« 「星の王子さま」を見に行こう!〜作・寺山修司、構成・美術・宇野亜喜良、演出・金守珍 | トップページ | 「薔薇通信」が一番読み応えがあった! »

2009年2月23日 (月)

『消える「新宿二丁目」』〜竜超君の本は街とゲイそのものの未来を予言する本だ!

 三度目の『薔薇族』の復刊を支えてくれたのは、僕の息子のような竜超(りゅう・すすむ)君だった。何とか目指していた通巻400号に、彼のおかげでたどりつくことができそうだ。

 僕はワープロも、ネットも触ったことがないのだから、竜君がワープロを打ち、レイアウトをしてくれたので、雑誌という形にすることができた。もちろん、企画も彼が立て、僕は彼の支持通りに原稿を書いただけだ。

 竜超は、奇人というか、才人というか、僕が持ち合わせないものを全て持ち合わせている男である。

 その竜超が予言者になって、とてつもない本を出版するという。ゲイの人が始めて出す本のことを何というべきか、処女出版?それが『消える「新宿二丁目」 異端文化の花園の命脈を断つのは誰だ?』(彩流社刊)だ。「東京メトロ副都心線開通」という明るい話題とは裏腹に“ゲイの街・二丁目”は、今や風前の灯。

 このような現状を踏まえ、街の黎明期から現在までを徹底検証。住民の同性愛者についても掘り下げる。

 さらには、従来のゲイ関連書の死角となっていた資料を渉猟。著者自身の実体験にもとづいた考察と、多角的で独自のアングルからの問題提起を行う。

 「読者がゲイであるかないかは問題ではない。どちらにしても興味深く読める“資料性の高さ”と“読み物としての面白さ”の両立を!というわけで、とにかく読んでみてください。」と、竜君は訴える。

 僕の著書もそうだけど、ゲイ関係の本でかつて増刷を重ねた本はない。この本をベストセラーにして、世間の人にゲイ・パワーを見せてやりたいものだ。

 ただ残念なことは、刷部数が少ないために、どうしても定価が高くなってしまうが、これはカンパのつもりで買ってもらいたいものだ。

 それにしても新宿二丁目に長いこと住んでいて、新宿二丁目の移り変わりを見続けた、ゲイのことなら何でも知っていて、生き字引のようだった間宮浩さんが、この世にいないのは残念なことだ。

 1998年の『薔薇族』創刊300号に、間宮さんが、「昔を語ると現在がわかる」という記事を書いてくれている。その中に、「新千鳥街」、「蘭屋」、「火の森」、「ぱる」などの、なつかしいお店の貴重な写真が載っている。

 「火の森」のマスターは、熱烈な宝塚ファンで、創立何周年かのお祝いのパーティに、宝塚のスターを多数招いて、華やかな会だったが、鳳蘭さんもその中におられた。僕も出席したが、皆、『薔薇族』のことを知っていたので、うれしかったことを覚えている。

 あの頃が新宿二丁目の全盛期だったのだろうか。「ぱる」のクロちゃん、ケンちゃんの、お客をいびる大声が、今でも耳に残っている。

 エイズが大騒動だった頃、「週刊現代」のグラビアの取材で、前厚生大臣だった渡辺恒三さんと一緒に新宿二丁目を歩いたことがあった。

 あの頃は、まだ旧赤線時代の建物が残っていて、早大出身の渡辺さん、しきりに昔を思い出していて、エイズの話は、どこかに行ってしまっていた。

 新宿二丁目は家賃が安かったので、ゲイバアが店を出せたのだが、今は、地代も上がってビル化して家賃も高くなっているので、ゲイバアはやっていけなくなるのでは。

 平日の昼間でもゲイたちが集まっていた、賑やかな二丁目の面影は今はない。これからの二丁目がどう変わっていくのか、『消える「新宿二丁目」』を読んで考えてみよう。それは二丁目という街の存亡だけでなく、ゲイそのものがどうなっていくのかも知ることがきるだろう。

683116091

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

伊藤文学編集長出演イベントのお知らせ

3月上旬発売となる、季刊『薔薇族』副編集長、竜超(りゅう・すすむ)初の単行本『消える「新宿二丁目」』(彩流社 2,500円+税)の刊行記念 イベントがいよいよ3月13日(金)の夜に新宿にて開催されます。文学編集長もゲスト出演いたしますので、お暇がありましたら是非おこしください!

模索舎プレゼンツ◎消えるか?「新宿二丁目」
日時/3月13日(金) 18:00開場 19:00開演
場所/ネイキッドロフト(新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F 電話03-3205-1556)
http://www.loft-prj.co.jp/naked/
料金/1,000円+1ドリンク~
※模索舎にて事前に、または当日に『消える「新宿二丁目」』お買上の方は料金500円引
出演◎竜 超(りゅう・すすむ)
予定ゲスト◎伊藤文学(ゲイマガジン『薔薇族』編集長)、
ソルボンヌK子(漫画家/オコゲのカリスマ)、
櫻田宗久(写真家/元・モデル、俳優、歌手)
主催/模索舎(東京都新宿区新宿2-4-9 電話03-3352-3557)
http://www.mosakusha.com/

消える「新宿二丁目」――異端文化の花園の命脈を絶つのは誰だ?

◆はじめに
◆第一章 ゲイバアとゲイタウン
(1)「新宿二丁目」以前の東京ゲイバア事情
(2)三島由紀夫が常連だった名門店
(3)そこはかつて遊女の街だった
(4)歌舞伎座と「新宿二丁目」の奇しき因縁
(5)「新宿二丁目」の第一号ゲイバアは?
(6)「新宿二丁目」年代記――1950~1960年代・謎のヴェールの時代
(7)「新宿二丁目」年代記――1970年代・情報解禁の時代
(8)「新宿二丁目」年代記――1980年代・エイズパニックとネアカ新人類の時代
(9)「新宿二丁目」年代記――1990年代・商品化されたゲイと狂乱的ブームの時代
(10)「新宿二丁目」年代記――2000年代・コミュニティの時代
◆第二章 ゲイという人々
(1)「ゲイ」は「ホモ」より古い言葉
(2)ゲイ、ホモ、オカマ――どれが蔑称? なにが差別?
(3)ゲイに王道なんてものはあるのか
(4)元祖ゲイマガジン『薔薇族』の黄金時代
(5)元祖ゲイマガジン『薔薇族』の凋落と終焉
(6)ゲイ文化にもっとも冷淡なのはゲイ?
(7)6兆6000億円市場の消費エリートって誰だ?
(8)英国は日本のゲイにとっての鬼門?
(9)かつてゲイと同居していた血のつながらない双子
(10)ゲイとオタク、それぞれの世代間闘争
(11)差別はやめろ、と叫ぶ若ゲイ・若オタク
(12)ゲイとオタク、起きてほしくない負のシンクロ
◆第三章 なにが「新宿二丁目」を殺すのか
(1)「新宿二丁目」ランドマーク消失
(2)13番目の地下鉄が運んできたミニバブル
(3)錦の御旗をかかげる怪物たち
(4)浄化、という名の公的暴力
(5)無防備だった聖域に襲いくる、外部からの毒牙
(6)老朽化のすすむゲイバア入居物件
(7)回遊をやめたゲイバア族と、バアトークを嫌う新世代ゲイ
(8)コミュニティよりもコミュ!mixiの麻薬的魅力
◆第四章 「新宿二丁目」サバイバル・シミュレーション
(1)もうひとつの新宿魔窟
(2)ヤングリーダー待望論
(3)誰に対して、どう売っていくか、の見きわめ
(4)「新宿二丁目」が、新宿二丁目を離れる日
◆終章 「新宿二丁目」は消えるのか?
◆インタビュー(1)ゲイマガジン創始者がふりかえる、その隆盛と凋落――
日本初の同性愛専門誌『薔薇族』元編集長、伊藤文学さん
◆インタビュー(2)90年代ゲイブーム――当事者がみたメディアの内幕
ブーム期の最多露出のゲイ当事者、伊藤悟さん(すこたんソーシャルサービス代表)
◆あとがき

表紙イラスト◎山川純一
本文イラスト◎ソルボンヌK子
ポートレート撮影◎櫻田宗久

【著者メッセージ】
百年に一度、ともいわれる未曾有の大不況に翻弄され、流転していく現代日本。それは同性愛者の世界とても例外ではありま せん。"おネエ系"とよばれるタレントが一部で人気を博していますが、そこからの恩恵というのはじつはほとんどなく、ゲイの文化や共同体は年々歳々、先細 りをつづけているのが現実です。
ゲイ、と聞いて一般人がまず連想する「新宿二丁目」。半世紀前に誕生し、"東洋一のゲイタウン"として、日本のみ ならず海外にも広く知られているかの街ですが、必ずしも「有名=盤石」というわけではないのが世の中の面白い(?)ところ。ゲイブームと呼ばれた1990 年代半ばをピークに、「新宿二丁目」およびその母体である同性愛マーケットは下降線をたどり、世紀をまたいでその凋落はとどまるところを知らないのが現実 です。
こうした危機的状況は、いったいどこから生じたものなのでしょうか。システムの歯車が経年劣化で狂っていった結果なのか、あるいは誰かが招 いた人災なのか。その疑問に、同性愛専門誌のパイオニア『薔薇族』副編集長としてゲイムーブメントを見つめてきた筆者が迫ります。水面下ですすむ衰退のシ ナリオを、現在・過去・未来の各視点から多角的・立体的に読み解き、独自の解釈・提案(ヨタ話、妄言をふくむ)を加えて、「新宿二丁目」の未来像を模索し てみました。
知性とは、"ムダなもの(こと)を楽しめる心の余裕"のこと。「ゲイの世界が潤おうと枯れようと、自分には関係ないヨ」なんてツレないことはおっしゃらず、"もっとも身近な異界"の秘密をかいま見てみませんか。あなたの知性を、きっと満足させてみせます!

◎こちらでも予約を承っております。どうぞご利用ください。

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68311609&tr=t

 

|

« 「星の王子さま」を見に行こう!〜作・寺山修司、構成・美術・宇野亜喜良、演出・金守珍 | トップページ | 「薔薇通信」が一番読み応えがあった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/44150584

この記事へのトラックバック一覧です: 『消える「新宿二丁目」』〜竜超君の本は街とゲイそのものの未来を予言する本だ!:

« 「星の王子さま」を見に行こう!〜作・寺山修司、構成・美術・宇野亜喜良、演出・金守珍 | トップページ | 「薔薇通信」が一番読み応えがあった! »