« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月28日 (木)

57年ぶりに、また序文を寄せてくれた!

 僕は、世田谷中学(現在の世田谷学園)の4年を修了して大学を受験した。当時は新制大学に切り替わる前で、予科というのがあった。

 明治大学、法政大学、国学院大学を受験したが、全て落ちてやむなくコネで駒沢大学に入学することができた。世田谷中学も永平寺の貫首(かんず、最高位の僧)にまでなられた山田霊林先生の著書、「禅学読本」を第一書房時代に手がけた父が懇意だったので、入学をお願いしたわけだ。

 頭の悪い僕は、劣等感の塊だったが、万葉学者の森本治吉先生の教えを受けて、短歌を作るようになっていた。森本先生はアララギの同人で、「白路」という短歌誌を主宰していた。

 その頃、各大学の短歌会に所属する学生たちが結集して「大学歌人会」が結成された。

 東大、早大、国学院大、中央大、学習院などの学生が参加して、東大の三四郎池のほとりにあった山上会議所で、昭和25年に初の短歌会が開かれた。

 駒大からの参加は僕一人だけで、みんな頭の良さそうな学生ばかりで、僕はうつむき加減だった。

 そのときにどんな作品を出したのかは忘れてしまっているが、東大国文科の中西進さんが、僕の作品を絶賛してくれたのだ。

 それからの僕は、中西さんの言葉で自信をもらい、人生が変わったと言えるだろう。僕のアイデアで手のひらに乗るような豆本歌集を出すことを考えた。

 その頃、親しくなっていた教育大学(現在の筑波大)の学生の相沢一好君と一緒に豆本歌集を出した。しかし、1000部作るのに5000円もかかる。親父に頼んだが貸してくれなかった。その頃、東横百貨店に勤めていた姉に頼んで借りることができた。姉の月給は5、6000円だったのでは。

 1冊10円で売れば5000円利益が出るということだ。評判が良くてたちまち売れてしまい、姉に5000円返すことができた。

 残念なことに相沢一好君の「夜のうた」は手許にあるが、僕の歌集「渦」は手許にない。その「渦」の序文を中西進さんが寄せてくれたのだ。

 9月25日の毎日新聞に1ページも使って「聞きたい、この人の言葉・創造的な批評こそ学問」と題して、現在は帝塚山学院長、奈良県立万葉文化館館長でもある中西さんと岩村暢子さんとの対談が載っていた。

 中西さんんは81歳、その写真はお元気そのものだった。つい最近、57年前に僕の歌集「渦」に寄せてくれた原稿を見つけ出していたのだ。

 僕の作品をほめてくれているのはわかるが、キラキラした文章で、その頃も理解できなかったが、今読んでもよくはわからない。

 毎日新聞での対談も、前半は理解できるが学者のしゃべっていることって、後半は難解でわからない。

 みつかった原稿と対談を読んでもわからないと書いて手紙を書いたら、「旧稿すっかり忘れていました。おわびの気持ちを持ちながらもう一つの序を戯れてみました。お互いいつまでも元気でいましょう」とあって、「渦、もう一つの序」という一文を寄せてくれたではないか。全部、紹介したいが、長いので載せられないが、57年ぶりに序文を寄せてくれたなんて、こんなことってあるだろうか。友情に感謝するばかりだ。

 「伊藤文学君の作品には、繊細な、まるで吐息のような愁いがある。
 これこそが、伊藤君の作品の青春性といってよいだろう。(後略)」

 57年ぶりに、またも勇気と自信を僕に持たせてくれた。ありがたいことだ。

Photo

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月14日 (木)

薔薇ひとすじの人生

 関西に住む『薔薇族』の古い読者の方で、薔薇を栽培し、薔薇を生花の素材として使っている方がいる。

 薔薇一筋の人生で、Oさんのことをうらやましい限りだという手紙を送ったら、こんな手紙が返ってきた。Photo

 「小生のことを薔薇一筋でうらやましい人生だとおっしゃいますが、正直言って他に何も取り柄がないので、薔薇にすがりつくより方法がなかったのです。
 それが私の人生でした。だただ、それだけのことです。しかも、その薔薇作りたるや、下手の横好きの域を出ないのが、その実状で恥ずかしいものです。
 たっだ、それを生花にすることについては、日頃、その生態を目の当たりにすることができたので、他の華道人とは、また違った美の捉え方ができたのかもしれません。
 薔薇を生花に使う部外者には簡単に思われるかもしれませんが、『薔薇を生ける』ということと、『薔薇を使った生花を製作』するというのは全く別のことなのです。
 普通、薔薇をもって生花を製作するなど、一般の生花人は思いつかないのでは。第一、薔薇と聞いて花屋の店頭にある薔薇しか思い浮かばない人にとって、薔薇ほど扱いに困る素材はないのです。箸にも棒にもかからない、それが生花としての薔薇の位置なのです。そして、花屋にあふれる数に反して、主要な花材として取り上げられることのなかったのが薔薇だったのです。
 数年前、大阪で開かれた『世界バラ会議』の際にも、百点ばかりの薔薇を使った生花の作品が展示されましたが、会場に入って見渡したとたん、『こりゃ、駄目だ!』と思いました。
 立派そうに見える作品ばかりでしたが、一目見た時に『薔薇が表現された』ものとはいえない、そんな作品ばかりで想像していた通りのものでした。一作品ごとに立ち止まるでもなく、単に薔薇を使った作品群であることが判りました」
Photo_2

 この関西に住むOさん、謙遜されていますが、薔薇の生花に関しては権威で、各地で薔薇の生花について講演もされているようだ。

 確かに薔薇の花って、ちょっと花瓶にさすには適しているが、生花の素材としては日本の建物の中には向かないのかもしれない。

 Oさん、古いタンスの引き出しの中に薔薇を生けたり、古い障子を使ったり工夫をされている。

 薔薇をこよなく愛する人は、ゲイの人だということをOさんの生花を見ていると感じさせる。おひとりで住んでおられるようだが幸せな方ではないか。

Photo_3

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

ヤマジュンの「やらないか!」をタイトルに!

 山川純一君の劇画「くそみそテクニック」の中の話題の名セリフ「やらないか!」を、僕のブログを集めた本のタイトルに使わせてもらった。

 日本が今の中国のように景気が良かったバブルの時代が過ぎて、早くも20年を越す。今の若者は活気に満ちあふれた、日本のいい時代を全く知らない。

 景気が悪くなるばかりの時代を生きている。これでは希望も持てないし、夢を描くこともできない。

 中国に馬鹿にされても、怒ることもできず、仕方がないと諦めている。労働者の平均給与が405万円で下がるばかりだという。これでは必要ではないものは買わなくなってしまう。

 こんな元気のない時代だからこそ「やらないか!みんな行動を起こせ!」という呼びかけが必要ではないか。

 尖閣諸島沖での漁船衝突事件、その中国漁船の船長が釈放というニュースが流れた夜、都内のS区の区長を辞められ、党を立ち上げて、参議院選挙に立候補して落選された方の講演会に出席していた。

 前S区の区長のYさん。釈放のニュースにいきりたってデモ行進をするという。しかし、それから何日も経っているというのにデモなどやった話は聞かない。

 前区長のYさんがいくらデモに参加を呼びかけたって参加する人はいないだろう。今の日本人は政治家がどんなに悪いことをしても、ただひたすら我慢してしまっている。中国のやり方に抗議して、デモ行進をするような血の気の多い日本人はいない。

 早稲田大学教授の丹尾安典先生が「やらないか!」に序文を寄せてくれた。先生は2008年12月、新潮社から「男色の景色ーーいはねばこそあれ」という本を出されて、『薔薇族』のことも紹介してくれた。その本の帯には「日本文化における男色という道、それは〝王道〟だった!」と大書きされている。

 僕の「やらないか!」のサブタイトルは「『薔薇族』編集長による極秘的ゲイ文化史論」と、彩流社編集部の河野和憲君が考えてくれた。丹尾先生のように、いろんな文献を読破されて書かれたものと、本を全く読まない僕の本とは比較にもならないが、『薔薇族』創刊以前の昭和20年、30年代のゲイ雑誌のことを書いている。

 ゲイ文化史論などというおおげさなものではないが、多少は戦後の日本のゲイの歴史がわかるのでは。

 丹尾先生が序文に書いてくれた、僕が長い時間をかけて訴え続けてきた「ゲイよ、差別の視線を浴びせられる者たちよ、堂々と生きろ」と。こつこつと訴え続けてきたことで、少しずつ世の中の人の見る目が変わってきたのでは。

 中国との問題にしても、少しずつ機会を捉えてお互いに理解を深めていくしかないだろう。

 ゲイの問題にしても明治の時代に入って富国強兵の道を辿ってしまった日本は、ゲイは隠花植物的にならざるを得なかった。

 これからはゲイの人たち、ひとりひとりが自覚して「やらないか!」精神を強く持って堂々と胸を張って生きるべきではないだろうか。

 今月末には彩流社から発売される「やらないか!」、ネットで見たから買わないなんて言わないで手許に置いて読んでほしいものだ。

Photo
Photo_2

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 9日 (土)

早稲田大学教授、丹尾安典先生の序文に感動!〜彩流社から伊藤文学著『やらないか!』が10月下旬に本に!〜

 誰もがネットを見ている。本を読まなくなってしまったのは当然のことだ。こんな時代に自費出版でなくて、本を出すということは大変なことだ。

 「お父さん、ブログをやってみたら…。原稿用紙に書いてくれれば、私がネットで見れるようにするから」と、次男の嫁がすすめてくれた。

 『薔薇族』が廃刊になるまでは、僕のエッセイのページがあったから、ずっと書き続けてきたが、それがなくなってしまって息切れするような気持ちになっていた。

 それからブログの原稿を書きはじめて、もう4、5年になるだろうか。息子の嫁も勤めに出るようになって、投げ出されてしまったが、今は、僕のファンのような人が、原稿を郵送するとネットで見れるようにしてくれている。本当にありがたいことだ。

 書き続けたブログの原稿もかなりの量になっていて、何を書いたのか、忘れてしまっている。

 復刊した『薔薇族』を購入してくれて、知り合った女性が、今までもブログに書いたものを紙焼きにしてくれた。かなりの量の原稿を読み返してみたら、自分で言うのもおこがましいが面白く読めた。

 これは1冊の本にして残しておきたいという気持ちがむらむらと湧いてきた。これはという作品を選び出して6つの章にわけてみた。そして、タイトルを山川純一人気にあやかって、『やらないか! 若者よ行動を起こせ』と名付けてみた。

 それから出版社に持ち込んだが、3社から断られ、最後に持っていったのは、昨年6月、先妻の舞踏家、ミカとの出会いから事故死するまでを書いた『裸の女房』を出してくれた彩流社だった。

 9月2日に昨年お世話になった彩流社の編集部の河野和憲君を飯田橋の事務所に訪ねた。幸いなことに社長の竹内淳夫さんも同席してくれて、ビールをごちそうになりながら、最近の出版界の状況など話題が弾んだ。

 9月15日のことだった。河野君から電話があって、「ゲラが出たからお持ちします」ということだった。

 16日の2時に渋谷の東急プラザの5階にある喫茶店で河野君と会った。僕が現役で出版の仕事をしていた頃は、印刷所の職人さんが1本、1本、活字をひろって組んでいた。1冊の本を組むには、大変な時間がかかったものだ。それが写真植字でページを組むようになっていった。

 それからの印刷の進歩はめざましいものなのだろうが、その後のことはよくわからない。ページを組む費用は高かったし、時間もかかった。それがどういう作業をするのかはわからないが、またたく間にゲラが出てしまうらしい。

 彩流社が本にしてくれるまでの時間は、2、3年かかったのでは。なんとしても本にしたい、あきらめなかった執念が実を結んだということか。

 河野君がサブタイトルを「『薔薇族』編集長による極秘的ゲイの文化史論」と考えてくれた。ぐっと本の重みが増したのではないだろうか。

 序文を早稲田大学文化構想学部教授の丹尾安典先生が「下北沢のオッチャンの新刊を推す」という見出しで、心あたたまる文章を書いてくれた。

 「本書を読み、、伊藤の祖父、伊藤冨士雄が娼妓解放に力を尽くした人であることを知り、この下北沢のオッチャンの体内に受け継がれてきた血の質にはじめて触れた気がした」と結んでいる。

 本は今月下旬に書店で発売となる。

 Photo

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

よしもとばななさんの「もしもし下北沢」が単行本に!ーー9月24日、毎日新聞社より刊行ーー

 小説を書ける人っていいなと思う。作家のよしもとばななさんが毎日新聞に連載していた小説「もしもし下北沢」が完結して、毎日新聞社から単行本化され出版された。

 僕は、鈴木琢磨さんという毎日新聞の記者が毎週月曜日の夕刊に「酒に唄えば」というコラムを書いているのを読むのが楽しみで、毎日新聞をずっと購読している。

 おそらくネットで、僕のブログを読んでくれている人は、毎日新聞、いや新聞を読んでいないだろうから、よしもとばばばさんの「もしもし下北沢」を読んでいないに違いない。

 よしもとばななさんは、下北沢の近くに住んでいて、いつかはっちゃんの古本屋で、僕のコレクションを展示して、販売したことがあったが、そのとき、よしもとさんが、カリフォルニアのフルーツのラベルを気に入られて、2点購入してくれたということをはっちゃんから聞いていたので、ぜひ一度お会いしたいものだと思っていた。

 9月12日の日曜日、下北沢の南口商店街のピュア通りで、フリーマーケットが開かれ、、よしもとばななさんが「もしもし下北沢」のイラストを担当していた大野舞さんが製作したカレンダーなどのグッスを販売されると毎日新聞に記事が載っていた。

 よしもとばななさんに、このチャンスにお会いできると楽しみに、この日を待っていた。今、住んでいるマンションからは下北沢に出るのが遠くなって、よほどのことがないと下北沢に出る機会が少なくなっていた。

 本当のことを言うと、「もしもし下北沢」は毎週土曜日の夕刊に、1ページのほとんどを使って載せられていたが、最初の2、3回は読んだが、それからは「本になったら読むか」と思って読まなくなっていたのだ。

 第一、よしもとさんの小説も、一度も読んだことがない。よしもとさんの作品だけでなく、本そのものを読まない人なのだからどうしようもない。

 フリーマーケットの当日、11時半頃出かけたら、まだ店を出す準備の最中だった。喫茶店で30分ほど時間を過ごして出かけてみたら、いつもより出店者が、暑さのためか少なくて寂しいフリーマーケットだった。しかし、さすがによしもとばななさんのグッズを並べているところは、サインを求めるお客さんが行列をして待っている。

 その人がよしもとさんか分からないので、はっちゃんに聞いたら、髪の毛の長い人だという。はっちゃんに紹介してもらおうと思ってそばに行ったら、よしもとさんの方が僕のことを知っていて「よくお見かけしますね」と言われ、イラストレーターの大野舞さんを紹介してくれた。

 思想家の吉本隆明さんの次女だそうなのでおかたい、とっつきにくい人だと思っていたら気軽に話せる感じのいい方だった。

 一度家に戻って、僕の著書の「裸の女房」と「編集長秘話」の本にサインをし、カメラを持って出直した。

 はっちゃんにカメラのシャッターを押してもらって、すぐにカメラ屋に行って現像して、また写真をよしもとさんに届けた。なんと3度もお会いしてしまった。なんだか以前から知っていたような親しみさえ感じてしまって。

 よしもとさんは、1964年、東京生まれの46歳とある。僕は78歳、生まれた時から下北沢に住んでいるのだから、南口の商店街には4、5軒しか店がなかった頃から知っている。どれだけこの街が変わっていったことか。

 骨董屋さんだったピュア通りの古い建物の露崎商店がなくなって、7階建てのビルになってしまったことを嘆いているよしもとさん。下北沢はどんな街になっていくのだろうか?

Photo
Photo_2

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »