« 東大に何人入ったかを自慢するよりも | トップページ | いろいろな想い出を残して »

2010年6月25日 (金)

ルネさんの幻の『薔薇族』の表紙絵

 「ナビゲイター」というネットの会社から話があって、3度目の『薔薇族』を復刊させたいという熱心な誘いがあり、76歳の松下芳雄さんと、74歳の僕と、なんとふたり合わせると150歳のコンビで雑誌作りが始まった。

 紙で作る雑誌とネットでも見れる雑誌にするという。平成18年8月、通巻35巻・383号の雑誌ができあがった。『薔薇族』が創刊してから35年目の夏だった。

 383号の表紙は、藤田竜君が描いた創刊号のときの表紙絵を使い、384号の表紙絵は、内藤ルネさんにお願いして描いてもらった。

 その表紙絵が、ルネさんの最後の作品になってしまったとは。その上、「ナビゲイター」の担当者が、原稿が全部入稿してあったのに夜逃げをしてしまい、行方が分からなくなってしまった。4年前のことだ。

 2010年の6月7日、新潟県弥彦村の倉庫へ荷物を片付けに2泊で行ってきた。山のように積まれた段ボールのひとつから、そのときのルネさんの表紙絵と映画評のルネさんのコピーが出てきたではないか。

 まさにルネさんの幻の作品だ。それから間もなくルネさんは天国へ旅立ってしまったのだから。腕に深紅の薔薇の入れ墨をしている若者の裸像だ。

 ルネさんは、「メディアソフト社」から『薔薇族』が復刊されたときに、こんなエッセイを残している。「セクシーボーイズを描く楽しさ。時を経て輝きを増す少年たち。」と題して。

 ルネさんの表紙絵はマンネリだ。古くさい、という若い編集者の声に押されて、ルネさんを降板させてしまった。そのときのくやしさをルネさんはこう記している。

 「(前略)時の流れで表紙絵を描くことをやめることになったときの寂しさ。もっと、もっと描き続けたかったので、残念で悔しかったですよ!(私は今だって『薔薇族』の表紙をすぐにでも描きたいのです。)
 幸いなことにあれだけたくさん描いたルネ・ボーイズの表紙の男の子たちは色あせず、年を加えるごとに自分で言うのはおかしいですが輝きを増していますよ。
 まったく見ているだけで、嬉しくなってくる男の子たち、それが『薔薇族』のルネ・ボーイズなのです。それがホモ男性に、私がプレゼントした少年たちなのです。
 『薔薇族』の表紙の少年たちを描いているうちに、時は楽しく、嬉しく過ぎてゆき、その時間の経過が私の生活の苦しさを忘れさせてくれました。
 不幸な時間を忘れさせてくれたルネ・ボーイズたち、ありがとう!そして伊藤さんの復刊の幸運の持続を今はなによりも心深く祈っています!」

 メディアソフト社が発行してくれた『薔薇族』も8号出して廃刊。その後の「ナビゲイター」での復刊も、2号目、ルネさんが張り切って表紙絵を描いてくれたのに、その出来上がりを見ることなく、ルネさんは亡くなってしまった。

 ルネさんの先人の抒情画で少女の絵を描いていた画家たち。そのほとんどの方がゲイだったのに、好きな少年の絵を描いたのでは商売にならない。少女の絵を描くことで生活していたからだ。

 ルネさんは『薔薇族』と出会ったことで、理想の少年像を描き続けることができたことは幸せなことだったのでは。

 その上、ルネさんは再び脚光を浴びることができた。そんな人っていないだけに、ルネさんの人生って最高だったのかも。

 ☆『薔薇族』NO.395 「内藤ルネ、降臨」号は在庫あります。1000円分の郵便切手を送って頂ければすぐに送ります)

Photo

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

|

« 東大に何人入ったかを自慢するよりも | トップページ | いろいろな想い出を残して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/48717043

この記事へのトラックバック一覧です: ルネさんの幻の『薔薇族』の表紙絵:

« 東大に何人入ったかを自慢するよりも | トップページ | いろいろな想い出を残して »