« 『薔薇族』の人びと・その8〜谷口和己/高校生が書いた小説と信じていたが・・・・・・ | トップページ | 伊藤文学著『裸の女房』の出版を祝う会へのお誘い! »

2009年5月12日 (火)

「内藤ルネ 人形物語」を見に行こう!

 どんなに長い年月をかけ、苦労をしてコレクションしたものでも、その人が亡くなってしまえば、後に残された人は売り払ってしまう。

 骨董品でも、美術品でも、また愛好者の手に渡されて行く。その歴史の繰り返しだ。

 小学館発行の内藤ルネ著「すべてを失(な)くして」に書かれているように、7億円ものお金を詐欺師に騙し取られ、千駄ヶ谷のマンションも失ってしまった。

ルネさんが集めた、アンティークのお人形など、その量はトラック1台分にもなった。それらを僕の女房の古里、新潟県の弥彦村にある土建業を営む兄の倉庫に運び込んだのだ。

 10年以上も段ボールに詰め込んだまま、預かっていたが、何年か前に修善寺に小さな「内藤ルネ人形美術館」を建てたので、トラックで運び込んだ。

 僕などは買い集めた骨董品など、ほとんど忘れてしまっているが、ルネさんは違う。「こんな人形が残っているはずだから探してくれ」と、何度か電話がかかってきて、探し出して送り返したことがあった。それほど買い求めた、お人形のひとつ、ひとつに愛着を持っていたのだろう。

 人間、落ち目になってしまうと、そこから這い上がるのは大変だが、ルネさんは本郷の弥生美術館で開催した「内藤ルネ展」が大当たりをして、再び脚光を浴びることになった。

 しかし、人形美術館はうまくいかず閉館になり、昨年、ルネさんは亡くなってしまった。悲しい話だが、あんなに愛情を注いでいた、お人形たちも、オークションにかけられ売られてしまった。

 それらのお人形のいくつかは、渋谷のパルコの筋向かいの地下にある「マリアの心臓」のオーナーが買い求めて、5月16日から6月14日まで、「内藤ルネ 人形物語」が開催され展示されることになった。

 僕も『薔薇族』の表紙絵として書かれた少年の絵を数点展示することにした。

 僕は昭和7年の3月生まれ、ルネさんは11月生まれの同じ年だった。膝の痛みと前立腺肥大で、夜中に年度も目が覚めて、トイレに行かなければならない悩みを手紙で訴えたら、それの返事がルネさんから返ってきた。

 ルネさんほど、心やさしい人はいないだろう。手紙には僕の名前の他に、女房の名前、息子の名前、息子の嫁さんの名前も必ず記されていた。

 「ガマンするしかない、などと考えないでね。とにかく、とにかく、明るく、明るく考えてゆきましょうよ。ぜったいによいことが待っていると考えましょうよ。
 そして何よりも文学さまには、たくさんの味方がソバにいるのですからね。うらやましいですよ。
 オペ!うまくゆきますように祈っていますよ。気軽にゆきましょうね。そしてお互いに少しでも長生きしましょうね!」と、励ましてくれたルネさんが、先にあっけなく、あの世に旅立ってしまった。

 年金が銀行に入ったというので、お見舞いにといって、3万円が封筒に入っていた。

 僕のブログを見てくれている人たち。渋谷の「マリアの心臓」って、一度は見てほしい不思議な空間だ。1000円、入場料がかかるけれど、ルネさんが愛した人形たちをぜひ、見に来て下さい。きっとルネさんは、喜んでくれるに違いないから。

Photo

01

●渋谷駅から「パルコ」に向かって坂を登って行って、その筋向かいのビルの地下1階、エレベーターで下りると目の前。渋谷区神南1丁目20ー9ーB1・火曜日休館・電話03(3780)9818。

Photo_2

★ミカと僕との、仙台の七夕祭りに行く、満員のお客を乗せた夜汽車の中で出会いから、33歳で事故死するまでの15年間を綴った本が、いよいよ「彩流社」 から、今月発売される。タイトルは『裸の女房=裸でデビュー、裸で死んだ前衛舞踏家、伊藤ミカ』。定価は未定だが、6、7年の歳月をかけて書いた ものだ。なぜ、ミカは性をテーマに舞踏を創作したのか、なぜ、裸で踊ったのか、死後39年経ってぶちまけた話題作になることは間違いない。乞う、ご期待 だ!

☆お知らせ☆ 

このたび発売となりました「ヤマジュンTシャツ」をお買い上げいただいた皆さんに、製品の取扱いに関するお願いをさせていただきます。

(1)シルクスクリーンのプリントは熱に弱い為、乾燥機やアイロンの使用はお避けください。

(2)洗濯時は裏返して洗っていただくと日持ちがよくなります。

という注意書きが製作業者のほうより来ております。どうぞ皆様、この2点にご注意のうえ、末永くご愛用ください!


★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 『薔薇族』の人びと・その8〜谷口和己/高校生が書いた小説と信じていたが・・・・・・ | トップページ | 伊藤文学著『裸の女房』の出版を祝う会へのお誘い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/44991912

この記事へのトラックバック一覧です: 「内藤ルネ 人形物語」を見に行こう!:

« 『薔薇族』の人びと・その8〜谷口和己/高校生が書いた小説と信じていたが・・・・・・ | トップページ | 伊藤文学著『裸の女房』の出版を祝う会へのお誘い! »