« ゲイたちの初体験は? | トップページ | 「死んでたまるか」 団鬼六さんも、僕も同じ歳だ! »

2010年12月26日 (日)

薔薇と『薔薇族』

 「『薔薇』という漢字を書こうとした。『薔薇』という漢字があることは知っている。もちろんよく出てくる字である。しかし、書こうとすると思い出せない。いや、学校でも学んでいないことに気がついた。
 見やすいようで難しい字である。まさに『バラにトゲあり』のことわざどおりだ。『薔薇族』の雑誌の表紙を見て、『薔薇』という字の存在を確認した。そして、薔薇の花の美しい清らかさと茎の黒いトゲを連想した。
 僕が『薔薇族』という雑誌があると知ったのは、日本テレビの11PMを見てからである。確か先月であったと思う。『祭』という男同士の集いの場について紹介していた。
 それが『薔薇族』という雑誌の編集長、伊藤文学さんが直営している店であると、司会の大橋巨泉さんが言った。伊藤文学とは、伊藤整(作家)の文学雑誌か知らないが、変な名前。どうせゲイボーイのママと呼ばれるような女形が出てくるのだろうと思っていたら、なんのことはない、この本に出ているように普通の中年紳士であり、『祭』という店も寿司屋みたいなところだと思った。そのときは軽い気持ちで受け流していた。
 しかし、8月のある日、僕は本屋で、失礼であるがどう見てもブ男のメガネをかけた学生風の男が、キョロキョロしながら、この雑誌を隠すように買っていったのを見た。それが『薔薇族』であった。
 ぱらぱらと頁をめくってみると、男の裸が多く、抜き読みしてみると、人には言えないようなことが赤裸々に書いてあった。僕も趣味悪く1冊買ったのである。
 僕は大学2年、運動サークルで活躍中。僕の友人には、ホモっけない奴からホモっけのなきにしもあらずのタイプまでいろいろで、僕は後者。
 しかし、この本を読みやいなや、まったく圧倒されてしまった。『薔薇通信』を読んでである。僕はホモセクシャルということは、どういう意味か、知らないほどの男である。
 もちろん、ホモとは女形のみだと思っていた。そして、『ホモとゲイとは別』というような記事を何かで読んだが、何となくわかったような気がした。
 ホモに関して、僕は知識がなく、毛嫌いさえしてきた。しかし、多くのホモたちは、毛嫌いされ、誤解され、そういう目をかいくぐって生きているようだ。
 男が男を愛することは悪いことではなく、自然なことなのだ。『薔薇族』は男好きな男が読む自然な本と言えよう。(東京都/K・H)」

 大橋巨泉さんが司会する日本テレビの11PM。今の若い人は知らないだろうが、人気番組だった。何度か出演させてもらったが、確か生番組だった。巨泉さんは出演者と打ち合わせをしない、ぶっつけ本番だ。それは二度話を聞くと、新鮮味がなくなるからだろう。

 もうカラーだったと思うが、照明が明るく大きなカメラが寄ってくると、舞い上がりそうだった。

 この大学生が僕のことを中年紳士と言ってくれているが、当時は髪の毛もふさふさとしていた。大きく引き伸ばした写真を大事にしていたのだが、何度か引っ越ししたので、どこかにしまい忘れてしまった。

 K・H君、『薔薇族』を読んでいるうちに、ホモというものを徐々に理解してくれたようだ。その頃のテレビには、女装しているような人しか出演していなかったから、ホモと呼ばれる人は、そういう人なのだと、みんなが思っていた。

 いつの間にか、僕は老人になってしまい、世の中、変わってしまった...(当時はゲイという呼び名はなかった)

Photo_5

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから


◆ご感想・ご相談はこちらへ

|

« ゲイたちの初体験は? | トップページ | 「死んでたまるか」 団鬼六さんも、僕も同じ歳だ! »

コメント

なるほど。その話は、初めて聞く話ですね。時代と共に変わる物、変わらない物があるようで。

投稿: 九条院伊織 | 2010年12月28日 (火) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/50403528

この記事へのトラックバック一覧です: 薔薇と『薔薇族』:

« ゲイたちの初体験は? | トップページ | 「死んでたまるか」 団鬼六さんも、僕も同じ歳だ! »