« 男同士の愛が美しく | トップページ | ストライキの戦場が、居酒屋に! »

2010年5月28日 (金)

バイロスの直筆の手紙がみつかった!

 女房の古里の新潟県弥彦村の倉庫をしばらくぶりに訪れた。山のように積まれた段ボールのふたを開け、捨てるものと保存するものを仕分けする作業は大変だ。僕が一人で見て、仕分けなければならないからだ。

 一つの箱の中から、バイロスの直筆の手紙を見つけ出した。これは大発見だ。6月7日(月)から始まる銀座の「ヴァニラ画廊」での「バイロス挿絵展=背徳のシンフォニア」の会場に展示して見てもらい、みなさんによりバイロスに親近感を持ってもらえるからだ。Photo


 20年近くも前に「弥彦の丘美術館」で、世界で初の「バイロス展」を開いたことがあった。京都大学名誉教授の生田耕作先生がメッセージを寄せてくれた。

 「遠い新潟の弥彦の里で、このたび世界に先駆けて、『バイロス展』が開催されると聞き、いささか意表をつかれるとともに、バイロスの絵画を愛する者として、まことに嬉しく心から讃辞を捧げます。
 バイロスは、イギリスのビアズレー、フランスのロップスと並んで、ヨーロッパ世紀末絵画を代表するオーストリアの異色画家であります。
 彼の作品は、ロココの優雅な装飾性とアール・ヌーボーの憂愁を兼ね備えた、優雅で気品のある見事な芸術品です。とりわけ蔵書票の製作においては、世界最高のアーチストといわれながら、今もって正当な評価を受けることなく、今日に至っています。
 今回の展覧会を通じて、彼の芸術がより多くの方々に認められ、愛されるきっかけとなりますことを切に祈ってやみません」

 生田先生は、すでにこの世にいない。生前お会いする機会もなかったが、今回の「バイロス挿絵展」は、世界で二度目の展示ということになるので、きっと喜ばれるに違いない。

 バイロスの直筆の手紙も、どなたに訳してもらったのか、まったく忘れてしまったが、すべて訳してあるので内容を知ることができる。

 その内容は、あえて書かないことにしたが、会場に来られて見て頂きたい。バイロスの蔵書票の原画も手に入れていたが、今は手許にない。水彩画の原画は、会場に飾ってお見せしたいと思っている。

 蔵書票の原画には、こまかく薔薇の花が何百と書かれていた。バイロスのことを「薔薇の画家」と称されていたこともうなづける。

 僕がコレクションしたルイ・イカールも、バイロスもゲイの人だったと、僕は確信しているが、これも何かの因縁かもしれない。

 6月7日(月)の初日と日曜日には、僕も会場にいますので声をかけてください。それでは「ヴァニラ画廊」でお会いしましょう。

Photo_2


Photo_3

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 男同士の愛が美しく | トップページ | ストライキの戦場が、居酒屋に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/48480789

この記事へのトラックバック一覧です: バイロスの直筆の手紙がみつかった!:

« 男同士の愛が美しく | トップページ | ストライキの戦場が、居酒屋に! »