« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月27日 (土)

山川純一君、本当にありがとう!

 茶沢通りに面したタウンホールの前の「古書ビビビ」に、『やらないか! 薔薇族編集長による極秘的ゲイ文化史論』(彩流社刊、本体1890円)を置いてきた。

 「祖父の血を受け継いで」と書き、サインをして。「古書ビビビ」の店主がネットで見てくれたら、「アマゾン」には既に在庫があり、注文すれば即時に送れるそうだ。

 便利な世の中になったものだ。ネットさまさまというべきか。以前なら書店に取り寄せるように頼んでも、かなりの時間がかかったものだ。それも送料は無料だという。

 いつかテレビで紹介されていたのを見たが、「アマゾン」の広大な倉庫。注文を受けるとすぐさま見つけ出し、注文主に送られるようだ。

 山川純一君の「ウホッ!いい男たち」(復刊ドットコム刊)は、高価な本なのに、まだ「アマゾン」で売れ続けているとは。その山川純一君の劇画から、書名と装画を使ったのだから、山川純一君人気のご利益があって、僕の本も少しは売れてほしいものだ。

 「古書ビビビ」の店主の話でも、不況は深刻で、去年に比べて悪くなり、高価な本の売れ行きが落ちているそうだ。

 古書だけでなく、飲食店も悪いようだ。

 11月27日(土)午後4時からの銀座のキャバレー「白いばら」での「やらないか!の出版を祝う会」の出席者が、去年6月に『裸の女房』の祝う会を同じ場所で開いた時の半分にもならない。

 去年は150名も1万円の会費で集まってくれたのだが。「白いばら」の店長、山崎征一郎さんに、最初に会の相談に行ったおり、「今年は5、60人集まればいいとこですよ」と言われてしまったが、その通りになってしまいそうだ。

 僕は、とにかくパーティ好きで、本を出すたびにホテルでパーティを開いてきた。景気のいい時代には、京王プラザホテルの一番広い部屋で300人を超す友人、知人を集めて開いたものだ。

 会場の入り口には、花かごがずらりと並んだりして。下北沢の喫茶店「イカール館」でもクミコさん、秋元順子さんなどを招いて、何度もパーティを開いた。

 新潟の「ロマンの泉美術館」でのパーティも数えきれないほどだ。パーティの数を記録しておいたなら、ギネスブックに載ったかもしれない。

 なんでそんなにパーティを開くのかというと、人間、死んでしまえば、それで終わりで土に返ってしまうだけだ。葬儀に来てもらっても本人はいないのだから、どうにもならない。

 生きていて元気な時に、しばらく会えなかった友人、知人と出会えるためには、パーティしかないからだ。

 今度の「やらないか!」のパーティでは、僕が開く会は終わりかもしれない。本を出すということが大変な時代になってしまったからだ。今度の本も原稿が出来上がって、本になるまで1年もかかってしまった。

 3社で断られ、やっと彩流社が本にしてくれたわけで感謝の言葉もない。

 本が売れないのだから、文筆で生活している人、全ての本に携わっている人たちが、仕事が少なくなって苦しんでいるに違いない。なんとか景気が良くなってほしいものだ。

bungaku@barazoku.co.jp

Photo


 ★下北沢で「やらないか!」を売ってくれている店は「古書ビビビ」郵便番号155-0031 世田谷区北沢1-40-8 電話03-3467-0085 「ワンラブブックス」郵便番号155-0031 同北沢2-1-3 電話03-8411-8302

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから


◆ご感想・ご相談はこちらへ

おすすめサイト, アニメ・コミック, ウェブログ・ココログ関連, ギャンブル, グルメ・クッキング, ゲーム, スポーツ, ニュース, パソコン・インターネット, ファッション・アクセサリ, ペット, 住まい・インテリア, 学問・資格, 心と体, 恋愛, 携帯・デジカメ, 文化・芸術, 旅行・地域, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ, 書籍・雑誌, 経済・政治・国際, 美容・コスメ, 育児, 芸能・アイドル, 趣味, 音楽 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

さようなら、矢頭保の写真集「OTOKO」

 矢頭 保(やとう たもつ)という男を撮らせればナンバーワンといえる写真家を知っている人は少ないかもしれない。

 初刷は1972年とあるから、今から38年も前のことだから、「OTOKO」という写真集を知らないのは当然のことだろう。

Otoko

 日本で印刷されたものだが、すべて説明は横文字だ。この時代、日本で販売するのは難しかったので、アメリカで販売し、逆輸入して日本でも売られたのだろう。

 定価は20ドルとある。その頃は1ドルが360円という時代だったから、7200円で売られていたのか。

 横文字が全く読めないのは情けないが、略歴のような下にある1929〜1974は、1929年に生まれて1974年に亡くなったということか。

 『薔薇族』が創刊されたのが、1971年だから、その数年後に亡くなっている。だんだんに思い出してきたが、創刊の数年前に出版した「薔薇の告白」の著者、農上輝樹さん(東京の6大学の中の大学図書館の職員)に葬儀に参列してもらったことがあった。

 農上さんの話だと、もっと若い人かと思ったら、意外に年を取っておられたので、驚いたと聞いたことがある。

 僕は何度か新宿の喫茶店で矢頭さんと会っている。農上さんの著書「聖液詩集」の中に8枚ほどの矢頭さんが撮られた男の写真を使わせていただいた。

 「OTOKO」の巻頭には、三島由紀夫さんが雪の上で片膝ついて日本刀を振りかざしている写真が載っている。

 矢頭さんもジムに通って、ボディビルに励んでいたそうだが、そのジムで出会った男たちをモデルにしたのだろう。

 男の匂いぷんぷんの選び抜かれたいい男たいばかりだ。

 この写真集で目につくのは、小道具として使われている日本の骨董品、日本人形、日本刀、タンス、掛け軸、着物、屏風、古時計などが効果を上げている。

 矢頭さんが亡くなってから、矢頭さんと親しかった若者から聞いた話だが、矢頭さんはお金持ちの外国人から援助を受けて生活していたようだ。

 矢頭さんが亡き後、それらの骨董品は全ての持ち去られ、部屋に残っていたのは、普段使っていた食器類だけだったという。

 なんともあわれば話だが、この「OTOKO」の中の写真1枚、1枚にこれらの小道具は見事に生き続けている。小道具に使われた骨董品のすべてが一級品のものだということ、それらをコレクションしていた外国人のセンスもほめられていいのでは。

 もう、このような写真集は二度と見ることができない貴重なものといえる。

 もう1冊は「Naked Festival」(裸まつり」の写真集だ。

Maturi

 日本各地の裸まつりの写真を納めている。裸まつりに集う男たちを生々と撮っていて見事だ。

 この時代だから見れたであろう見事な入れ墨をした男たち、もう、今の時代では拝むことはできないだろう。少年たちのふんどし姿も、もう撮ることはできないから貴重な写真集だ。

 今まで大事に手許においてあったが欲しい人がいたら譲ろうと思う。高く買って頂ければありがたいが。

 三島剛さんの画集「若者」もおつけしよう。メールでご連絡いただければありがたい。

Tuyoshi

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

話ができるということが大切だ。

 今、街の小さな本屋さんは、ほとんど姿を消してしまったが、『薔薇族』が創刊されて間もない昭和50年代の書店と読者との関係は、涙が出るくらいいい関係だった。

 福岡県の雅彦君からの投稿だ。

 「博多市内の大きな書店には、どこでも売っていますが、どこの書店も店員がたくさんいるので、入荷しているかどうかを知らない場合が多い。
 博多駅地下の積文館書店でのこと。『薔薇族ありますか?』と女店員に聞くと、『ねえ、薔薇族どこにあるの?』と店内に響く大きな声で叫んだので、びっくりしながら買った。
 同じく駅前のプラザビル地下の金文堂書店でレジの店長に、『薔薇族着いてますか?』と尋ねたら、着荷ノートをめくっていたが、『まだ着いてません』との答え。横にいた若い店員のひとりが『着いていたようだったなあ』とそっけない。僕はぶらぶらと広い店内を一巡していると、西側の店の入り口に20冊ぐらい積んであった。
 天神街の大型書店の天神る〜ぶるの薔薇族売り場がくるくる変わるのは困る。
 東中州の山田書店は、レジの横に100冊ぐらい高く積んであるので買いよいと思う。買っている人と時々出会うこともしばしばある。
 東中州のバス停前の積文館書店では、レジの横に積んであるが高校生が立っていて、ちらちらと横目の視線を送っているのを良く見かける。彼は薔薇族少年かなと思ったりして、声をかけてみたくなる。
 僕が一番買い良い書店は、福岡駅前の天神ファイブ商店街にある文信堂書店である。発売日の27日頃に書店の近くの赤電話で、『薔薇(薔薇族とあえて言わない)きてますか?』『ハイ、着いていますよ』『そう、すぐ買いにいきますから、袋に入れておいて下さい』と電話を切って店内に入る。『今、電話をかけた者ですが雑誌を下さい』と金を渡す。
 この間、たったの1分間です。この店の特長は主人と奥さん、2人だけの小さな書店ですが、主人がいつもレジのそばにいます。
 僕が毎月買っているので、近頃は親しくなって主人といろいろと話をするのが楽しみです。
 『この雑誌、面白いですよ。あなたも読んでみたら?薔薇族を品切れにしないように、もっと多く仕入れたらいいのに』というと、『それがですねえ、多く仕入れて残本が出ると、次から数量が減るのですよ。あのねえ、別冊も出ていますよ』と教えられて買ったこともある。
 昨今では、僕の声を覚えたらしくて、電話口で『お待ちどうさま、着いていますよ』と明るい声が返ってくるのが楽しい」

 このように各地の買い良い書店の情報を教えてくれたものだ。それにしても九州の書店にもこんなに『薔薇族』が置かれていたとは。

 これらの書店、今でも生き続けているだろうか。ご主人と奥さんだけの小さな書店、こういうお店から姿を消していったのだろう。

 今、生き残っている大型書店、そこの店員と読者との会話はないのでは。スーパーのレジと同じように人と人との交流はない。

 今日も医院にクスリをもらいに行った帰りに、喫茶店の「邪宗門」に立ち寄った。マスターと奥さんと話し込んできたが、500円のコーヒー代は痛いが、話ができるということが、どんなに心の安らぎになることか。

Photo

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

「塀の中の中学校」に感動はしたが...

 僕の祖父、伊藤冨士雄は、救世軍の士官として、娼妓の自由廃業に一身を捧げた闘士であった。その話は何度も書いていたが、祖父は娼妓たちが何にも悪いことをしたわけでないのに、家が貧しいために親に売られてしまった女たちを身体を張って救い出した。

 明治から大正時代、東北の貧しい農家ではお米が不作で穫れなかったりすると、娘を遊郭に売らないわけにはいかなかった。

 娘たちは小学校ですら、ろくに通えなかった無学な女たちだ。遊郭の経営者の言うままに奴隷以下の生活を強いられ働かせられていた。

 祖父はいかに娼妓たちが悲惨な生活をしていたかということを、なんらかの罪を犯して刑務所暮らしをしている懲役人と比較して語っている。

 1.刑務所に入れられている囚人たちは、官費で服を与えられているが、娼妓の着物は下着までも高利の借金をしなかれば着ることができない。

 2.囚人たちは4分6分の食物を1日3度ずつ与えられるが、娼妓は1日2食で、しかも昼夜働かなければならない。

 3.囚人は部屋を与えられるが、娼妓は部屋代をお客が払ってくれなければ、自分の座敷にも入ることができない。

 4.囚人は夜は静かに眠ることができるが、娼妓は夜分安眠の時間なく、祝日でも普段の数倍働かなければならない。

 5.囚人は逃亡しても、囚人服の横領の罪に問われないが、娼妓は廃業して遊郭の外に出る時は、着衣は全て樓主に奪われる。

 6.囚人は精勤次第で刑期の3分の2で仮出獄を許されるが、娼妓にはこの待遇法はなく、働いても、働いても借金が増えるばかりだ。

 7.囚人は所内で働けば、出所するときお金を持って出ることができるが、娼妓にはそんな望みは一切ない。

 こんなひどい状態が昭和33年に売春禁止法が施行されるまで続いていたということを多くの人に知らされていない。


 去る10月11日の夜、9時からTBSテレビで「平成22年度文化庁芸術祭参加 塀の中の中学校」を観た。

 長野県松本市にある日本で唯一の刑務所内の公立中学「旭町中学校桐分校」。生活態度が良好で義務教育を終えていない受刑者が1年間学ぶ。「最後の最後の救済の場所」(教師だった角谷敏夫さん)での教官と生徒の交流を内館牧子の脚本でドラマ化した。

 「犯罪者にここまでやる必要があるんですかね」と副担任役が入学式を前に話すセリフはあるが。

 しかし、2時間半のドラマは、生徒役の渡辺謙、大滝秀治などの名優ばかりで、終盤の万感の卒業式のシーンに至るまで、22歳から76歳の5人の生徒の人生を見続けて思いは変わってくる。

 くだらないテレビ番組ばかりなので、しばらくぶりに感動的なドラマを見ることができた。この中学校の卒業生は、600何十人もいて、ほとんどが出所後、更生して再び犯罪を犯す人は少ないというが。

 今の時代、東大や早大、慶大などの有名大学に入学させるには、小さい時から塾に通わせ、莫大なお金をかけなければ入学させられない。

 頭のいい優秀な学生でも、家が貧しければ大学などには入れさせられない。そんな子供たちにも国は援助の手を差し伸べてほしいものだ。

 内館牧子さん、娼妓の悲惨な生活もドラマ化してはいかがなものか。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

山川純一君に感謝!みんなに助けられて本が出せました!

 かつて10数冊の本を出してきたが、今回の僕の著書『やらないか!「薔薇族」編集長による極秘的ゲイ文化史論』(彩流社刊/本体価格1800円)ほど、原稿を出版社に持ち込んでから、こんなに時間がかかったことはない。

 今の時代、急速に出版事情が悪化したためといえる。本を出すことも大変だけど、書店に並んだとしても、その半分近くが返品されてくるのだからたまったものではない。ネットに押されて本を買わなくなってしまったからだ。

 印刷所の職人さんが、鉛(なまり)を溶かして作った活字を一本一本ひろって組んでいく。これは大変な作業だった。読みにくい字を原稿を見ながら活字を拾う。だから組代というのが一番お金がかかったものだ。それを増刷する時に使うための紙型というものがとってあり、そこに鉛を溶かして流し込み、また印刷することができた。これは実物をお見せしないと理解できないだろう。

 有楽町のかつて朝日新聞社の本社が建っていたところは、西武デパートになっているが、その上の方に朝日新聞社の社員か、OBが使うサロンがある。一般の人が入っても文句は言われないと思うが、そこの壁に昔使用した新聞の紙型がはってあった。

 ブログに使った原稿は、またワープロで打ち直すのかと思ったら、なんとどういう作業をするのかはわからないが、そのまま使えるというのだから驚きだ。

 3社に断られ、やっと彩流社が本にしてくれた。渋谷の東急プラザの5階、紀伊国屋書店の前にある喫茶店「SHALIMAR」で、彩流社の河野君が3日の午後1時、見本を10冊持って届けてくれた。

 今度ほど出来上がった本を手にして嬉しかったことはない。難産の末にやっと生まれた本だからだ。

 装丁も僕のアイデアで作ったものだ。祖父の血を受け継いでというのが、この本のテーマになっているので、表紙には救世軍の軍服を着た祖父の写真を表側に、裏側には僕の写真を入れた。

 僕は本を出すたびに必ず出版記念会を開いてきた。ほとんどがホテルの宴会場でだったが、、今回は昨年の6月、銀座で唯一生き残り、昭和のレトロなムードを持ち続けているキャバレー「白いばら」で祝う会を開き好評だったので、今年も「白いばら」に決めた。

 ただ会費を1万円頂かないと催すことができない。11月27日(土)、午後4時受付、7時終宴で、生バンドの演奏を聴き、豪華なショウも観れ、ホステスさんもそばに座ってサービスしてくれるのだから、決して高くはない。ひとりでキャバレーに入ったら、1万円というわけにはいかない。よし参加してみようという方がいたら、メールで申し込んでほしい。もっと気軽にという会も考えている。11月21日(日)、午後1時から3時まで、下北沢の南口の「ワンラブブックス」で、僕も出席してささやかな祝う会を開く。

 この店のご主人「はっちゃん」は、よしもとばななさんの小説「もしもし下北沢」(毎日新聞社刊/本体価格1500円)の中にも登場しているが、よしもとさんのサイン本も置いてある。

 僕の本はアマゾンとか書店に注文して頂ければ取り寄せてくれる。

 はっちゃんの店は、世田谷区代沢2-1-3、ワンラブブックス。下北沢の南口に出て商店街を歩いてくると、右側に「王将」がある。その前の「膳場八百屋」の横を曲がると、すぐ左側にある。電話は3411-8302、ワンドリンク付きで会費は1000円だ。

Photo

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから

◆ご感想・ご相談はこちらへbungaku@barazoku.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »