« 『薔薇族』通巻400号まであと3号 | トップページ | 胸に迫りくる『戦犯歌集・巣鴨』 »

2008年8月11日 (月)

物足りないと言われてしまった『薔薇』

Dsc01166

『薔薇族』を創刊する7年前、1964年の7月に『薔薇』という会員制の雑誌が創刊されている。

  発行所も発行者も明記されていないが、『風俗奇譚』を発行していた高倉さんが刊行していたことは間違いない。

  なぜ正々堂々と刊行しなかったのか。その時代、同性愛が隠花植物的存在だったから、勇気がなかったのだろうか。

『風俗奇譚』はSMの雑誌だったが、その一部には同性愛の記事も入っていた。恐らくその手ごたえがかなりあったから、『薔薇』を出そうということを思いついたのだろう。

創刊号には「はじめに」と題して、こんなことが記されている。

「はじめにことばありきというのは聖書の一句であるが、わたしたちにも、はじめにことばがあってもいいのではなかろうか。

  いってみれば同志―いや、そんなに大げさなものではない、同じ性向をもち、同じ悩みをいだき、そして同じ道に生きていこうとする人たちだけが集まって、というのが、この会の基盤であり、この雑誌を創刊した趣旨である。だから、これは一般に市販することなく、会員みんなの意志と協力によって作られ、会員だけが読むものである。

『薔薇』というタイトルは、いささか少女趣味めいた語感がなくもないが、この花は美しさの陰にトゲを秘めているきびしさをもっている。

  美しい花をたおるためには、トゲで傷つくこともあるとは、昔からよく使われるタトエであるが、そんなニュアンスが、なにかこの道に似かよっている思いがないだろうか。

  とにかく、このささやかな冊子を足場に、わたしたちは一冊ごとに楽園を築いていきたいと祈念している。」

  目次を見ると、「みんなで考えよう・今月の課題・ホモ・セクシュアルは人間の落後者だろうか。」とあり、会員の五人ほどが意見を述べている。

『薔薇族』の創刊のときから力を貸してくれた間宮浩さんが「童話」という小説を載せている。

  イラストも大川辰次さん、平野剛さん、三島剛さん。そして写真は大阪のオッチャンの撮った作品だ。

『薔薇族』は『薔薇』の延長線上にあったといってもいいだろう。

  7号目の「ぼくのことば」という読者の投稿欄には、こんな苦情が早くも載っている。

「第1号から続けて『薔薇』を読んでおりますが、どうも何かしら物足りない感じがします。

  たとえば体験談、その他の読物のクライマックス、盛り上がりどころ、すなわち芝居の見せ場、泣かせどころが足りなく感じます。

  もっと会員制で非売品なのですから、極端に表現してはどうかと思います。

  小さい写真でもいいから、思いきったものをのせてくれることを切望いたします。」

  宮城県の会員の人がこんなことを書いている。

  非合法で出している雑誌なのだから、もっと思いきって露骨な写真、文章を載せなければ読者が物足りないと思うのは当然だ。それに会員が少ないから、執筆者も限られて、同じ顔ぶれになり、マンネリ化してしまう。

『薔薇族』は藤田竜というという、雑誌作りの名人が雑誌的な面白さを誌面に出して変化をつけたことが成功の要因だったのでは。

  8号の「編集こぼればなし」に、こんなことが。

「会員制だからもっと強く、という声がだいぶあるんだからね。つまりもっと露骨な描写や、Pの見える写真をというわけかいな。でも、そりゃあダメだよ。長つづきさせるためには限界を守らなきゃあ。その代わり、一字一句もたるみのない文章、ムードあふれる写真や、絵で編集しようや。」

  この『薔薇』がいつまで続いたのかは、間宮浩さんもこの世にいないので知るよしもないが、手元にある41号を見ても、内容はまったく変わりばえしない。読者にあきられてしまって消えてしまったのか。『薔薇族』が創刊された1971年には、この雑誌は消えてしまっていた。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 『薔薇族』通巻400号まであと3号 | トップページ | 胸に迫りくる『戦犯歌集・巣鴨』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/42136078

この記事へのトラックバック一覧です: 物足りないと言われてしまった『薔薇』:

« 『薔薇族』通巻400号まであと3号 | トップページ | 胸に迫りくる『戦犯歌集・巣鴨』 »