« 60年代のあの熱気は、今どこに? | トップページ | 僕の心をいやしてくれる小公園が? »

2009年6月10日 (水)

「白いばら」での祝う会は大盛況でした!

 銀座で唯一、生き残り頑張っているキャバレー「白いばら」。そこに、6月6日土曜日夕方4時半、伊藤文学の友人、知人が「裸の女房」の出版を祝う会に集まり、超満員になってしまった。

 まさか百年に一度という未曾有の大不況の中、大枚1万円を投じて、来てくれる人はいないのではと心配したが、なんと150人もの友人、知人が来てくれた。それもご夫婦でという人、友人を何人も誘ってという人も多かった。

 お隣りに住んでいて、生まれたときからお付き合いしている歯医者さんご夫婦、つい最近、下北沢の喫茶店の「邪宗門」で偶然出会った、子どもの頃、近所に住んでいたブリキ屋さんの息子のシゲオちゃん、2人も友人を連れて来てくれた。

 世田谷学園の同期生も何人も。ミカの体操学校時代の友人、舞踏研究所で稽古に励んでいた仲間たち。ミカが日本女子体育大の2年生の夏、鎌倉の海岸のそばのお寺に合宿して1週間、水泳の練習をしていたとき、大学歌人会の仲間の共立女子大の三村直子さんが、鎌倉に住んでいたので、ミカとの出会いを作ってくれた。三村さんも娘さん2人を誘って来てくれた。

 SM作家の団鬼六さん、病気を押しての参加で、スピーチをして祝ってくれた。僕の会には必ず出席してくれる、元「週刊文春」の編集長、現在は「WiLL」の編集長の花田紀凱さん、「裸の女房」の中のミカの日記の文章をほめて、いい本だと言ってくれたのはうれしかった。

 太平洋戦争中の総理大臣、戦犯で絞首刑になった東條英機さんのお孫さんの東條布由子さん、元気な方で、参議院選挙にも立候補された方の参加は感激だった。

 「白いばら」のオーナーの大住政弘さんとは「雑学倶楽部」での出会いから親しくなった方だが、雑学倶楽部の仲間もたくさん来てくれた。

 僕くらいイベント好きな人はいないだろう。その数の多さをギネスブックに申請したいぐらいだ。

 4月に世田谷学園の同期生が亡くなって、お通夜に参加したが、この世にいなければ、いくら多くの人が集まってくれてもどうなるものでもない。元気なときにしばらくぶりに友人、知人と出会って話し合う。こんなに楽しいことはないからだ。

 会の最初に3つのお願いをした。スピーチをしているときは私語をつつしんでほしい。お料理は残さず食べてほしい。誰ともしゃべらずに帰ることのないように、隣に座った人に声をかけて友達になってほしいと。

 キャバレーのショウは、みんな満足したようだ。手拍子をして応援してくれた。訓練された踊りは見事だった。

 長いこと苦労されて、今や押しも押されもしない、メジャーな歌手になってしまったクミコさん。下北沢の喫茶店、イカール舘でも歌ってくれたし、新潟の、ロマンの森美術館にも何度か来てくれた。そうした時代のことを忘れずに来てくれるクミコさん、伴奏なしで気軽に歌ってくれた。

 キャバレーの営業時間に食い込んで、ホステスさんも次々と席に座ってくれて、みんなキャバレーのムードを楽しんでくれた。

 こんな素晴らしい会を開く人って、世界中にいないのではとほめられたり、司会も僕がやって疲れたけれど、思い切って会を開いてよかった。彩流社の社長さん、キャバレーに入ったのは初めてだそうで、会が終わっても居残ったようだ。そんなお客さんも多かった。

これで本が売れてくれれば言うことはないのだけど。

Photo「彩流社」の竹内淳夫社長もご機嫌でした。

Photo_4ミカの日記をほめる花田紀凱さん。

Photo_6歌をプレゼントしてくれたクミコさん。


☆お知らせ☆ 

このたび発売となりました「ヤマジュンTシャツ」をお買い上げいただいた皆さんに、製品の取扱いに関するお願いをさせていただきます。

(1)シルクスクリーンのプリントは熱に弱い為、乾燥機やアイロンの使用はお避けください。

(2)洗濯時は裏返して洗っていただくと日持ちがよくなります。

という注意書きが製作業者のほうより来ております。どうぞ皆様、この2点にご注意のうえ、末永くご愛用ください!


★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 60年代のあの熱気は、今どこに? | トップページ | 僕の心をいやしてくれる小公園が? »

コメント

 いつも楽しみに拝見させていただいています。もうご存じだとは思いますが、だれもコメントを寄せていないようなので、欠かさせていただきます。旧聞になりますが、6月11日付の夕刊フジの花田さんのコラムは「伊藤文学さん出版パーティー」「前衛舞踏家との生活全てを描く」との見出しが付いていました。

投稿: イシ | 2009年6月23日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/45301015

この記事へのトラックバック一覧です: 「白いばら」での祝う会は大盛況でした!:

« 60年代のあの熱気は、今どこに? | トップページ | 僕の心をいやしてくれる小公園が? »