« ビ・ビ・ビとくるような本ばかりが並んでいる! | トップページ | ヤマジュンTシャツ、取扱いに関するお願い »

2009年5月 8日 (金)

『薔薇族』の人びと・その7〜波賀九郎さんとオカマちゃんのその後

 波賀九郎さんとオカマちゃんの人情話は、いよいよクライマックスに。ひとりだけ日本に残されてしまう、フィリピンの中学2年生の少女の悲しげな顔と、オカマちゃんの小学生の娘のことが頭から、どうしても離れない。

 何日か過ぎて、6畳一間の生活にもなれてくると、不思議な家族のような関係が生まれてくるようだ。波賀さんが父親で、おしげさんが女房、そして娘と。

 ある日のこと、小学校で父親参観日があって、おしげさんは朝帰りして、昼間寝ていて、とっても学校に行けないから、娘のために行ってくれと頼まれた。

 父親の代わりになって教室に入った波賀さん、どんな顔をして子どもたちの授業を見ていたのだろうか。

 相手が男の子だったら、波賀さんの可愛がり方も違ったのだろうが、僕の想像では、あまり女の子に愛情を持たなかったのでは。だから女の子も波賀さんになつかなかったのかもしれない。

 波賀さんが、ぼそっと語ったところによると、女の子は暗いと言っていたけど、その少女が、その後、どんな人生を歩んだのか、なぜか、僕には気になるところだ。

 おしげさんは、家にいる時も女装をして暮らしているが、首から下は逞しい男の体で、なんともアンバランス。おしげさん、女の子を連れて、昼間の早い時間に銭湯に行く。もちろん男風呂に入るのだが、地元の人たちは全く気にしていない。その近辺がオカマちゃんを気にしない町だからだろう。

 アパートの隣の部屋には、岡山から出てきた資産家の息子が住んでいる。女装が好きでオカマになったそうだが、その時代、息苦しくて家に住んでいられなかったのだろう。

 もうひとりのアパートの住人のオカマちゃんは、ヒロポン中毒者だった。その頃、ヒロポンを買うのにお金がかかったのだろう。持ち物を何から何まで質に入れて、部屋の中はがらんどう。

 泉鏡花の新派の名作「婦系図」の名セリフをうわごとのように叫んでいるのが、よく部屋の外までもれてきたそうだ。

 それが2、3日、全く聞こえなくなってきたので、住人が変だと思って部屋に入ってみたら、何にもない部屋に残されたカヤにくるまって、素っ裸で押し入れの中で死んでいた。

 アパートの住人と近所の人たちが、お金を出し合って棺桶を買い、焼き場に運んで、皆でお葬式を済ませたそうだ。

 波賀さんの弟さんと妹さんとも連絡が取れて、やっと援助の手が差し伸べられて、3ヶ月後には、オカマちゃんの部屋から、やっと別れることになった。

 しばらくたってから、波賀さんはおしげさんのアパートを訪ねたら、もうそこにはいなかった。

 オカマちゃんと、小学校3年生の女の子はどうなってしまったのか。人情味あふれる大阪の夏物語。今の世にも大阪の人情話は続いているのだろうか。

 波賀九郎さん、力道山のプロレスの写真を撮っていたこともあったそうだ。もっと、もっと話を聞いておきたかった。

 被写体に肉迫して、シャッターをきっているときの波賀さんの眼光の鋭さは、今でも僕の目に焼き付いている。

Photo

★ミカと僕との、仙台の七夕祭りに行く、満員のお客を乗せた夜汽車の中で出会いから、33歳で事故死するまでの15年間を綴った本が、いよいよ「彩流社」 から、今月発売される。タイトルは『裸の女房=裸でデビュー、裸で死んだ前衛舞踏家、伊藤ミカ』。定価は未定だが、6、7年の歳月をかけて書いた ものだ。なぜ、ミカは性をテーマに舞踏を創作したのか、なぜ、裸で踊ったのか、死後39年経ってぶちまけた話題作になることは間違いない。乞う、ご期待 だ!

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

 

|

« ビ・ビ・ビとくるような本ばかりが並んでいる! | トップページ | ヤマジュンTシャツ、取扱いに関するお願い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/44938938

この記事へのトラックバック一覧です: 『薔薇族』の人びと・その7〜波賀九郎さんとオカマちゃんのその後:

« ビ・ビ・ビとくるような本ばかりが並んでいる! | トップページ | ヤマジュンTシャツ、取扱いに関するお願い »