« 同性愛を違法としているアフリカ諸国 | トップページ | 東大に何人入ったかを自慢するよりも »

2010年6月22日 (火)

昭和の良き時代の異端絵模様に酔いしれよ!

 去る6月7日(月)12時、「バイロス挿絵展」の初日、ブログでも「会場にいます!」と書いてしまったので、10分前に「ヴァニラ画廊」に行く。

 「待っていました!」とばかりに入ってきたのは若い男性。続いては、可愛い色白の美少女だった。

 若い男性は、版画の好きな人で、もちろんバイロスのことはよく知っていた。

 少女も熱心に見ているので声をかけたら、僕のブログを見て知り、静岡からわざわざ見に来たのだという。バイロスのことを全く知らずにだ。

 昨年、東京の大学を受験して失敗、今年もまた失敗して二浪中で、来年に備えているという。

 話を聞いていて、すぐさま孫のことが頭に浮かぶ。僕は浪人をした経験がないが、代々木ゼミナールに通っていた孫の姿を1年間、見続けてきたので、浪人生活ってつらいのではと思ってしまう。

 少女のお父さんも大学受験で二浪したそうなので許してくれているという。少女の家庭環境を聞いて、何となく少女がバイロスに魅せられて見に来た思いが、僕には分かったが、それ以上は聞かなかった。

 丁度、昼時だったので、食事にでも誘おうかとも思ったが、次から次へとお客さんが入ってきたのでやめてしまった。来年はなんとしても目的校に入学できればと祈るばかりだった。

 会場を閉める7時までいたが、若い女性が多く見に来てくれたのはうれしかった。

 次の「ヴァニラ画廊」での展示は、「美濃村晃(喜多玲子)生誕90周年記念展示・昭和異端風俗絵模様」だ。

 美濃村晃さんは、SM画で有名な伊藤晴雨の最後のお弟子さんだ。美濃村さんは、喜多玲子という女性の名前で、大阪で刊行されていた『奇譚クラブ』(昭和27年・1952年6月に創刊され、オイルショック後の1975年、発行人の死により終刊)に挿絵を書かれていた方だ。

 僕との出会いは、昭和46年、『薔薇族』を創刊する以前に、「ナイト・ブックス」と名付けて、エロ本を次から次へと刊行していた頃のことだ。

 その中の5、6点のSM小説ばかりを集めて刊行したときの挿絵とカバアに使った色付きの絵を大事に保存していたのだ。

 いくらも画料を払っていなかったと思うが、実に丁寧に描いてくれていて見事な出来映えだ。上品で身体の線が美しい。

 『奇譚クラブ』は、姿を消した後に、多くのSM雑誌が発行されたが、昭和50年代、60年代には確固として存在し、ため息とともに失われた。わが国が誇りとすべき、知的SM文化がそこにあった。

 『奇譚クラブ ダイジェスト復刻版』(A5判・270ページ、税込み価格2000円)は、(株)ワンツーマガジン社から刊行されている。まだ在庫はあると思うので本格的なSM小説や手記を読んでみて下さい。

 『薔薇族』も初期の頃に掲載された小説、手記も素晴らしい作品があるが、現在の出版不況の中では、本にできないのが残念だ。

 45年もの間、美濃村晃さんの作品を大切に保存していたので、今、みなさんにお見せできることはこんなに嬉しいことはない。

 6月26日(土)午後4時から6時、SMの女王、早乙女宏美さんと美濃村さんのお弟子さんの鏡堂みやびさんを招いて、トークショーを「ヴァニラ画廊」で開く。会費1500円で僕も参加するので、ぜひ、お出かけを!!

Photo
Photo_2

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 同性愛を違法としているアフリカ諸国 | トップページ | 東大に何人入ったかを自慢するよりも »

コメント

明日はトークショーに伺えずに残念です。

投稿: 亜彌 | 2010年6月25日 (金) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/48694983

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の良き時代の異端絵模様に酔いしれよ!:

« 同性愛を違法としているアフリカ諸国 | トップページ | 東大に何人入ったかを自慢するよりも »