« 新聞、テレビは死んでしまうのか | トップページ | 『真夜中のバスケットボール』を文庫化したい! »

2009年8月29日 (土)

女性が読んでくれれば本になるのだけど。〜体育大出身の作者が書いた『真夜中のバスケットボール』

 25年以上も前に『薔薇族』に掲載された、40作(1篇が16頁)もの山川純一君の劇画がネット上で話題になり、それがどんどん広がって、それらの作品をまとめた、1冊5000円もする『ウホッ!!いい男たち』(ブッキング刊、本体価格4800円)が、6刷を重ねて売れ続けているとは。まさにネットの恐るべき威力というべきだろうか。

 もうひとつ、ネットで話題になった作品がある。これは小説ではなく、ほとんどが作者の実体験から生まれたドキュメントだ。

 『薔薇族』にかつて掲載された読み物のすべてと言っていいほど、読者であるゲイの人が書いたものだ。

 平成15年の7月号から連載が始まった『真夜中のバスケットボール 体育大生の青春日記』。この読み物はゲイの読者ではなく、ノンケ(女好きの男)の青年が書いたものだ。『薔薇族』史上にかつてなかった読み物と言っていいだろう。それだけに新鮮な感じを読者に与えたようだ。

 体育大のバスケットボール部の一軍の選手として活躍したが、実業団チームに入ることが内定していたのに、会社が不況でチームが解散してしまったために、やむなく宅配会社のトラック運転手となった。

 ノルマに追われ激務で人身事故を引き起こし、その賠償金支払いのために高級な会員制のウリセンボーイとなった。

 バスケで鍛えた肉体の持ち主の杉原克典君は、すぐさま店の売れっ子になってしまった。高級クラブのウリセンの店のお客は、誰もが顔を知っている有名人ばかりだった。

 そこでの通いつめてくる多くの有名人との様々なセックスの描写は、読む者を興奮させるには充分な話だった。

 連載が続くにつれて、読者からの反響は日増しに増えていた。この読み物の面白さは口コミとネットを通じて広がっていった。

 「ホモ雑誌にホモの話ばかりでは、血で血を洗う感じです。どうにもスカッとしません。そんなおりにハッテン仲間から『薔薇族』9月号は面白いぞと聞かされて、騙されたと思って読んでみました。
 あまりの衝撃に目が点になりました。型破りの内容で実に新鮮です。ノンケの作者というのがすごい。表現や発想がまるでホモと違うことにハッとしました。
 作者の青年は体育大出身らしく、圧倒的な男っぽさで迫力満点で掛け値なしの男です。過去にこんな小説は読んだことがありません。
 すごい、たくましいイチモツの持ち主であろうことは容易に想像できます。実は僕はホモであると同時にゴムフェチ(フェチは異常性欲のひとつ。異性が身につけているものに性欲を感じる)で、特にゴム長靴に関心があります。
 スポーツマンのゴム長の姿は、たとえようもなくセクシーです。ゴム長を履いてトラックに乗っている姿を想像するだけで気絶しそうです。
 スポーツ刈りでゴム長を履いているトラック運転手なんて、これ以上の男らしさはありません。しかし、そういう男は決まってノンケです。我々のような者が求めている男はすべて女にとらわれてしまいます。
 結局のところ、我々はハッテン場などで知り合う男は、一皮抜けばみんなオネエって男しか付き合えません。ごく一部の金持ちが金の力で本物の男を相手にできる現実が悲しいです。」


 一冊の本にしてほしいという要望は数多くありましたが、残念ながらこの人のようなフェチの人ってそう多くはありません。ヤマジュンの劇画のように女性が買ってくれなければ本は売れません。女性たち、この読み物を読んでみたいと思ってくれますか?

 Photo_3

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp


|

« 新聞、テレビは死んでしまうのか | トップページ | 『真夜中のバスケットボール』を文庫化したい! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/46058510

この記事へのトラックバック一覧です: 女性が読んでくれれば本になるのだけど。〜体育大出身の作者が書いた『真夜中のバスケットボール』:

« 新聞、テレビは死んでしまうのか | トップページ | 『真夜中のバスケットボール』を文庫化したい! »