« 中国、上海から茉莉さんがファンが!ーー純喫茶「邪宗門」、いつまでも続いてほしいお店だ!ーー | トップページ | 「ヴァニラ画廊」ですごい催しが... »

2011年2月17日 (木)

女の勘は鋭いから夫の性癖を知っていたのでは!?

 『薔薇族』の読者と女性との結婚の問題、これは僕が長いこと考え続けてきたことだ。

 先日、テレビをたまたま見ていたら、離婚の問題が話題になっていて、3月が一番離婚する人が多いそうだ。それは子供がいる人にとっては、新学期を迎える前にと思うからだ。

 離婚の原因で一番多いのは、「性格が合わない」からということだそうだ。相手の男性が同性愛者だということが女性にバレてということもかなりあるかもしれない。

 山形県の28歳の男性の話の続きだ。

 「新婚生活ーー私たちは激しく愛し、激しく燃えた。そして、すぐに長男が生まれた。
 『はい、元気な男の子ですよ』と言って、渡された初めての我が子を抱いたとき、私の目から涙がとめども流れてきて、どうしようもなかった。ありがとう、妻よ、ありがとう、我が子よ。
 私をお前たちが救ってくれたのだ。ありがとう、ありがとう、と何度もつぶやいていた。今、私は妻にとって信頼すべき夫であり、子供にとってはかけがいのない父親である。
 また、反対に、今の私から妻と子供をとりあげてしまったら、いったい何が残るだろうか。だから、私は妻と子供のために、そして、それは同時に私自身のために、私の心の中で、時折鎌首をもたげてくる、いまわしい欲望と戦う。
 妻がとなりに住んでいる若夫婦を見てこう言った。『おとなりの夫婦、ものすごいかんかしてたわよ。皿を投げるわ、なぐるわで...。だけど、あんな夫婦がかえって、一番仲がいいのかもしれないわね』
 考えてみると、私たち夫婦は結婚してからこのかた、一度もけんからしい、けんかをしたことがなかった。私たちは誰が見ても、実に仲が良い夫婦であった。
 妻がわがままを言い出しても、私は自分の感情をぶちまけて言い返すことはなかった。
 私は自分の感情を押し殺すことには慣れていたからである。しかし、私の心の中にある何かを妻が敏感に感じとって、「私たち夫婦より、派手にけんかをする隣の夫婦の方が、実は仲が良いのではないか」と疑念を抱いたのだろう。

 ーー妻よ、お願いだから、そんなことを言って私を困らせないでおくれ。私は必死にお前を愛しているんだ。お前はただ何も考えずに素直に私の愛情を受け止めてほしい。

 妻はけげんそうに私に言う。

 「あなたってやさしいのね。ねえ、どうしてそんなにやさしいの?」

 「....」(それは...)

 やっぱりそれだけは本当のことをいうわけにはいかない。しかし、私が老いて死んでいく時には、私は妻にすべてを打ち明けようと思う。

 「妻よ、今まで隠していて許しておくれ。私はお前の夫である資格のない男だ。こんな私に今まで付き合ってくれてありがとう。でも、私は頑張ったんだよ。自分の中にあるものを抑えて、お前にすべてをかけてきたんだ。だからどうか許しておくれ」

 妻は許してくれるだろうか。いや、そのとき妻に許してもらうためにこそ、私は今を生きる。

 今、元気なら60歳、子供も成人しているだろう。その後の彼の人生がどうなったのかは誰も知るよしもない。

 ★悩んでいることがあったら、いつでも電話をかけて下さい。

Photo

★『薔薇族』の注文の方法は、郵便局で千円の定額小為替を作ってもらってお送りください。155-0032 東京都世田谷区代沢2-28-4-206 伊藤文学

399

★新しく『薔薇族』を置いてくれる古本店・「ビビビ」が下北沢にあります。〒155-0031 東京都世田谷区北沢1-45-15 スズナリ横丁1F・北沢タウンホールの筋向いです。読者好みの古書が沢山置いてあります。電話03-3467-0085です。

◆永遠のベストセラー「愛の潤滑液 ラブオイル」一度お試しあれ。

Nurnuru2 Nurnuru3

 

◆お求めはこちらから


◆ご感想・ご相談はこちらへ

|

« 中国、上海から茉莉さんがファンが!ーー純喫茶「邪宗門」、いつまでも続いてほしいお店だ!ーー | トップページ | 「ヴァニラ画廊」ですごい催しが... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101967/50896554

この記事へのトラックバック一覧です: 女の勘は鋭いから夫の性癖を知っていたのでは!?:

« 中国、上海から茉莉さんがファンが!ーー純喫茶「邪宗門」、いつまでも続いてほしいお店だ!ーー | トップページ | 「ヴァニラ画廊」ですごい催しが... »