« 僕は落ちてはいないぞ! | トップページ | 墓からあばいてしまったような »

2010年3月31日 (水)

今年も桜が咲きはじめて

 3月28日(日)、桜がちらほら咲はじめたが寒いのなんのって。また冬に逆戻り。その寒さもなんのその。シートを敷いたり、段ボールを敷いたりして、お花見の宴会を開いている人もいる。ビールなんて飲んだら、体が冷えてしまうのでは。

 北沢川の緑道の桜並木にまつわる話を書いてみよう。3月19日が僕の78歳の誕生日。昭和7年の生まれだ。

 青山の隠田で生まれて、まもなく代沢に越してきた。その頃、桜は植えられたのでは。そうだとすると、桜も80年ほど生きてきたという事に。

 二子橋を作り直すときに、土台を作るために大きな穴が掘られていた。その穴にはかなりの水がたまっていた。今ならその周りを人が落ちないように工夫されているが、その当時は、縄を周りに張っただけで夜は薄暗い。僕が小学校5、6年の時だったろうか。夜、酔った人が穴に落ちて死んでしまった。死体が引き上げられて寝かされていたが、下半身が露出していて、オチンチンが大きくなっているのを子供心に覚えている。

 何年か前に亡くなられた東宝の監督が、喫茶店の「邪宗門」によく来られていたが、その監督から、穴に落ちて亡くなられたのは、東宝のカメラマンということだった。

 北沢川も周辺に家がびっしりと立ち並ぶようになってきて、どぶ川化してしまったので、区が大金を投じて暗渠にし、下水の水を再生して流し、何年かかけて緑道は生まれ変わった。

 20年以上も前のことだろうか。親父が「世田谷文化の会」というのをやっていて、「さくらまつり」を開いたことがある。この立て看板は、僕が書いたものだ。

 川柳家だった親父は、あんどんを桜の木にくくりつけ、川柳を書き、夜になると、ろうそくに灯をともすという風流なことをしたものだ。

 バブルの頃は、広告をとって、ずらりとちょうちんを並べたが、『薔薇族』も1ケ1万円もするちょうちんを地元の信用金庫と張り合って10ケも寄付したのだから豪勢なものだった。

 戦時中、切られてまきにされたり、桜の木もいろんなことがあって、生き延びてきている。人間と同じ事なのかもしれない。

Photo『薔薇族』のちょうちんが10ケも。
Photo_2二子橋、田舎の川みたい。
Photo_378年前の桜並木
Photo_4僕が書いた立て看板

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 僕は落ちてはいないぞ! | トップページ | 墓からあばいてしまったような »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/47957418

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も桜が咲きはじめて:

« 僕は落ちてはいないぞ! | トップページ | 墓からあばいてしまったような »