« 「裸の女房」最初の読者から手紙が。 | トップページ | 「週刊新潮」さん、新聞社をいじめるな! »

2009年6月23日 (火)

児童ポルノを規制する法律を作る前に!

 選挙が近くなってくると、ポストに「公明新聞」が、毎日入ってくる。

 6月8日(月)の公明新聞の「主張」という欄に、「児童ポルノ・追放へ一刻も早く法改正を・許されぬ『事実上、野放し状態』の放置」という見出しで書かれている。

 「児童ポルノ大国の汚名を返上するためにも、一刻も早い法改正が必要だ。国会は速やかに審議に入るべきである。
 子どもの性的虐待画像の『単純所持』禁止などを盛り込んだ『児童買春・児童ポルノ禁止法』改正案が、与野党双方から今国会に提出されている。
 だが、児童ポルノの定義などをめぐる見解の違いや、政局の影響などから、与野党間の話し合いは進んでいない。改正案はいわば、宙に浮いた格好にある。
 このまま今国会でも不成立となれば、昨年の臨時国会に続く、審議未了・先送りとなる。『事実上、野放し状態』とされる日本の児童ポルノ環境を、いったいいつまで放置しておくつもりなのか。今国会中の法改正を重ねて強く求めておきたい。(後略)」

 政治家というのは、あまりお金にならないような法律作りには熱心にはならないようだ。主要8カ国(G8)を見ても、単純所持を規制していないのは日本とロシアだけだそうだ。児童ポルノを持っているだけで逮捕されたり、家宅捜索されたりしたら、たまったものではない。

 路上でうさん臭いと見られる若者を呼び止めて、鞄の中から、財布の中まで警察官に調べられている光景は日常茶飯事だ。こんなことが当たり前になって、誰も文句を言う人がいないなんて怖い話だ。

 他の新聞が、こうした主張をするのは仕方がないとしても、宗教団体の創価学会が母体となっている公明党なんだから、規制することばかり主張しないで、佛の教えから見て、どういう人たちが児童ポルノを必要としているのかということを、視点を変えて主張してもらいたい。

 児童買春が悪いことは決まりきっている話だ。少年愛の人たち、少女愛の人たちからも話を聞いてほしい。それから規制する法律を作ってほしい。

 あまり規制を強くすると、かえって地下に潜り、そうした犯罪が増えるのではないだろうか。

 少年を愛する人、少女を愛する人は、人間がこの世に存在したときからいるのだということを忘れないでほしいものだ。

Photo


☆お知らせ☆ 

このたび発売となりました「ヤマジュンTシャツ」をお買い上げいただいた皆さんに、製品の取扱いに関するお願いをさせていただきます。

(1)シルクスクリーンのプリントは熱に弱い為、乾燥機やアイロンの使用はお避けください。

(2)洗濯時は裏返して洗っていただくと日持ちがよくなります。

という注意書きが製作業者のほうより来ております。どうぞ皆様、この2点にご注意のうえ、末永くご愛用ください!


★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 「裸の女房」最初の読者から手紙が。 | トップページ | 「週刊新潮」さん、新聞社をいじめるな! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/45432377

この記事へのトラックバック一覧です: 児童ポルノを規制する法律を作る前に!:

« 「裸の女房」最初の読者から手紙が。 | トップページ | 「週刊新潮」さん、新聞社をいじめるな! »