« 昭和のにおいが、また街から消えて行く! | トップページ | 世の中、「NOHOHON」といきましょう!〜竜超君たちが作った話し合いの場 »

2009年10月 8日 (木)

カミングアウトすることって難しい。

 ブログを書き続けていて、それをネット上で自分で見ることができない。まして読んでくれている人の反響など知る由もない。

 今日も「古書ビビビ」に立ち寄って、僕のブログを見せてもらった。原稿用紙に書いた原稿を郵便で送ると、ネット上で見れるようにしてくれている人に、なんと感謝の言葉を述べたらいいことか。本当にありがたいことだ。

 大原麗子さんの孤独な死のことを書いたらメールで感想を寄せてくれた、レズビアンの方がいた。息子が紙焼きにして持って来てくれたので読むことができた。滅多にレズビアンの人の本音を聞くことはできないので、紹介させてもらうことをお許しください。

 「私は29歳のレズビアンの会社員です。昔は地元の小さな書店に『薔薇族』や『さぶ』が売っていて、10代の女の子でありながら、それを買ったことがあります。
 最初は自分の性を興味でしかないと思っていました。私は男性ともお付き合いをしたことがありますが、ゴールにたどり着かず、タイプが違うのかと思い、あらゆる性格、外見の違った方と知り合いました。
 セックスが合わないのかとも思い、SMから知り合ったりといろいろな方法を試しました。男性と付き合いながらも、女性と恋愛をしていたこともあります。
 20代前半のことでしょうか。当時付き合っていた彼女と毎晩のように電話でケンカをしていて、それが母親にばれて、しまいには電話の相手が女性なのではと母が気づいたようです。親の勘というものは恐ろしく鋭いものです。
 私は親に甘えていたのでしょう。自分の親なのだから、私のことを理解してくれるはずだと疑わず、勢いでそれを認め、つまりカミングアウトをしました。
 その後、私のカミングアウトのせいで、母はアルコール中毒まがいになり、自殺未遂も起こしました。テレビでオカマちゃんが写れば吐き気がするとチャンネルを変え、私が女友達の話をしようものなら、その場で泣き崩れてモノを投げるなど、とてもじゃありませんが、私にとっては惨劇そのものでした。
 それ以来、男性と付き合うことに専念し、母親の気持ちが落ち着くように努めました。ちょっと付き合っただけの彼氏を母親に紹介したり、友達の写真を彼氏だと偽ったり、小手先だけでやりくりした数年間でした。
 今は母が私のことをどう思っているのかはわかりません。
 29歳になって結婚の匂いもさせないことにどう思っているのかもわかりません。でも、私はレズビアンです。女性が好きです。男性に恋愛感情を持ちませんしセックスもしたくありません。
 ただし、たとえ親だからといって、セクシャリティを理解してくれということは私自身のわがままなのかもしれないと思います。
 伊藤さんの大原麗子さんの孤独死についての記事を読みました。レズビアンは非常にプライドが高い人が多いように見受けます。マイノリティという小さな村社会の中でプライドだけ高く、一方では自分自身に対する劣等感の強い方だったのかもしれません。
 私は将来的には結婚をしたいと思っています。母親には安心して死んでほしいですし、家の問題もあり、結婚できるに越したことはありません。でもノンケの男性と恋愛をしてセックスすることは難しいことです。
 伊藤さんのブログに出会えて良かったです。伊藤さんがいらっしゃることが、私にとってどれだけ勇気づけられていることか。」

 ゲイの人と結婚ということも考えられるが、異性とは結婚しない方がいいのでは。親孝行は別なことでもできるのでは。

Photo25年ほど前、僕が経営していたレズビアンバアの広告。全く忘れていました。今はありません。


★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 昭和のにおいが、また街から消えて行く! | トップページ | 世の中、「NOHOHON」といきましょう!〜竜超君たちが作った話し合いの場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/46432770

この記事へのトラックバック一覧です: カミングアウトすることって難しい。:

« 昭和のにおいが、また街から消えて行く! | トップページ | 世の中、「NOHOHON」といきましょう!〜竜超君たちが作った話し合いの場 »