« 少年愛の男ってどういう人なのか? | トップページ | なんとか頂上(通巻400号)が見えてきた! »

2008年12月 7日 (日)

集まれ!伊藤文学コレクション展

 37年も「薔薇族」を出し続けてきて、多くのゲイの読者と出会い、
そこから得たものは美意識と、豊かな感性でした。

 なかでもアメリカ人のジョージ・リンチさんからは、多くのものを学びました。

 リンチさんは18歳の時に、戦後の日本に進駐軍として神戸に上陸したそうです。そのとき
出会った日本が好きになり、結婚して子どもさんもいたのに、奥さんと離婚して再び日本に。

 僕と出会ったときは、北千住の大きなマンションに、ハッテン場で知り合った電通の社員
の男性と一緒に住んでいました。電通の人が英語が堪能なので、日本語がほとんどしゃべれません。

 僕は英語はまったくしゃべれないのに、目と目でなんとかわかりあっていたのですから、
不思議と言えば不思議な話しでした。

 リンチさんは、モデルの仕事もしていて、ヤマハのボートの前で撮った、キャプテンのひげをたくわえた姿は、かっこいいものでした。

そのリンチさんから、キューバの葉巻のラベル、カリフォルニアのフルーツのラベル、
ニューヨークの古い楽譜の表紙など、いろんなものを教えてもらいました。

 今回のコレクションの展示は、19世紀初頭のドイツを中心とした、ヨーロッパの絵はがき
で、これはかわいくて印刷も素晴らしい。見ていて飽きないものばかりです。

 もちろん、「薔薇族」読者の見たいものもあります。僕がひいきにしている、700円均一
の古着屋もすぐそばにあり、目の前は古着屋が三軒も並んでいる、レトロな横町です。

ぜひ、お友だちを誘ってお出かけください!↓↓

女性好みのかわいいものばかり!クリスマスのプレゼントに!
 伊藤文学のコレクション

2008年12月10日(水)〜12月31日(水)正午〜午後9時 入場無料

「ONE LOVE BOOKS」 

〒155-0031東京都世田谷区北沢2-1-3  ☎03(3411)8302


★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 少年愛の男ってどういう人なのか? | トップページ | なんとか頂上(通巻400号)が見えてきた! »

コメント

僕は53才のオヤジですが、1983年に離婚してから、これまで女児性愛主義で小学生の女の子しか興味が、在りませんでした。でも今は小学生と中学生の、男の子にも興味が出て来ました。それと決してゲイでは在りませんがオナニーした時に自分の精液を飲む癖が、ついて来ました。自分が小学生の時、初めて夢精した頃を思い出します。あの匂いを嗅ぐと懐かしいです。だから一度、コンビニとかでジャージ中学生の男の子を見ると、ズボンを下ろして中学生のペニスを、くわえたく成ります。しかし俳優の山田涼介君だけは凄く性的に愛しています。

投稿: E231系・近郊タイプ | 2008年12月19日 (金) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/43345756

この記事へのトラックバック一覧です: 集まれ!伊藤文学コレクション展:

« 少年愛の男ってどういう人なのか? | トップページ | なんとか頂上(通巻400号)が見えてきた! »