« 母校駒沢大学よ、頑張れ! | トップページ | 人を信じたい!ーロスの空港に置き忘れたかばんー »

2009年1月17日 (土)

トムの画集が5年ぶりに戻ってきた!

 『薔薇族』が廃刊になったのは、平成16年11月1日発行のNo.382・11月号だった。それから間もなくして、我が家を訪ねてきた若者は、「探偵ファイル」というネットの会社の人だった。

 ネットの普及が『薔薇族』を廃刊に追い込んだと思っていたが、そのネットの会社が救いの手を差し伸べてくれたのだ。

 「探偵ファイル」は、元々探偵の会社だそうだが、男女のエッチなサイト(?)をいくつも持っていて、広告収入で運営し、その中のひとつに男同士の同性愛を取り入れたいというのだ。

 ネットのことなど全くわからない僕は、彼等の言う通りに原稿を書き、とんでもない格好をして写真に納まったりもした。

 無収入になった僕にとっては、給料のようなものはどれだけ助かったことか。残念ながら理由はわからないものの、1年ほどして中止になってしまったが、その後に、上野にある英和出版から復刊させたいという申し入れがあった。

 「探偵ファイル」とは、縁が切れてしまったが、アメリカのトム・オブ・フィンランドの豪華な画集を資料として貸したことがあった。

 ロスのトムの館を訪ねたおりに、記念にとサイン入りの画集を頂いたが、その時の大事な本だった。何度か返すように電話をしたが、そのうちにあきらめてしまっていた。

 それが5年も経った新年になってから、その時の若者が突然、我が家を訪ねてきたのだ。旧住所の家の方に来てしまったのだが、薬品会社の駐車場になっていたのでびっくり。そこは探偵の仕事もしていたことがあって、隣の家の人に聞いて訪ねてきたのだ。

 何と5年ぶりにトムの分厚い画集を返しに来てくれたとは。今時の若者にしては珍しい律儀な人と感動してしまった。

 

 ロスのトムの館を、ロス在住のコーイチとスティーブンの案内で訪ねたのは、1999年の初夏の頃だった。

 今世紀の初頭に建てられた、木造3階建てのトムの館は、照明器具はアール・デコの時代のもの、仕事をしていた机もそのまま。レザー好きのトムのベッドは、黒革で覆われ、あちこちに置いてあるブーツを見ると、今にもトムが現れてくるようだった。

 現在は、トムの恋人だったダークさんが、財団にし、理事長として、この館を美術館として運営している。

 トムは、フィンランドのカリーナに1920年5月8日に生まれ、1978年、トムが57歳の時に初めてアメリカに渡った。1991年11月7日に亡くなるまで、アメリカで活躍した。

 今の若者はトムの絵を知らないだろうが、年配のゲイの人たちは、『薔薇族』が創刊される前に、銀座の洋書店「イエナ」(今はない)で、薄っぺらな粗末なトムの画集を買い求めて、マッチョなレザーの匂いがムンムンする絵を見て、興奮したに違いない。

 昭和41年4月1日発行の「風俗奇譚」4月号にトムの絵が載っている。驚いたことに、同じ号のグラビアページに、平野剛さんの絵も載っているが、デビューした頃で幼稚なものだ。

 男の絵を描き続けて数十年。平野さんの絵は凄まじいぐらいに進化している。トムの絵にしてもそうだ。ひとつのことに時間をかけて打ち込むということが、どんなに大事かということを教えてくれる。

 トムの画集が5年ぶりに戻ってきて、ページをめくっていたら、レザーの匂いがムンムンとしてくるようだった。

Tom1

Tom2_2

Tom3


お知らせ

「伊藤文学を囲む会ー『薔薇族』的森茉莉考」

森茉莉さんの部屋に入れさせてもらった人は数少ない。茉莉さんが仕事部屋のようにしていた、カフェ「邪宗門」のマスターにしても入ったことはなかった。その部屋に入った伊藤が見たものは?森茉莉さんの本質に迫る話しを聞いて下さい。

日時/1月31日(土)夕方5時〜

場所/下北沢・「ONE LOVE BOOKS」(世田谷区北沢2-1-3/☎03-3411-8302)

会費/1000円

下北沢駅改札を出て、左側階段・南口へ降りる。商店街を4〜5分歩くと右側に「王将」があり、その前の「膳場八百屋」を左に曲がると、左側の5軒目。

01

★店内で「伊藤文学コレクション展」も開催!

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3


◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 母校駒沢大学よ、頑張れ! | トップページ | 人を信じたい!ーロスの空港に置き忘れたかばんー »

コメント

おぉ是非、囲ませていただきます。
たまには化粧しなくては、着物でも着て行こうかな~

投稿: 桃ちゃん | 2009年1月20日 (火) 19時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/43764428

この記事へのトラックバック一覧です: トムの画集が5年ぶりに戻ってきた!:

« 母校駒沢大学よ、頑張れ! | トップページ | 人を信じたい!ーロスの空港に置き忘れたかばんー »