« 胸に迫りくる『戦犯歌集・巣鴨』 | トップページ | ぼくのオタクが消えてしまった! »

2008年8月12日 (火)

「伊藤文学のコレクション展」におでかけを!

Photo_2

『薔薇族』を出し続けてきて、「よかったことは?」と、よく人に聞かれる。以前は「ロールスロイス」に乗せてもらったこととか、「ホテル・オークラ」の一泊何十万もする部屋に招待されて行ったこと、お忍びで訪ねてきた有名人に何度も会えたことなどをあげていた。

文通欄を通して知り合った人と、わざわざ名古屋から上京して、二人で仲のいいところを見せにやってきた人のこと、そんなことをあげればきりがない。

読者の中には、すばらしい美意識の持ち主、豊かな感性の持ち主が多い。昨年亡くなってしまったが、『薔薇族』の表紙を長いこと描き続けてくれた、内藤ルネさんに教えられたことは数限りなくる。それとルネさんのパートナーの藤田竜さんからも。

誰かれと、いちいちお名前をあげられないが、長いお付き合いの中から、自然と教わり、身についたのが「美意識」と「感性」だ。

ルネさんのお宅を訪ねた折りに出されたお茶碗。それが江戸時代の「そばちょこ」だということを知って、それを一つ買ったときから、骨董狂いがはじまってしまった。

それが女房の古里の

新潟県弥彦村

に、「ロマンの泉美術館」を平成5年にオープンさせるまでになってしまった。

「ロマンの泉美術館」は、今までつちかってきた、ぼくの美意識と感性の集大成だった。それから世の中、がらりと変わって、美術館建設が裏目に出てしまった。

その建設資金を銀行に返済できずに、75年も住み慣れた家も土地も失ったが、僕の身体にしみついた美意識や感性は、76歳になっても衰えるものではない。

そうは言っても、男の平均寿命を見ても、そう長く生きられるものではない。そこでぼくのコレクションを放出したいと考えた。

立派な画廊で開くわけではない。見にきたらびっくりするかもしれないが、冷房もないお店だ。

古書だとか、なんだかわからないものを売っている。『薔薇族』や、ぼくの著書なども置かしてもらって、そこそこは売れている。店の家賃と、住んでいるアパート代だけでも大変だ。どんな食事をとっているのか分からないが、40代の親父さんは、やせ衰えている。

一生懸命に頑張って休みもなしで働いている親父さんを応援してきたが、最近、店の半分を貸画廊みたいにするというので、早速、8月20日(火)~9月2日(火)までの二週間を借りて「伊藤文学のコレクション展」を開くことにした。

みなさんがきてくれて、何か購入して頂ければ、店の親父さんもおいしいものを食べられるだろうし、ぼくも助かる。

女性好みのものを多く展示するので、暑いなか大変でしょうが、下北沢の南口商店街を4、5分歩いてくると、左側に7階建てのビルがある。そこを左に曲がると、4、5軒目だ。

この横町は昭和レトロっぽいところなので、古着屋も骨董屋もあるし、のぞいてみてほしい街だ。わが家も近いので、なるべく会場にいるようにするつもりだ。

ぜひ見てもらいたい展示品のひとつは、人気絶頂の山川純一の劇画の原画だ。全作品を集めての『ウホッ。いい男たち』は、売れに売れている。

8月23日(土)、オープニングパーティーを開くので、ご参加ください。女性も大歓迎。みなさんお揃いでおでかけを!

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送り頂くか、千円札を紙にくるんでお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 胸に迫りくる『戦犯歌集・巣鴨』 | トップページ | ぼくのオタクが消えてしまった! »

コメント

昔の記事にコメするのも何ですが、「女性歓迎」というのは止めてくださいよ。ゲイの当事者不在で、異性愛者の男女でゲイについて語り合う・・・。

我々ゲイを見世物だと思っていませんか?ゲイを侮辱し、我々の権利を侵害していると思います。ゲイの世界に異性愛コードを持ち込まないでください。

投稿: | 2013年1月31日 (木) 17時24分

いい加減に無権利売却をやめなさい。
日本での目が厳しくなったから今度はシドニーですか。
恥を知れと申し上げます。

投稿: まきお | 2010年2月 1日 (月) 02時28分

みなさんがきてくれて、何か購入して頂ければ、店の親父さんもおいしいものを食べられるだろうし、ぼくも助かる。→ 親父さんはおいしいもの食べられましたでしょうか?

投稿: | 2008年9月16日 (火) 15時59分

コレクションの塩梅は、どうだったでしょうか?

北海道からは行けませんでしたけど、
ご盛会だったことにさせて頂きます

ツ(^o^)シ

投稿: あっちゃん | 2008年9月 5日 (金) 15時54分

現金郵送は禁止されていることをご存知ですか

投稿: @ | 2008年8月18日 (月) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/42145605

この記事へのトラックバック一覧です: 「伊藤文学のコレクション展」におでかけを!:

» 伊藤文学さんがイベントを開催されます。 [復刊ドットコムblog]
ディレクターの、ともおです。 復刊ドットコムとは浅からぬご縁のある伊藤文学さんが [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 19時32分

« 胸に迫りくる『戦犯歌集・巣鴨』 | トップページ | ぼくのオタクが消えてしまった! »