« 自衛隊はやめても、オタクはやめない。 | トップページ | 森茉莉さんを語る会の途中で席を立って・・・ »

2008年12月21日 (日)

祖父の痛々しい写真が見つかった!

 僕の祖父、伊藤富士雄は、大正時代に、「廓(くるわ)」に女郎として、貧しい農家の娘が
親に売られていたのを千人近くも救い出した。

 救世軍に救い出されてしまうと、廓の経営者は損をしてしまうので、暴漢をやとっていて、
それを阻止しようとしていた。

 古いアルバムから、祖父が暴漢に襲われ、大ケガをし、病院に担ぎ込まれて手当をされている写真が見つかった。それと救い出した女郎たちに囲まれている写真と。

 沖野岩三郎著『娼妓解放哀話』(昭和5年、中央公論社刊)に、その時の様子が書かれている。

 「歌之助としのぶ(女郎の廓での名前)の両人は、病気のため洲崎病院に入院していて、
そこから手紙をよこしたので、伊藤君は洲崎病院に二人を訪問して、その決心を聞いたところ、どうしても廃業するというので、伊藤君は早速、樓主に電話をかけると、二人の樓主は、たちまち二十人ばかりの暴漢をひきいてやってきた。
 伊藤君が二人の娼妓を連れて警察に出頭しようと病院の表まで出たところを、外に待っていた二十人あまりの暴漢と、院内にいた暴漢とは、伊藤君ら三人をはさみうちにして、打つ、蹴る、ひき倒す、踏むという大暴行を働いた。
 半死半生の目にあわされた二人の娼妓は、人殺し、人殺しと叫びながら、近所の交番へ逃げ込んで、巡査に保護されてすぐに警察署へつれて行かれた。
 『早くあの救世軍の人を助けに行って下さい。もう今頃はなぐり殺されているかも知れませんから』
 警察署では驚いて、二人の警官を現場に急行させたのである。
 二人の娼妓からひきはなされた伊藤君は、四十余人の暴徒から滅多打ちにされたため、全身に十三ヶ所の重傷をおって、昏倒してしまった。
 しばらくして『おい、しっかりしろ!』という声が耳に入ったので、目を覚ましてみるとカーキ色の制服を着た憲兵が、自分の上に馬乗りになって、人工呼吸をやっていてくれるのに気付いた。
 そこへ警察署から巡査が駆けつけてきて、廓内の上田病院にかつぎこんで手当をしたので、やっと生命を取りとめることができたのであった。」

 大正3年9月2日のことだと書いてある。

 この貴重な痛々しい写真が、そのときのことかはわからない。
何度も暴漢に襲われていたにもかかわらず、それに屈せず、多くの女性たちを解放したのだ。

 解放された女性たちに囲まれて、祖父の姿は誇らしげにさえ見えるではないか。

P

P2




女性好みのかわいいものばかり!クリスマスのプレゼントに!

01

 伊藤文学のコレクション

2008年12月10日(水)〜12月31日(水)正午〜午後9時 入場無料

「ONE LOVE BOOKS」 

〒155-0031東京都世田谷区北沢2-1-3  ☎03(3411)8302

01



★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 自衛隊はやめても、オタクはやめない。 | トップページ | 森茉莉さんを語る会の途中で席を立って・・・ »

コメント

濃い内容のブログを、楽しみにしている読者の一人
です。救世軍のおじいさん 歴戦の勇士(男性を見る目
に於いて)に囲まれて、もてもてですね。
確かに、痛痛しい御気の毒なお姿ですが、なにやら
嬉しそうにも、お見受けします。
現代のお女郎さんに当たる女性は、精神的に寂しい辛い思いが、高じて身を落としてしまいます。
現代には救世軍は見当たりません。
良い時代を生きたのですね。
世の中なにかとお寒いです、どうぞお体をご自愛下さい

投稿: ももちゃん | 2009年1月16日 (金) 17時29分

時々お邪魔しています。
恥ずかしい話、百合族はきいたことはありましたが、薔薇族は調べるまでよくわかりませんでした。
今回のお話、女として、涙がでました。
またお邪魔します。
(ちなみに、異性愛者だと思います)

投稿: にかめ | 2008年12月29日 (月) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/43487730

この記事へのトラックバック一覧です: 祖父の痛々しい写真が見つかった!:

« 自衛隊はやめても、オタクはやめない。 | トップページ | 森茉莉さんを語る会の途中で席を立って・・・ »