当然だろう。

  画面上では右京と、亀山が同性愛的なものを見つけ出すのは難しいが、脚本家がある程度意識して、それっぽくしているのではないだろうか。この作品は脚本家がずば抜けてすばらしい。もちろん監督もだが。

  右京は元女房の小料理屋「花の里」によく通っているが、描かれている女将はあまり色気がなくて男っぽい。

  亀山の女房の新聞記者の亀山美和子も、男っぽい性格のようだ。

  テレビドラマの「相棒」は、すべて見たと思うが、忘れっぽいぼくはあまり覚えていない。だがゲイの人が登場した作品があったような気がする。

  テレビドラマに登場する、右京と亀山の「相棒」は、ゲイの人にとって理想の「相棒」ではないだろうか。ゲイの人に限らず、この二人の「相棒」は男女を越えて、理想の「相棒」なのかも知れない。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

続きを読む "『薔薇族』的に見た『相棒』考"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月10日 (火)

ゲイの世界の壁を開けられない!

Img005

『プリンツ21』という雑誌社の編集の女性から、電話がかかってきた。「映画を見ての感想を原稿用紙2枚に書いてください」とのことだった。

  ぼくは本をほとんど読まないから、書評をと言われるのも困るし、映画もテレビで見るぐらいだから、これも同じように困ってしまう。

  まず『プリンツ21』という雑誌の存在を知らなかった。どんな雑誌なのか知ることが大事と、どこの本屋で売っていますかと聞いたら、下北沢なら本多劇場の一階にある「ヴィレッジヴァンガード下北沢」に置いてあると教えてくれた。

  このお店、不思議なお店で、本も置いてあるが、雑誌類から自転車まで、ないものはないというぐらい、所狭ましと置いてあって、若者に人気のお店だ。

  書籍類もちょっと癖のある人が読む本が置いてある。ぼくの幻冬舎のアウトロー文庫の『薔薇族編集長』もたくさん置いてくれていた。

  2008年夏の号の「四谷シモン特集」(定価\1500)を早速買い求めた。年4回刊行の季刊で通巻87号とある。

  以前から『薔薇族』を置いてもらおうと思っていたので、次長の加藤鉄也さんにお願いしたら、書類を本社に送って、OKがでたら置きますよということだった。加藤さんも『薔薇族』のことをよく知っておられるようなので、おそらく置いてくれるだろう。

  四谷シモン君製作のお人形の写真もたくさん載っているし、香川県坂出市本町にある、四谷シモン人形館・淡翁荘の紹介も載っている。「なんで香川県は坂出市なんて、田舎の醤油屋に四谷シモンの人形館が?」と思うだろうが、縁があってのことだったようだ。工場の敷地内に建つ西洋館を改修して美術館にしたものだ。

  近くにあるならすぐにでも訪れてみたいが、四国ではちょっと。

  41人もの方々がシモン君のことを書いているが、ゲイの人が多いようだ。「四谷シモンが出会った美術家たち」という集団写真が載っているが、その団結ぶりがうらやましい。

  内藤ルネさんと藤田竜君に「伊藤さんはノンケ(ゲイではない女好きの人のこと)だから」と、ことあるごとに言われたものだ。ぼくもイソップ物語に出てくるこうもりみたいで、動物の世界にも、鳥の世界にも入れないと悩んだものだ。

  たくさんのゲイの人と出会って、ある程度は親しくなるものの、一緒に酒をのんだり、旅行に行ったりすることもなかった。

  やはりぼくがゲイじゃないから、仲間に入れてもらえないと、ひがんでしまう。この四谷シモンの特集を読んでみると、ああ、やはりと思ってしまう。

  ぼくの書いた原稿は、626日発売の『プリンツ21』に載るそうだ。ヴィスコンティの「ベニスに死す」について書いた。児童ポルノを所持しているだけで罰せられてしまうかも知れない。そんなときに少しでも少年愛の人たちのことを、知ってもらおうと思って書いたものだ。

  読みごたえのある楽しい雑誌なので、ぜひ忘れずに買ってください。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 7日 (土)

孫の小学校の運動会で事件が?

  Dsc00366_2

平成20年度の代沢小学校の「大運動会」は、61日(日)雲ひとつない上天気。初夏を思わせる暑さの中で催された。

  次男の子供が、この4月から入学していて初めての運動会とあっては、見に行かないわけにはいかない。

  代沢小学校は長い歴史があって、ぼくも戦時中に通い、息子たち、そして孫たちと、3代に渡ってお世話になっている。

  長男の子供2人がお世話になったとき、5年間に渡って運動会の写真を撮り、芝信用金庫のロビーをお借りして「ぴちぴちらんらん・代沢小運動会写真展」を催した。

  子供たちの表情をよくとらえていると、お母さん方にも好評だった。長男の子供たちは卒業してしまったので、しばらくとだえていたが、次男の息子が入学したので、また写真を撮ろうという気持ちがあるが、情けないことにその費用がでない。それに写真を撮る気力も失くしてしまった。

  校長先生からご招待状を頂いているので、招待席で観戦することができた。ぼくらの時代は1500人ぐらいの生徒がいたが、今は230人ぐらいと寂しい。

  今の子供はみんなひ弱。それに表情がない。勝っても負けても、どうでもいいという感じ。

  ひと昔前と変わったことは、校内にガードマンが立っていて、不審者が入りこまないようににらみをきかせている。それに父兄はリボンを胸につけていないと入れない。

  以前は誰が出入りしようが、かまわなかったのに。

「毎日新聞」が62日の朝刊から「消せない・児童ポルノと性犯罪」という連載物が始まった。

「児童ポルノを売ることは罪だが、買うことは許される日本。マニアが金欲しさにコレクションを複製して販売する事件が相次ぐ。」

  世間の目が児童ポルノに向けられるようになってしまった。

  残念なことに子供が安心して気を許す相手は教師だ。それに塾の先生。子供と向き合える場にいる男たちの中のごく一部の人が、理性でおさえられずに子供に対する性犯罪を犯してしまう。

  ぼくは固い椅子に長時間座っているのは苦手。お尻が痛くなってきたので、午前中だけで家に帰ってしまった。

  63日の「毎日新聞」の夕刊を見てびっくり。「小学校の運動会に侵入し、児童の写真を撮影しようとしたとして、北沢署がさいたま市南区、元小学校教諭、渡辺敏郎容疑者(35)を建造物侵入容疑で現行犯逮捕していたことが分かった。調べでは渡辺容疑者は1日午後2時頃、世田谷区代沢の区立小学校に許可なく侵入した疑い。  保護者を示す赤いリボンを付けていなかったことから、不審に思った保護者らが取り押さえた。「子供を撮影するために侵入した」と容疑を認めている。

  渡辺容疑者は交通事故死した子供の生前の写真を、自分のホームページに無断掲載するなどしたとして、著作権法違反などに問われ、昨年7月、東京地裁に懲役26ヶ月、保護観察付き執行猶予5年の判決を受けて、確定していた。」

  渡辺容疑者は現在バスの運転手をしているそうだが、なんで埼玉から代沢に来たのだろうか。

  小学校の校門に入っただけで、建造物侵入の罪に問われるなんて。以前は自由に出入りできたのに。ひどい世の中になってしまったものだ。

  渡辺容疑者、今度は刑務所に入れさせられるのでは。ネットなんて見ないぼくは幸せ者かも。

(新聞には代沢の小学校とだけあったが、聞くところによると隣の小学校だったそうだ。)

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年6月 5日 (木)

「クミコ」を応援し続けたい!

3130142

  ぼくは「朝日新聞」と「毎日新聞」を購読している。先月までは「読売新聞」もとっていたが、やめてしまった。

「毎日新聞」は「朝日新聞」に比べて、広告が少ないから頁数も半分くらい。折込みチラシも朝日はドカッと入っているが、毎日は気の毒なくらい少ない。

  週刊誌だって「週刊文春」にしても「週刊新潮」も全盛期の半分ぐらいに落ちている。ネットで何でも見れてしまうから、新聞ですら読まないという人が増えてしまうのは当然のことだろう。

  長い間、新聞を読み続けてきたぼくにとっては、朝食をとってから新聞を読む。習慣になっているから、新聞休刊日で新聞が配達されない日は、なにか一日が変な気持ちになってしまう。

「毎日新聞」をやめられない理由は、鈴木琢磨さんの記事を読みたいからだ。「朝日新聞」は小泉信一さんという記者がいる。二人に共通しているのは、底辺を雑草のように逞しく生きぬく人を、心あたたまる文章で記事にしていることだ。

  ライバル紙でありながら、二人は仲がよくて路地裏の酒場で酒をくみかわしているそうだ。

  524日(土)の「毎日新聞」の夕刊に、鈴木琢磨さんが「人生は夕方から楽しくなる」という欄に、歌手のクミコさんをとりあげている。ほとんど一頁をついやし、カラー写真入りでだ。

「帰らぬ時間にブラボーと言おう・クミコさん 新アルバム友よ!」という見出しだ。

  クミコさんが30代で、まだ無名の時代の歌手だった頃、ぼくはクミコさんと知り合った。最初の出会いをまったく覚えていないが、ぼくが経営していた、下北沢の喫茶店「イカール館」で何度か招いてコンサートを開いたことがある。新潟の「ロマンの泉美術館」でも何度かコンサートを開いて、お客さんを感動させたものだ。菊の間で「㈱第二書房・創業40周年・月刊『薔薇族』200号達成祝賀パーティー」で、300人を超すお客さんを招いて、にぎやかに催した。

  その頃は親父も元気で、手押し車に乗り、おふくろが押して出席してくれた。

「週刊朝日」が「ホテル 菊の間 で開かれた『薔薇族』創刊200号パーティーの聞かぬが花」というタイトルで記事にしてくれた。

「聞かぬが花」というのは、宇野総理が女性問題で退陣したときで、この夜、会場でウケていたヒソヒソ話は、宇野さんが本当はゲイで、それがバレてはいけないので、女性にすりかえたということだが、本当かどうか。

  このパーティーに花をそえてくれたのが、クミコさんだった。クミコさん35歳と若かった。

  一昨年、ひざに人工ひざを入れる手術をするために入院する直前に、京王プラザホテルでパーティーを開いたときにも、クミコさんは駆けつけてくれた。

  今や、クミコさんは押しも押されぬ歌手になってしまい、もう招くことはできない。無名の頃に応援したぼくとしては、寂しい気持ちもあるが、こんなに嬉しいことはない。

  クミコさん、新しいアルバム「友よ!」を発売!全国ツアーの最中だそうだ。応援してください!

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »