« クミコさん、紅白初出場おめでとう! | トップページ | NHK職員が男性の裸像を盗撮! »

2011年1月11日 (火)

SM作家、団鬼六さんとの出会いは34年前のことだった!

 2009年6月に、僕の著書、『裸の女房』(彩流社)を刊行した時の出版を祝う会は、僕の企画で銀座でただの1店、生き残っているキャバレー「白いばら」で催した。

 「白いばら」はホステスさんが胸に出身県の名札を付けている。東京は地方から上京してきている人が多い。お国なまりの方言でホステスさんとおしゃべりしたら心が安らぐのではとお店が考えてのことだ。

P

 お店の外には大きな日本地図が貼ってあって、それぞれの県出身のホステスさんの源氏名が書かれていて指名をすることができる。

 「白いばら」はナマバンドの演奏者がいて、ショウも訓練された女性ばかりの踊り子さんで見事なものだ。

キャバレーというと男性ばかりの遊び場で女性だけでは入りにくいところだ。今の時代、好奇心旺盛で積極的な女性に受け入れなければ何事も成功しない。そこに僕は目を付けたのだ。

 「白いばら」の山崎店長に交渉したら、夕方4時半に開会してスピーチなどが終わって営業時間に入り、ホステスさんも出勤してきて席に座ってくれ、ショウも楽しめる。

 1万円の会費も「白いばら」のサービス値段で安いものだ。見事に僕が考えた通り参会者の半分が女性だった。僕の知人が女性の友人を何人も誘って参加してくれた。

 昨年の出版記念会には、なんと150名もの友人、知人が集まってくれたが、今年は不況続きで参加者が少ないのではと心配したが、それでも80名も参加してくれた。

 このくらいの人数の方が、おひとり、おひとりに声をかけられて、心あたたまるかいになった。昨年に引き続き、僕と同じ年のSM作家の団鬼六さんが奥様と一緒に出席してくれて、スピーチをしてくれた。

P_2
P_3

 団さんとの出会いは、今から34年前、僕が44歳、『薔薇族』を創刊して、5、6年が経ち、一番張り切っていた頃で新宿に「伊藤文学の談話室・祭」をオープンさせた。

 僕は決断が早い。何かをやろうと思えばすぐに実行してしまう。その「祭」の時代のことは、才人、竜超君が編集した復刊号、NO.396『薔薇族』の「特集・昭和51年 さあ、祭のはじまりだ。」を読むと、その頃の熱気が見事に伝わってくる。(この号は残部があります)

 「祭」での夏季教室というのを僕が企画したが、8月中の毎日曜日、講師を招いて話を聞くというものだ。

 その講師陣がすごいメンバーだ。今ならこんなこと実現できるわけがない。

 「日本人と裸祭(裸祭の8ミリ映画を映写)」、これは親友だった、今は亡き国学院大学教授の阿部正路君だ。

 2週目は「同性愛と文学」で、詩人・高橋睦郎さん、3週目はなんと美輪明宏さんの「『紫の履歴書』を語る」。こんな身近で美輪さんの話を聞けたなんて夢のようだ。

 4週目は画家であり、エッセイストの富田英三さん、「ゲイ」という本を出して話題の人、「ホモ風俗の今昔」。

 5週目が「責めーその方法と実際」と題して、団鬼六さんの登場だ。目の前での縛りの実演ということで大入り満員だった。

 なんでテープで録音しておかなかったのかと悔やまれる。美輪さんの講演なんて実現できるわけがないのだから。

 団さんとは、この時が最初の出会いだった。団さん、「白いばら」が気に入られて、自伝エッセイ集「死んでたまるか」(講談社刊、本体1500円)の出版記念と忘年会を兼ねて、「白いばら」で昨年12月28日にパーティを開いた。

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから


◆ご感想・ご相談はこちらへ

|

« クミコさん、紅白初出場おめでとう! | トップページ | NHK職員が男性の裸像を盗撮! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/50559787

この記事へのトラックバック一覧です: SM作家、団鬼六さんとの出会いは34年前のことだった!:

« クミコさん、紅白初出場おめでとう! | トップページ | NHK職員が男性の裸像を盗撮! »